「ゆったりと、たおやかに」大江戸温泉物語の新たな温泉リゾート施設『TAOYA志摩』

2019.4.27

大江戸温泉物語ホテルズ&リゾーツが新たに手がけた温泉リゾート施設『TAOYA志摩』が2019年4月19日にグランドオープンしました。海と一体となったお風呂をはじめ、レストランやロビーラウンジの窓からは雄大な景色、全客室オーシャンビューといった、日常の喧騒を忘れさせてくれる温泉リゾートです。


今回ライフデザインズではオープン前に内覧会へ行ってきましたので、TAOYA志摩の魅力たっぷりとお伝えしていきます。

 


内覧会では、支配人より施設の概要について説明をしていただきました。今回オープンした「TAOYA志摩」は大江戸温泉物語ホテルズ&リゾーツが初の”温泉リゾート”と位置づけており、従来の大江戸温泉物語よりも、ワンランク上のプレミアム感のあるサービスを提供します。

 

 

もともとは『タラサ志摩ホテル&リゾート』と営業していた同施設を大江戸温泉が新たに権利を取得し、リニュアールオープン。「ゆったりと、たおやかに」をコンセプトとしており、うねりや波動を意味する「Undulation」をテーマに、にぎやかなイメージのある大江戸温泉物語から、静かにゆったりと都会の喧騒を忘れて過ごしていただける場所を目指しています。

 

TAOYA志摩5つの特徴

 

 

①昼夜楽しめるインフィニティ温泉


 

 

TAOYA志摩のメインとなる大浴場は、海と一体になったように感じる「インフィニティ風呂」です。青空や星空など、昼夜で変化するさまざまな景観を楽しんでいただくことができます。

 

 

温泉に使用しているのは、三重県津市に湧く「新美里温泉長寿の湯」の運び湯。無色透明のアルカリ泉質の温泉は、滑らかな肌触りのやさしい温泉水で、美人の湯として人気の高いものです。


 

お子様と一緒に温泉を楽しんでいただけるように、ベビーバスや子ども用のグ椅子も完備。小さいお子様連れでも安心して温泉が楽しめます。

 

 

女性にうれしいポイントが、種類の違う3種類のアメニティ。オーガニックシャンプーや伊勢志摩が誇る真珠のMIKIMOTOのシャンプーがありましたよ。


 

 

他にもお風呂をでた後に使用できる基礎化粧品が「雪肌精」であったり、「ダイソン」や「Monster」のドライアーが完備しているなど、女性たちに至れり尽くせりでした。

 

これだけそろっていれば、身一つで旅行ができてしまいますよね。

 

 

 

ジャグジーは足湯になっているので、星空や海を眺めながらつかれます。


 

館内では、いたるところにファイヤープレイス(暖炉)も設置されています。火を囲みながら、語り合うのもいいのではないでしょうか。

 

 

②インクルーシブメニューも充実

 

 

 

 

 

滞在中に館内の飲食が無料で楽しめる、インクルーシブメニューも充実しています。到着時のウェルカムドリンクからはじまり、海を望む湯上り処では、湯上りには生ビールやビネガードリンク、アイスキャンディーなどを自由に楽しめます。


 

さらに!お風呂に入ったあとって、夜食が食べたくなったりしませんか?そんな方のために、21時~23時は夜食のサービスも無料提供でいただくことができるんです。

 

こだわりのカレーうどんは、サイズ感もちょうどよく、とても美味しかったですよ。今後は、他の種類も考えているのだとか。

 

 

無料で提供していだけるのは、それだけで終わりません。疲れをほぐしてくれるマッサージチェアやダーツ、卓球の利用も無料でたのしんでいただけます。

 

 

 

 

バラエティー豊かな館内着が選べるのも、うれしいポイントです。大江戸温泉物語でもともと人気だった浴衣に加え、男女・親子で楽しめる幅広いデザインが用意されています。

 

③全室オーシャンビュー&バルコニー付の客室

 

 

 

TAOYAのすばらしいところはなんといっても、絶景なロケーションではないでしょうか。全客室がオーシャンビューとなっており、各部屋にはウォーターサーバーと加湿機能付き空気清浄機も備えています。

 

それでは、中でもおすすめの部屋を3つご紹介いたします。

 

最上階コーナーデラックス

 

 

 


こちらのお部屋は、最上階にあるコーナーデラックスルームです。旧ホテルでは1泊15万円程度で販売している日もあったと言われているスペシャルなこのお部屋。TAOYA志摩では、利用人数に応じて平日は2パターン、休日などの特定日は4パターンの計6パターンの料金設定で利用することができてしまいます。1泊2食付き9,980円〜(標準客室4名1室、入湯税別)。

 

だんらん

 


TAOYA志摩で唯一の和室。こちらのお部屋は3世代でご利用いただける広々とした畳のお部屋が特徴です。大人2人とお子さまも一緒に寝られるデイベットも新たに設置しています。

 

家族やご友人と、特別なひとときを過ごしていただけます。

 

 

洗面ルームはお子さまと一緒に使っていただるように、子供用サイズの洗面台も設置しています。これならご家族が仲良く一緒に歯を磨いたり、顔を洗ったりしていただけますよね。

 

 

KATARAI

 


女子旅におすすめなお部屋がこちらの「KATARAI」。「みんなで語り合える部屋」をテーマにしたTAOYA唯一のコンセプトルームです。

 

コーナーから広がるように設置した2段ベットが特徴です。お子さまでも安全に利用していただけるよう、階段で上がるタイプの2段ベットになっています。

 

 

④三重県の特産物を用いたグルメバイキング

 

 

 


温泉に絶対に欠かせないものといえば、食事ですよね。TAOYA志摩では、朝・夕とビュッフェ形式でたのしんでいただけます。ライブキッチンや三重県の特産物を用いた料理など、五感で楽しめる豪華なバイキングレストランです。


 

 

ライブキッチンからはシェフが目の前で調理した出来立てのメニューがその場でいただけます。ローストビーフはとっても柔らかくてジューシーでした。

 

 

 

 


手ごね寿司や伊勢うどん、しらすのピザなど三重県の特産品にちなんだメニューをいただけるのもうれしいですよね。

 

デザートにはハーゲンダッツもありました。


 

オーシャンビューのお席もあるので、青い海を眺めながらいただくお食事は、ぜいたくな時間となるはずです。海の幸を使った料理が豊富なところも、伊勢志摩ならではのメニューです。

 


朝食には、お好きな海鮮をのせて食べる「海鮮のっけ丼」がいただけます。朝・夕通して、お客さまへの遊び心とおもてなしを感じさせてくれるサービス精神の豊富さも大江戸温泉物語だからこその魅力ではないでしょうか。

 

⑤草間彌生をはじめとする現代アートの展示


他の施設では、なかなかみることができないアート展示が見られのも、TAOYA志摩の大きな特徴です。

 

なかでも、草間彌生さんの「南瓜」は、日本国内でも見られる場所が限られている、大変貴重なアート作品の一つです。

 

Niki de Saint Phalle「Anubis」


全館を通して、TAOYA志摩はかゆいところに手がとどく、ぜいたくなサービスの連続でした。まさに、ご家族やお友だちと日常を忘れて、「ゆったりと、たおやかに」過ごしていただける温泉リゾートです。

 

このすばらしさは、ぜひ実際に行って体験していただければと思います。


【大江戸温泉物語 TAOYA志摩】
住所  :三重県鳥羽市浦村町白浜1826-1 総客室数・定員数 :123室/473人
宿泊料金:4名1室 9,980円/名~
電話番号:0570-031268
https://www.ooedoonsen.jp/taoya-shima/