MENU SEARCH

「ゆったりと、たおやかに」大江戸温泉物語の新たな温泉リゾート施設『TAOYA志摩』

泊まる

三重県・鳥羽市
2019.04.26

「ゆったりと、たおやかに」大江戸温泉物語の新たな温泉リゾート施設『TAOYA志摩』

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

大江戸温泉物語ホテルズ&リゾーツが新たに手がけた温泉リゾート施設『TAOYA志摩』が2019年4月19日にグランドオープンしました。海と一体となったお風呂をはじめ、レストランやロビーラウンジの窓からは雄大な景色、全客室オーシャンビューといった、日常の喧騒を忘れさせてくれる温泉リゾートです。

今回ライフデザインズではオープン前に内覧会へ行ってきましたので、TAOYA志摩の魅力たっぷりとお伝えしていきます。

内覧会では、支配人より施設の概要について説明をしていただきました。今回オープンした「TAOYA志摩」は大江戸温泉物語ホテルズ&リゾーツが初の”温泉リゾート”と位置づけており、従来の大江戸温泉物語よりも、ワンランク上のプレミアム感のあるサービスを提供します。

もともとは『タラサ志摩ホテル&リゾート』と営業していた同施設を大江戸温泉が新たに権利を取得し、リニュアールオープン。「ゆったりと、たおやかに」をコンセプトとしており、うねりや波動を意味する「Undulation」をテーマに、にぎやかなイメージのある大江戸温泉物語から、静かにゆったりと都会の喧騒を忘れて過ごしていただける場所を目指しています。

TAOYA志摩5つの特徴

①昼夜楽しめるインフィニティ温泉

TAOYA志摩のメインとなる大浴場は、海と一体になったように感じる「インフィニティ風呂」です。青空や星空など、昼夜で変化するさまざまな景観を楽しんでいただくことができます。

温泉に使用しているのは、三重県津市に湧く「新美里温泉長寿の湯」の運び湯。無色透明のアルカリ泉質の温泉は、滑らかな肌触りのやさしい温泉水で、美人の湯として人気の高いものです。

お子様と一緒に温泉を楽しんでいただけるように、ベビーバスや子ども用のグ椅子も完備。小さいお子様連れでも安心して温泉が楽しめます。

女性にうれしいポイントが、種類の違う3種類のアメニティ。オーガニックシャンプーや伊勢志摩が誇る真珠のMIKIMOTOのシャンプーがありましたよ。

他にもお風呂をでた後に使用できる基礎化粧品が「雪肌精」であったり、「ダイソン」や「Monster」のドライアーが完備しているなど、女性たちに至れり尽くせりでした。

これだけそろっていれば、身一つで旅行ができてしまいますよね。

ジャグジーは足湯になっているので、星空や海を眺めながらつかれます。

館内では、いたるところにファイヤープレイス(暖炉)も設置されています。火を囲みながら、語り合うのもいいのではないでしょうか。

②インクルーシブメニューも充実

 

滞在中に館内の飲食が無料で楽しめる、インクルーシブメニューも充実しています。到着時のウェルカムドリンクからはじまり、海を望む湯上り処では、湯上りには生ビールやビネガードリンク、アイスキャンディーなどを自由に楽しめます。

さらに!お風呂に入ったあとって、夜食が食べたくなったりしませんか?そんな方のために、21時~23時は夜食のサービスも無料提供でいただくことができるんです。

こだわりのカレーうどんは、サイズ感もちょうどよく、とても美味しかったですよ。今後は、他の種類も考えているのだとか。

 

無料で提供していだけるのは、それだけで終わりません。疲れをほぐしてくれるマッサージチェアやダーツ、卓球の利用も無料でたのしんでいただけます。

 

バラエティー豊かな館内着が選べるのも、うれしいポイントです。大江戸温泉物語でもともと人気だった浴衣に加え、男女・親子で楽しめる幅広いデザインが用意されています。

NEXT
三重県大台町の樹木から抽出した、天然成分100%のアロマ「Odai」
三重県大台町の樹木から抽出した、天然成分100%のアロマ「Odai」

ライフスタイル

PREVIOUS
日常がほんの少し豊かになるコーヒー。奈良から「幸せの粒」をご家庭まで。『奈良藤枝珈琲焙煎所』
日常がほんの少し豊かになるコーヒー。奈良から「幸せの粒」をご家庭まで。『奈良藤枝珈琲焙煎所』

グルメ

奈良県

【大江戸温泉物語 TAOYA志摩】
住所  :三重県鳥羽市浦村町白浜1826-1
総客室数:123室
定員数 :473人
宿泊料金:4名1室 9,980円/名~
電話番号:0570-031268
https://www.ooedoonsen.jp/taoya-shima/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
ワンダーホーム

特集一覧へ

クラブナージ