【移転】日常にすっと溶け込むものを。岡崎市にあるセレクトショップ「MATOYA」

暮らし
愛知
2019.11.11

インクの可能性を広げる
「The Toronto Ink Company(トロントインクカンパニー)」

INK TEST

INK TEST

THE TORONTO INK COMPANY ¥2,420(税込)〜

THE TORONTO INK COMPANY ¥2,420(税込)〜

THE TORONTO INK COMPANY ¥2,420(税込)〜

店内に入って一際目を引いたのが、「The Toronto Ink Company(トロントインクカンパニー)」の「THE INK TEST」。2014年にJason Loganによって設立されたトロントのインクブランドでトロントで手に入るあらゆる資源を利用してインクを手づくりをされています。インクはニューヨーク・ロサンゼルス・パリ・ベルリン・日本などのアーティストにも使用されているのだとか。

的山さん:「「THE INK TEST」では、オリジナルインクとさまざまな物質や液体を混ぜることで起こる化学変化を比較しているんです。一つとして同じものがなく、まるでアート作品のようなうつくしさがあります。店頭ではインクのみの購入もできますし、THE INK TESTを額に入れて飾ってもすてきだと思います。」

トロントで活動する日本人陶芸家「Akai Ceramic Studio」

Medium Vase (ミディアム花器)¥ 3,780税込

Medium Vase (ミディアム花器)¥ 3,780税込

こちらは、トロントで活動する陶芸家、赤井祐介さんによって設立された「Akai Ceramic Studio」の作品。

的山さん:「僕がトロントで出会った作家さんの一人です。すべての材料をトロントで調達し、釉薬も赤井さんが独自につくりあげています。丸みのあるフォルムと独特の釉薬がシンプルながらも唯一無二の存在感を放っています。一輪挿しとして、そっと置くだけでも存在感がでると思いますよ。」

スタイリッシュな白黒のスリップウエア「十場天伸」

スリップウェア 7寸皿 ¥ 4,730税込

スリップウェア 7寸皿 ¥ 4,730税込

兵庫県神戸市郊外で作陶されている「十場天伸(じゅうばてんしん)」さんの作品。日本ではめずらしい白黒のスリップウエア※が大きな特徴です。

一見、使いにくそうみえて実はお料理との相性がいいのだとか。スタイリッシュでとてもかっこいです。

※スリップウエアとは土に水を加えたクリーム状の泥で模様を描き、釉薬をかけて焼く陶器のこと。

6寸鉢 漆 ¥ 8,800税込

6寸鉢 漆 ¥ 8,800税込

長平皿 漆 ¥ 6,600税込

長平皿 漆 ¥ 6,600税込

的山さん:「白黒のスリップウエアだけでなく、陶器に漆を塗って焼成した「胴胎漆器」と呼ばれる作品もとてもすてきですよ。十場さんは常に、さまざまな技法を取り入れており、意欲的に作陶をされています。そんなエネルギッシュさも器から感じていただけると思います。」

シンプルでうつくしい器「吉田直嗣」

リム小鉢 ¥ 3,300税込

リム小鉢 ¥ 3,300税込

線画家 である奥様との共作シリーズ「cheren-bel(チェレンベル)」のもの。

線画家 である奥様との共作シリーズ「cheren-bel(チェレンベル)」のもの。

線画家 である奥様との共作シリーズ「cheren-bel(チェレンベル)」のもの。

ライフデザインズでも以前取材させていただいた吉田直嗣(よしだなおつぐ)さんの作品もありました。うつくしいフォルムの吉田さんの器は、料理人はもちろん、ファッションやインテリアのプロなど幅広い層に支持されています。

価値の再定義を「ろくろ舎」が生み出す漆器

ろくろ舎「汁椀」。¥ 6,600税込〜   

ろくろ舎「汁椀」。¥ 6,600税込〜

福井県鯖江市で“価値の再定義”をコンセプトに、その丸物木地師の伝統技術を継承しながら新しいプロダクトを製作されている「ろくろ舎」。漆椀はモダンながらも優しさを感じるデザインで、使い込むほどにツヤが増していきます。

オリジナルプロダクト「MATOYA × rofmia」

MatoYa × rofmia「Leather Stone」¥ 3,850税込

MATOYA× rofmia「Leather Stone」¥ 3,850税込

MATOYAと美濃加茂市のレザーブランドrofmiaとの共同企画から生まれたプロダクト。石をレザーで包むことにより、日常で目にする石とは違った視点で楽んでいたきたい。という想いが込められています。

オブジェクトとして、ペーパーウェイトやブックエンドなど日常使いとしてもお使いいただけますよ。

ミニマルでモダンなジュエリー

「Studio Cosette」

Studio Cosette

Studio Cosette

MATOYAではジュエリーも多く扱っています。フランス語で小さなものを意味する「Studio Cosette」のジュエリー。他の人にとって小さなものでも、自分にとってかけがえのないものであって欲しいという思いが込められています。

adachiyukari.

こちらは、着ける人だけでなく、見る人の視点でもたのしめるアクセサリーを制作する「adachiyukari.」のもの。シンプルながらも、着ける人の個性を引き立たせるような魅力があります。

MATAOYA

MAYTOYA

MATOYAは店主の的山さんが作家さん一人ひとりに対してとても敬意を持っていらっしゃるのが伝わるすてきなお店でした。今回ご紹介した以外にも多くの作家さんの作品を扱っているので、ぜひお店で直接手にとってみてくださいね。的山さんにお話を一つずつお話を伺っているだけでも、とても有意義な時間が過ごせるはずです。

Photography by Kanae Hori

スポット詳細

【MATOYA(マトヤ)】
住所  :愛知県岡崎市松本町1丁目107 松本ビル 2階
営業時間:11:00 – 19:00
定休日 :水曜日
https://www.matoya.net/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

ピックアップ記事

【設計工務店アラン】子どもからお年寄りまで笑顔に。自分自身のカラダにとことん向き合うパーソナルトレーニング「STUDIO AYAKO」
PR

【設計工務店アラン】子どもからお年寄りまで笑顔に。自分自身のカラダにとことん向き合うパーソナルトレーニング「STUDIO AYAKO」

オーストラリアを体感できる場所。 「The Canvas (ザ キャンバス) 」 オーストラリア産コーヒーとワインを楽しめるお店。
PR

オーストラリアを体感できる場所。 「The Canvas (ザ キャンバス) 」 オーストラリア産コーヒーとワインを楽しめるお店。

大切なワンちゃん&ネコちゃんに食べさせたい。完全無添加の愛情を込めた手づくりフード「嘉(よろこび)」
PR

大切なワンちゃん&ネコちゃんに食べさせたい。完全無添加の愛情を込めた手づくりフード「嘉(よろこび)」

《実食レポ》日本初上陸!フレンチタコス専門店「ボンタコス」が名古屋にオープン
PR

《実食レポ》日本初上陸!フレンチタコス専門店「ボンタコス」が名古屋にオープン

【2022版】名古屋から車で2時間!飛騨高山のおすすめ観光スポット10選
PR

【2022版】名古屋から車で2時間!飛騨高山のおすすめ観光スポット10選

“ずっとしたかった”を実現しよう!ガレージのある暮らしを楽しめる賃貸物件「&GARAGE(アンドガレージ)」。
PR

“ずっとしたかった”を実現しよう!ガレージのある暮らしを楽しめる賃貸物件「&GARAGE(アンドガレージ)」。

ネットの口コミで評判の名古屋・大須の「RECORDSHOP ZOO」でレコードを売ってみました。本当に高価買取してくれるかをチェック!
PR

ネットの口コミで評判の名古屋・大須の「RECORDSHOP ZOO」でレコードを売ってみました。本当に高価買取してくれるかをチェック!

【1分6円でちょい乗り】スマホアプリで簡単に使えるシェアサイクル「Charichari(チャリチャリ)」。3密を避けた新たな交通手段としても、人気急上昇中!
PR

【1分6円でちょい乗り】スマホアプリで簡単に使えるシェアサイクル「Charichari(チャリチャリ)」。3密を避けた新たな交通手段としても、人気急上昇中!

おすすめスポット