MENU SEARCH

名古屋・円頓寺商店街にあるボルダリングハウス「KNOT (ノット)」に行ってきました!

ライフスタイル

名古屋市・円頓寺
2019.03.20

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

実際にボルダリングに挑戦!

「ボルダリングの楽しさをできるだけリアルにお届けしよう!」ということで、今回は実際にスタッフが挑戦させていただきました。週に1回はボルダリングに行くという経験者・玉木(左)と、初めてボルタリングに挑戦する初心者・祝迫がリポートします。

プラン一覧

KNOTのプランはこちら。大人の初回料金は3,500円(時間制限なし|レンタル込み)。仕事帰りでも立ち寄りやすい「ナイトプラン」や「フリーパス」などもありますよ。

更衣室

2階には、男女別の更衣室があります。服装は、Tシャツ、ズボンなど(季節にあったもの)動きやすいものを選びましょう。スカートや裾がヒラヒラした服装はNG。

隣接するゲストハウス「なごのや」のシャワーを使うことも可能。(1回300円)

ストレッチ

はじめての場合は、スタッフさんがルールや登り方をレクチャーしてくれます。ストレッチからスタートです!

ストレッチ

ストレッチ

腕や脚など全身をゆっくりと伸ばしていきます。屈伸は腰に手を添えるというコツひとつで、ぐい〜〜っと伸びます。ストレッチまでていねいにレクチャーしてもらえるのは、初心者には安心ですよね。

シューズのフィッティング

シューズのフィッティング

ストレッチが完了したら、シューズのフィッティング。安全のためクライミングシューズを履いて登ります。今回は、レンタルシューズをお借りしました。(初回料金はレンタル料が含まれています)

レクチャー

続いては、「クライミングウォールには背を向けない」「登っているときは、2メートル以上の感覚をあける」など、安全にボルダリングを楽しむための注意事項を教えていただきました。

登り方のレクチャー

クライミングウォール

いよいよボルダリングの登り方のレクチャー。クライミングウォールには、数字やひらがなの指示が貼ってあります。初めての方は、数字の1〜順番に練習していきます。壁についている無数のホールドは、3ヵ月に1度部分入れ替えされるそう。常連さんも新鮮な気持ちで楽しめますね!

ボルダリング

コツは腕を伸ばして、足にしっかりと体重をのせること。腕を伸ばさないと常に懸垂をしている状態となり、腕に負担がかかってしまいます。

ボルダリング

慎重に登っていく初心者・祝迫。ボルダリングは、勢いや体力任せの人よりも、「どう登ろうかな〜」とじっくり慎重に登る人の方が向いているのだそう。

ボルダリング

ボルダリング

その頃、経験者・玉木は持ち前の手足の長さを生かして、すいすい〜と登っていました。ボルダリングはただ高く登るだけでなく、「どうきれいに登ろうか」という楽しみ方もあります。

ボルダリング

ボルダリング

「あっ!と驚く登り方をみたい」という筆者の無茶なお願いに、こんな技も見せてくれました。さすが、経験者ですね。

ボルダリング

そして、ボルダリングの魅力は、個人競技でありながら競技者同士のコミュニケーションも盛んなところ。「左足は、そっちの方が登りやすいよ」「右手を伸ばしてみたら?」と、お客さん同士で声を掛け合っている様子が印象的でした。もしわからないことがあったら、スタッフさんや周りの人に積極的に話しかけてみてくださいね。そうすることが、ボルダリングを長く続けるコツだそう!

NEXT
毎日の暮らしに寄り添うフラワーショップ「arbo hana.midori.kurashi(アルボ)」
毎日の暮らしに寄り添うフラワーショップ「arbo hana.midori.kurashi(アルボ)」

インテリア

愛知県・春日井市
PREVIOUS
古い町並みだけじゃない!飛騨高山、五感で感じるアートな旅を。「飛騨高山美術館」
古い町並みだけじゃない!飛騨高山、五感で感じるアートな旅を。「飛騨高山美術館」

アート

岐阜県・高山市

【Bouldering House KNOT(ボルダリングハウス ノット)】
住所   :愛知県名古屋市西区那古野1-35-13
電話番号 :052-756-2728
営業時間 :14:00〜24:00(平日)、12:00〜22:00(土日祝)
定休日  :月曜日
     ※ 祝日は営業します。
      ※ 夏季、年末年始等、臨時休業日があります。

https://www.bouldering-knot.com/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
ALESCO

特集一覧へ

ile