MENU SEARCH

日常に彩りをくれる、お菓子とコーヒーのお店「bake melew(ベイクメル-)」

カフェ

名古屋市・昭和区
2021.08.17

日常に彩りをくれる、お菓子とコーヒーのお店「bake melew(ベイクメル-)」

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

市営地下鉄鶴舞線「御器所」駅から徒1分、駅からすぐの場所に2021年6月12日「bake melew(ベイクメルー)」がオープンしました。淡い紫色の扉が目印のお菓子とコーヒーのお店です。

紫色とゴールドがコンセプトカラーの
かわいいお店

お店のコンセプトカラーである紫色の扉には同じくコンセプトカラーのゴールドの取っ手が。

これが看板のかわり。扉を目立たせるためにあえて、看板をつけていないそう。隣にある大きな窓からはコーヒーを淹れているところが見られます。

目をひくのがコーヒーを淹れるドリッパー。色とりどりに並んでいます。さらに、照明にもドリッパーが。電球にジャストフィットしたんですって!遊び心も満載です。

扉をあけると、カウンター席がずらり。

やわらかな紫色ベースの店内には至る所にドライフラワーが飾られ、やすらぎ感を醸し出しています。

カウンターの奥、テーブル席の先のお庭には、ベンチが。

夏場は熱いので使用していないそうですが、涼しくなったころにはベンチ席でもコーヒーをいただけるそうですよ。ベンチの周りは目に見えるところ全て紫色に塗られていて、内装にこだわりを感じます。

お店の外観や内観は全て店主の加藤さんのイメージ。

お店の名前は、焼き菓子の”bake”と柔らかい”mellow”の語源となった古い英語”melwe”から名付けられ、柔らかく可愛らしいお店の雰囲気にピッタリ。

こだわりのスペシャルティコーヒー

コーヒー豆のフルーティーな味と酸味と甘みのバランスがとれた浅煎りのコーヒー豆は、苦味が控えめ。

コーヒーを苦い飲み物ではないと知ってもらいたい!という想いから、あえてコーヒーは浅煎りのスペシャルティコーヒーだけにしているのだそう。

コーヒーが苦手な方には、コーヒー豆をミルクに漬け込んだ「ミルクブリュー」やスパイスを使ったドリンクもあります。「ミルクブリュー」は名古屋では珍しいので、コーヒー好きでも一度試されては?

お店で使用しているコーヒー豆は市営地下鉄「高岳」駅の近くにある「トランクコーヒー」のもの。2種類から好きな豆を選べます。

この日のコーヒー豆は、ブラジルとケニア。ブラジルは酸味がやわらかい、普段飲みなれているコーヒー。ケニアは酸味の強い、フルーティーなコーヒーです。

せっかくなので、飲んだことのないケニアーをアイスでいただくことに。

コーヒーは注文後にハンドドリップで淹れてもらえます。

使用しているドリッパーは「トランクコーヒー」が監修したのORIGAMIドリッパー。11色のバリエーションがあり、イートインで食べられるスイーツの器にも使われています。こんなところにもオシャレごころが。

こちらが「浅煎りスペシャルティコーヒー アイス(550円)」
透き通った綺麗な茶色をしています。苦味や酸味がなくて飲みやすい!

注文時にグレープフルーツのような酸味と聞いて、まさかとは思っていましたが、本当にグレープフルーツのような酸味でした。コーヒーそのものの味を楽しんでもらうため、まずは砂糖やミルクは出されません。ですが、もちろん砂糖とミルクも用意していただけますよ。

コーヒーと一緒に食べたい焼き菓子とケーキ

焼き菓子はトランクケースの中にちょこんと並べられています。

ちょっとした時のプレゼントに使えるドライフラワーの入ったギフトボックスもあって、見て嬉しい、食べて楽しいギフトボックスになっています。

プレゼントや手土産に使えるギフトボックス、プレゼントにもらったら嬉しくなりますね!

bake melewの焼き菓子はアルコールを使っていないのが特徴。おすすめの焼き菓子3種類をいただきました。

米麴甘酒が使われた「米麹マフィン(280円)」はしっとり、もっちり。一口頬張ると優しい甘さが口の中に広がります。米麴の甘酒はアルコールが含まれてないので、お子さんでも食べられますよ。

バターが香る「フロランタン(300円)」は、サクサク食感のクッキーと香ばしく甘いキャラメルアーモンドのハーモニーがたまりません。

「ガレット・ブルトンヌ(280円)」は厚焼きクッキー。ざくざくとした食感とほんのりとした塩味がコーヒーによく合います。

焼き菓子の他にケーキやカヌレもありました。

ショーケースの中にケーキは並ばないので、ケーキを購入する場合は加藤さんに注文をしてくださいね。

こちらの「罪なチーズケーキ(1ピース350円)」は人気商品。

名前の”罪”はクリームチーズに生クリーム、グラニュー糖がたっぷり使われていて、高カロリーなのにさわやかな後味でいくつでも食べてしまうところから。濃厚な口当たりなのに、最後にはレモンで後味さっぱり。たしかに食べる手が止まらない!罪なチーズケーキです。

やすらぎ感のあるお店でお菓子とコーヒーを食べながら、ありふれた日常に彩りを添え、少しでも幸せを感じてもらえたらという気持ちが込められているbake melew。

お店は夜も営業しているので、仕事やお出かけの帰りにちょっと寄るのも癒されそう。

テイクアウトだけでもよし、お店でコーヒーを1杯いただくのもよし。落ち着いた雰囲気が魅力の日常に彩りを与えてくれるお店です。

NEXT
名古屋市内で非日常体験を楽しもう!小幡緑地に「オバッタベッタ」がOPEN

おでかけ

名古屋市・守山区
PREVIOUS
歴史からグルメまで、設楽町の魅力が詰まった施設!「道の駅したら」

おでかけ

愛知県・北設楽郡

【bake melew(ベイクメルー)】
住所   :名古屋市昭和区阿由知通3-14
電話番号 :080-8918-8037
営業時間 :10:00〜20:00
定休日  :月曜日(祝日の場合は翌日)
駐車場  :なし

Instagram:https://www.instagram.com/melew.melew/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

特集一覧へ

ile