MENU SEARCH

ほぼ日主催の第4回『生活のたのしみ展』へ行ってきました!世界SIDE編

ライフスタイル

東京都
2019.05.28

ほぼ日主催の第4回『生活のたのしみ展』へ行ってきました!世界SIDE編

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

去る、2019年4月19日〜21日に、ほぼ日主催の第4回「生活のたのしみ展」が開催されました。今回舞台となったのは、東京駅丸の内方面の「丸ビル」「丸の内仲通り」「東京ビルTOKIA」3つの会場。衣食住と、「生活にまつわるたのしみ」を一挙にあつめた、まさにお買い物のできる展覧会です。

筆者も毎回とても楽しみにしているイベントでもあります。ここでしか出会うことのないアイテムがそろっていますので、わざわざ東海エリアからでも行く価値のあるイベントですよ。

今回は、会場の様子とライフデザインズ編集部が気になったものをピックアップしてご紹介していきます。

東京SIDE編へはこちらから>>

生活のたのしみ展とは?

生活の楽しみ展

「生活のたのしみ展」は、糸井重里氏が主宰する「ほぼ日」主催のイベントです。”ここにしかない、とくべつな商店街”をコンセプトに、「ひと、もの、こと」に出会えるとっておきの3日間です。

会場には、さまざまなアーティスト・目利き・ブランド・ショップ・企業などと「ほぼ日」が同展のためにあつめたもの、つくったものが並びます。2017年3月に、20店舗ほどが並ぶイベントからスタートしたのを皮切りに、店舗数や会期は開催を重ねるごとに拡大。2018年には大阪でも開催されました。「期間限定の商店街」から「街のフェス」へとめざす場のイメージを広げつつあります。もちろんお買いものだけでなく、ワークショップやアトラクション、ミニライブなど豊富なコンテンツで来場者を楽しませてくれます。

MHL

今回のテーマは「東京と世界」。

「丸ビル」「丸の内仲通り」「東京ビルTOKIA」3つの会場を舞台に世界各地から集まったさまざまなお店が出店。今回出店する数は60店舗、そのうち32店舗が初出店です。

それでは、さっそく行ってみましょう!

生活の楽しみ展

まずは、世界SIDEからスタートです。こちらは、同展のトレードマークでもある、お買いものバッグ。旅する回廊・アースボールカフェ・星のガレリアでは集合レジ方式なので、このバッグを片手に買い回りをします。

NEXT
【スウェーデンの暮らし】見ごろは4月下旬!大盛況のうちに幕を閉じたkungsträdgårdenのお花見
【スウェーデンの暮らし】見ごろは4月下旬!大盛況のうちに幕を閉じたkungsträdgårdenのお花見

海外

スウェーデン
PREVIOUS
梅雨はあじさいを愛でて、のりこえよう!東海エリアのあじさいスポット5選
梅雨はあじさいを愛でて、のりこえよう!東海エリアのあじさいスポット5選

おでかけ

【生活のたのしみ展】
https://seikatsunotanoshimi.1101.com/2019_spring/

 

▼東京SIDE編の記事はこちら
https://life-designs.jp/webmagazine/hobonichi_tokyo/

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
ととbaby

特集一覧へ

アルボ