地元っ子が知らない名古屋の魅力がたくさん!おすすめの名古屋本10選

2019.3.31
名古屋本

タイトルに「名古屋」がついていたり、名古屋にまつわる本「名古屋本」が昨年くらいから密かなブームとなっているのをご存知ですか? 名古屋めし、歴史や地理を深堀したものから、名古屋を舞台にした小説まで、数多くの名古屋本が店頭に並んでいます。

 

今回は数多くある名古屋本の中から、筆者が実際に読んで「これはぜひ読んでほしい!」と思った10冊をご紹介させていただきます。

 

名古屋城


名古屋本ブームのきっかけは、2016年に名古屋市が行った『都市イメージブランド調査』ではないかと言われています。調査の結果、名古屋は【行きたくない街ナンバー1】という不名誉な結果に……。よくも悪くも名古屋に注目が集まったことがきっかけとなり、出版点数の増加につながりました。

 

 

① 『なごやじまん』 大竹敏之著

 

なごやじまん

 

なごやじまん

 

まず読んでいただきたいのは、名古屋を取材し続けて30年のライター大竹敏之さんの著書「なごやじまん」。

 

先ほどご紹介した「魅力のない街ワースト1」になってしまった要因のひとつが、地元民が街の魅力に気がついていないからだと分析した大竹さん。イケメンごりらだけじゃない東山動物園の楽しみ方や、世界一自由なパブリックアートナナちゃん人形など、名古屋人も知らない情報が満載の一冊です。

 

https://www.amazon.co.jp/dp/4835638301/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_sOCNCbJYPEAZV

 

 

② 『名古屋メン』 大竹敏之著

 

名古屋メン

 

名古屋メン

 

もう一冊、大竹敏之さんの著書をご紹介します。

 

名古屋の食に関する本を何冊も出版され、「名古屋めしといえばこの人!」と言っても過言ではない大竹さん。今回は「名古屋”めし”」ではなく、味噌煮込みうどん・きしめん・カレーうどん・台湾ラーメン・あんかけスパなど、名古屋の”麺”がぎゅっと詰まった一冊です。

 

おもしろいポイントは、「和食編」「洋食編」が、本の両側からそれぞれはじまっているというところ。2冊分読んだかのような満足感です!

 

https://www.amazon.co.jp/dp/4434166654/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_-RCNCbWTP51MB

 

 

③ 『d design travel 愛知』 D&DEPARTMENT PROJECT 著

 

d design travel 愛知

 

47都道府県をデザインの視点で旅するトラベルガイドブック「d design travel」。2カ月間暮らすように現地を旅して、本当に感動したものだけを取り上げるという編集が特徴です。

 

土地の人による、その土地らしい、その土地ならではのメッセージがあること。お手頃価格で利用でき、なおかつデザインに工夫があること。これら条件を満たす対象を選定し、都道府県ごと1冊にまとめて紹介しています。

 

愛知編では、明治村や東山動物園、地元民が集う居酒屋、愛知の本、産業やものづくりまで、リアルな視点で紹介されています。読み応え満点の一冊です。


https://www.d-department.com/item/2018000100078.html

 

 

④ 『SOCIAL TOWER BOOK』 D&DEPARTMENT PROJECT 著

 

SOCIAL TOWER BOOK

 

もうひとつリアルな名古屋を知れる一冊をご紹介します。

 

2011年に電波塔としての役目を終えた名古屋テレビ塔の、新たな役割を模索しようという試み「SOCIAL TOWER PROJECT」からスタートした『SOCIAL TOWER BOOK』。テレビ塔周辺にフォーカスした、地域密着のガイドブックです。

 

テレビ塔のある街・栄エリアを中心に、仕事をしている、生活している、遊んでいる、17人が、おすすめの人や場所を紹介するというもの。紹介する側の人たちの、人となりや想いを感じられ、ほっこりとする一冊です。

 

http://socialtower.jp/

 

 

⑤ 『ブラタモリ 15 名古屋 岐阜 彦根』

 

ブラタモリ 15 名古屋 岐阜 彦根

 

ここからは、名古屋ぶらりのおともにおすすめな2冊をご紹介します。

 

まずは、おなじみ「ブラタモリ」の名古屋・岐阜・彦根編。NHKの人気街歩き番組「ブラタモリ」の公式本です。名古屋編は、「尾張名古屋は家康でもつ?名古屋が生んだ”ものづくり日本”とは?」と題し、名古屋城・城下町・熱田神宮・堀川が紹介されています。

 

写真やイラストも豊富に掲載されているので、イメージがしやすく、楽しくサクサク読めます。「そんな歴史があったんだ」「この建物はこんなつくりになっていたんだ」と、ぶらり旅がより楽しくなりますよ!

 

https://www.amazon.co.jp/dp/4041073774/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_PkDNCbCWBAKM0

 

 

⑥ 『なごや地下鉄 名城線さんぽ』points de tricot 編集

 

なごや地下鉄 名城線さんぽ


矢場町から本山、東別院、上前津まで、名古屋の地下鉄・名城線沿いにあるカフェや雑貨屋さん・公園・神社・お寺などを写真とともに紹介している『なごや地下鉄 名城線さんぽ』。周辺地図も掲載した、見どころ満載のおさんぽガイドブックです。

 

「矢場町〜久屋大通」など、散歩をするにはちょうどよい数駅分で章分けされているので、ぶらりにはもってこいの一冊なんです。

 

https://www.amazon.co.jp/dp/4434137077/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_IsDNCb88TZD5V

 

 

⑦ 『ナゴヤ歴史探検』

 

ナゴヤ歴史探検

 

ここからは、名古屋の歴史を学べる2冊をご紹介します。

 

まずは、『ナゴヤ歴史探検』。なんとこちら、平成30年度から名古屋市立中学校で配布される“郷土の歴史を学ぶ副読本”を一般発売したものなんです。縄文時代から現代まで、名古屋の歴史が大局的に学べるようになっています。副読本というだけあって、かなりわかりやすい。「歴史は苦手だな……」という方にこそ、読んでいただきたい一冊です!

 

https://www.amazon.co.jp/dp/4835637461/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_YzDNCb6YPWKM1

 

 

⑧ 『Pen+ 名古屋城から始める、名古屋カルチャー・クルーズ 』

 

Pen+ 名古屋城から始める、名古屋カルチャー・クルーズ

 

より名古屋の歴史や文化を知りたいという方は、『Pen+ 名古屋城から始める、名古屋カルチャー・クルーズ 』を。

 

日本三大名城のひとつである「名古屋城」は、尾張徳川家のもとで発展した城下町のシンボル。木造天守閣による復元が決定した名古屋城からスタートして、そのお膝元で生まれた名古屋カルチャーを、さまざまな角度から紹介しています。

 

名古屋城の歴史的・文化的意義や、城下町の特徴的なエリアなど、知れば知るほどおもしろい名古屋の魅力がぎっしり詰まった一冊です。

 

 

⑨ 『名古屋本 この街は、やみつきになる。 』

 

名古屋本 この街は、やみつきになる

 

ここまで、グルメ、ぶらり旅、歴史とそれぞれのジャンルをご紹介しましたが、「まとめて名古屋のことを知りたい!」という方にはこれ。その名もずばり「名古屋本」。

 

名古屋屈指の名店、”裏”名駅ディープ散策、奥深き喫茶店の世界など、観光ではない、住んでいる人達に読んでほしい、本当の名古屋の魅力を紹介するインナー向けガイドブックです。

 

https://honto.jp/netstore/pd-book_28304787.html

 

 

⑩ 『ニッポンを解剖する! 名古屋 東海図鑑 』

 

ニッポンを解剖する! 名古屋 東海図鑑

 

こちらも名古屋の魅力がぎゅっと詰まった一冊。

 

常のガイドブックでは、あまり知ることのできない名古屋・東海の名所・旧跡の詳細や、歴史・文化を、文章だけではなく、写真・イラスト・表などをふんだんに使い、わかりやすく図解して紹介しています。A5サイズなので、散策の持ち運びにも◎

 


「名古屋は何もない」「名古屋はつまらない」とおもわれがちですが、そんなことはありません!地元っ子が知らない名古屋がたくさん詰まった名古屋本。地元を好きになっていただけるきっかけになればうれしいです。