MENU SEARCH

建築好き必見!模型の新たな楽しみ方を体感できる「建築倉庫ミュージアム」

アート

東京都
2018.10.11

建築好き必見!模型の新たな楽しみ方を体感できる「建築倉庫ミュージアム」

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

今回ご紹介するのは、東京・天王洲アイルにある「建築倉庫ミュージアム」です。「展示しながら保存するミュージアム」として、国内外で活躍する海外・日本人建築家や設計事務所による建築作品の模型を、設計段階の検討用であるスタディ模型から完成模型までさまざまに展示している建築好き必見のスポットです。2018年4月にリニューアルした同施設の魅力をたっぷりとご紹介していきます。

保管のプロが提案する
「展示しながら保存するミュージアム」

建築倉庫ミュージアム
場所は、東京モノレール 天王洲アイル駅から徒歩5分の寺田倉庫本社ビルの1階。
建築倉庫ミュージアム
建物のファザードは、建築家・隈研吾氏の設計です。

「建築倉庫ミュージアム」を手がけているのは、天王洲アイルを中心に保存保管業を展開している「寺田倉庫」。美術品・ワイン・映像資料などさまざまなジャンルの保存保管技術を保持している会社です。まさに保管のスペシャリストと言えます

施設の誕生のきっかけは、模型を収納するスペースが足りないという都心の建築家たちの要望でした。そして、ただ模型を預かるだけでなく「展示しながら保存するミュージアム」というコンセプトのもと、2016年6月に開館したのが「建築倉庫ミュージアム」です。

建築倉庫ミュージアム

その後、「より変化のある展示」をテーマに、2018年4月にリニューアルオープンしました。従来の模型を中心とした展示に加え、写真やビデオ作品、ドローイングなどの資料を展示し、幅広く建築文化を発信しています。

では順番に2つの展示室をご紹介していきます。

NEXT
まるで色の博物館!天王洲アイルの伝統画材ラボ「PIGMENT(ピグモン)」
まるで色の博物館!天王洲アイルの伝統画材ラボ「PIGMENT(ピグモン)」

アート

東京都
PREVIOUS
【スウェーデンの暮らし】夏のサマーハウスでいただく簡単メニュー
【スウェーデンの暮らし】夏のサマーハウスでいただく簡単メニュー

海外

スウェーデン

【建築倉庫ミュージアム】
住所   :東京都品川区東品川2-6-10 建築倉庫ミュージアム
電話番号 :03-5769-2133
営業時間 :11:00〜19:00 (最終入館18:00)
定休日  :月曜日
駐車場  :なし(近隣の駐車場をご利用ください)

web : https://archi-depot.com/
Instagram:https://www.instagram.com/archi_depot/
facebook :https://www.facebook.com/archidepottokyo/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
アルボ

特集一覧へ

ととbaby