「喫茶とちょうど品 エントワ」暮らしにちょうど良い日用品と本に囲まれ、スイーツと珈琲で至福のひととき。

雑貨
大垣市
2020.10.29
「喫茶とちょうど品 エントワ」暮らしにちょうど良い日用品と本に囲まれ、スイーツと珈琲で至福のひととき。

古き良き建物と喫茶が融合した憩いの空間、窓に映るのは美しき庭園。

今回は、岐阜県大垣市にある明治から建つ土蔵のお店、「喫茶とちょうど品 エントワ」さんへお邪魔してきました。

喫茶とちょうど品 エントワ

喫茶とちょうど品 エントワ

築120年以上の土蔵を改装し喫茶と本・日用品・食品などが取り揃う、店主さんのこだわりがつまったお店。もとは店主である和田さんのご実家が所有されていた蔵を今後も残していきたいというお父様の想いから、息子である和田さんが後を引き継いだそう。2017年に喫茶とちょうど品 エントワとして新たに開業され、和田さんと奥様のご夫婦2人で経営されています。

日常の生活に、「ほっ」と落ち着く時間を。

「エントワ」の名前の由来は、「縁」と「和」。

本だったりものだったり……自分の生活していく中でなにかピンとくるような出会いを通して「ほっ」と一息、和むことのできるような時間を感じてもらいたい、というのがお店のコンセプト。

店内は和田さんご夫婦のこだわりが感じられる、あたたかく穏やかな雰囲気です。

喫茶とちょうど品 エントワ

喫茶とちょうど品 エントワ

喫茶店で提供しているお菓子は、定番メニューのプリンとそのときどきで変わる手作りスイーツ。季節にあわせたフルーツなどを使用し手づくりされております。

今回は定番である、エントワのプリンを頂きました。

エントワのプリン

エントワのプリン ¥480

ほどよく固めで濃厚な味わい深いプリン。たっぷりかかった香ばしいカラメルに添えられている生クリームは甘すぎず、やさしい後味が口の中にいつまでも残ります。一口食べるだけついつい笑みがこぼれてしまう、心まで幸せになれるプリンです。

コーヒー豆

エントワで使用している珈琲豆は、岐阜県関市にある「カフェ・アダチ」さんに焙煎をお願いしておりブレンドはエントワオリジナル。他のお店では味わうことのできない特別なコーヒーをいただくことができます。

もともとコーヒーが飲めなかった店主の和田さんがカフェ・アダチのコーヒーを飲んだとき、すっと飲むことができはじめておいしさに気づけたのだそう。それからコーヒーに興味を持ちはじめ、淹れ方などたくさん勉強されたそうです。

コーヒー豆の量り売り

コーヒー豆の量り売り

珈琲豆は量り売りもしています。

驚いたのは、g単位ではなく〜杯分で購入ができるところです。まずは少しだけ試してみたいという方や一人で飲むには量が多すぎるという方にとって、とても魅力的。次はどの豆を自宅で楽しもうかなと、また通うきっかけにもなりますね。

深煎りブレンド

深煎りブレンドを6杯分で購入させていただきました。

しっかりとした深みがあって香りがたつ、おいしいコーヒーです。おうち時間にもぜひエントワブレンドで安らぎの時間を演出してみてください。

森の中で本と珈琲を堪能できる、静寂な空間。
「本と旅する森の本屋」

本と旅する森の本屋

喫茶店の2階にあがると、まるで森の中の喫茶店にいるような気持ちになれる本屋さんがあります。店主の和田さんが今まで読んだ中でよかったもの、これから読みたい本をメインにさまざまなジャンルを取り揃えており、約2,000冊もの本が並んでおります。

本と旅する森の本屋

本と旅する森の本屋

本に囲まれた中に用意されているのは、ゆったりとくつろげるソファー席とカウンター席。

ここでは私語厳禁の静寂な空間が広がっております。心地の良い静けさの中で本とひたすら向き合いながらゆっくりときが流る、一人だけの特別な時間を過ごすことができます。

こちらの座席は1時間¥300(1オーダーにつき1時間分無料)でWEBサイトより予約が可能です。

一用途、一品。
一つ一つに愛を感じる、ちょうど品。

喫茶とちょうど品 エントワ

エントワで取り扱う日用品や食品のすべては、和田さんご夫婦が普段からあえて選んで使っているものたちばかり。例えば「たわしだったらこれ」「洗剤ならこれ」といったように自分たちの生活の中で用途ごとにひとつだけ特別に良いと思ったものを選ぶようにしているそう。

安くてすぐ消耗してしまうものがあふれている今の世の中で、エントワでは長く使える良質なものを一つひとつ作り手の愛を感じながら大切に扱う、そんな心が揺さぶられる商品がたくさん揃っております。

亀の子束子

例えば、たわしならこちらの亀の子束子がおすすめ!適度な硬さで食材の薄皮をはぐことも可能な万能品です。

このように店内にはこだわり抜いたたくさんの「ちょうど品」が並んでおります。

喫茶とちょうど品 エントワ

喫茶とちょうど品 エントワ

日用品だけでなく、食品の取り扱いも。

それぞれの商品に手書きでおすすめポイントが書かれており、和田さんご夫婦のこだわりを強く感じられます。見ているだけでも楽しい店内。なんだかワクワクしながらお買い物ができる空間ですよね。エントワを通して自分だけの「ちょうど品」に出会える、素敵な縁の詰まったお店です。

古き良き、情緒あふれる美しい庭園

エントワには和を感じられる素敵な庭園があるのも、欠かせないポイントです。

庭園

お店のすぐ外にはエントワの庭があり、ここにある井戸から汲み上げた湧き水をお店でも使用しています。はじめに提供するお水ももちろん天然の井戸水。お水からもこだわりを感じられますね。

そしてこの先を進み、お店の裏へ向かうとそこにはさざれ石と杉苔のお庭が広がっております。

庭園

古き良き庭園。都会の喧騒から離れ、心をリフレッシュさせるにはとっておきの場所です。お店の窓からもお庭の様子をみることができます。

緑あふれる庭園を見ながらいただくコーヒーはより一層深みが増しおいしく感じます。

喫茶エントワ

エントワはSNSも充実しており、TwitterやInstagram、YouTubeなどにはお店の情報以外にもさまざまな暮らしに役立つもの・ことを発信しています。日用品などのオンライン販売も行っているので、ぜひWEBサイトをチェックしてみてくださいね!

喫茶とちょうど品 エントワは、「ほっ」と心落ち着くひとときを過ごせる素敵な空間です。足を運べば、小さな幸せがたくさん散りばめられている、そんなお店だと思います。あなただけの「ちょうど品」を見つけに訪れてみてはいかがでしょうか。

スポット詳細

【喫茶とちょうど品 エントワ】
住 所  :〒503-0017 岐阜県大垣市中川町2-1088
営業時間 :9:00〜17:00
定休日  :月曜・日曜

https://kissa-entowa.com/

 

▼Instagram
https://www.instagram.com/kissa_entowa/
▼twitter
https://twitter.com/kissa_entowa
▼YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCMTsyM4KvyniVzeTvlHatMg/featured

名古屋生まれ、名古屋育ち。大学ではメディアプロデュースを専攻しデザインや広告について学びました。グルメやアート、ファッションに敏感で、趣味はイラストを描くこと・花束を作ること・映画を見ること。喫茶店やカフェめぐりが好きで、毎日1杯以上コーヒーを飲むのが日課です。グルメを中心に隠れた東海地方の魅力を発信していきます。

おすすめスポット