【東海エリア編】週末は温泉旅行へ行こう!名古屋から車で2時間行ける温泉地まとめ

温泉&銭湯
2020.10.16
【東海エリア編】週末は温泉旅行へ行こう!名古屋から車で2時間行ける温泉地まとめ

夏も終わり、少しづつ肌寒くなってくると、恋しくなってくるのが温泉ではないでしょうか。そこで今回は名古屋から車で2時間で行ける温泉地を定番から穴場までご紹介します。

今度の休みは温泉旅行に出かけて、のんびりリフレッシュしませんか?

愛知県の温泉地

名勝・竹島付近に湧く「蒲郡温泉」

愛知県内でも有数の温泉地である蒲郡において、最大といわれる規模を誇るのが「蒲郡温泉」です。春は桜やツツジの名所、夏はあじさいや海水浴、秋はさまざまなイベントやお祭り、さらに蒲郡みかんにアカザエビ、冬はうつくしいイルミネーションと一年中楽しむことができます。

「竹島水族館」「ラグーナテンボス」「ラグーナフェスティバルマーケット」などレジャー施設も充実。

中でも、1934年開業の「蒲郡クラシックホテル」は経済産業省が認定する近代産業遺産のひとつ。対岸には国の天然記念物にも指定されている蒲郡のシンボル「竹島」を眺めることができます。

https://life-designs.jp/webmagazine/takeshima/

【蒲郡市観光協会】
http://www.gamagori.jp/stay/

三河湾のを望む温泉「西浦温泉」

西浦温泉

渥美半島と知多半島に囲まれた三河湾に突き出た西浦半島の先端にある温泉地「西浦温泉」。360度どこからでも海を一望できる風光明媚な温泉街です。 そのうつくしさから万葉歌人に愛され、万葉集に登場する歌碑をめぐる「万葉の小径」や「俳句の道」があり、散策を楽しめます。半島はなだらかな丘陵地になっているため、高台や海岸エリアからは「三河湾」の絶景を見渡すことができますよ。

また、クルージング・サップ・フィッシング・パドリングなど多種多様なマリンスポーツも楽しんでいただけます。

【西浦温泉観光協会】
https://nishiuraonsen.com/

約5万株のアジサイが咲き乱れる「形原温泉」

愛知県蒲郡市にある「形原温泉」。西浦温泉、三谷温泉とともに市を代表する温泉地の一つです。毎年6月には、約5万株のアジサイが咲き乱れる「アジサイの里」としても名を馳せています。

3つの温泉の中でもっとも落ち着いた雰囲気があるので、のんびりと過ごしたい方におすすめな温泉です。泉質は海岸地帯にはめずしい塩分・カルシウム分の少ないアルカリ性単純泉で、一般的に“美人の湯”と言われています。

【形原温泉観光協会】
http://www.katahara-spa.jp/

愛知県蒲郡市に湧く「三谷温泉」

三河湾国定公園の指定地内にある開湯1200年と伝わる歴史ある古湯「三谷温泉」。泉質の異なる4つの源泉が楽しめるのも大きな魅力です。宿のほとんどが三河湾のうつしい眺望と新鮮な海鮮料理を名物にしています。ラグーナテンボスもほど近いので、お子様連れのご家族にもおすすめな温泉地です。

【三谷温泉観光協会】
http://www.miyaspa.com/

内海・山海・豊浜の3つの温泉がある「南知多温泉郷」

内海、山海、豊浜の3つの温泉からなる「南知多温泉郷」。国道247号線の海岸沿いに温泉宿が点在し、その宿から見える海は絶景です!特に、夕日の沈む時間帯は、伊勢志摩を赤く染める絶景が心を癒します。食事は新鮮な海の幸が堪能できるのも大きな魅力!また周辺にには県内有数の海水浴場のほか、豊浜魚ひろばや南知多ビーチランドなどレジャー施設も揃っています。

【南知多町観光協会】
http://minamichita-kk.com/spa

そのほかの愛知県の温泉地

吉良温泉

愛知県西尾市吉良町に湧出する「吉良温泉」。「忠臣蔵」で有名な吉良上野介ゆかりの地でもあり、 歴史ロマンを感じる温泉地です。海を望むすばらしい景観も人気を集めており、海水浴ができる宮崎海水浴場は「日本の水浴場八十八選」に選ばれています。

【西尾市観光協会】
http://nishiokanko.com/category4/kira

内海温泉

知多半島の内海・山海地区にある「内海温泉」。「日本の渚100選」に名を連ねる内海の海水浴場が目下に広がり、地元の海の幸と食材を使った食事が楽しめます。名古屋からも程近いので、日帰り温泉としてもおすすめです。

【内海温泉観光協会】
http://utsumi.or.jp/kankou/

湯谷温泉

愛知県新城市に位置する「湯谷温泉」。景勝地として名高い鳳来峡の宇連川沿いに広がっており「日本百名湯」にも選ばれています。その歴史は古く、開湯約1300年の歴史とうつくしい渓谷が自慢の温泉郷です。

【湯谷温泉発展会】
http://www.yuya-spa.com/index.htm#

犬山温泉

清流木曽川のほとりに湧出する「犬山温泉」。県内屈指の観光地もあり、国宝・犬山城をはじめ国宝茶室如庵や史跡・文化施設・レジャー施設など数多くの見どころがあります。犬山観光の合間に立ち寄れるので、日帰り温泉としても人気があります。

【犬山市観光協会】
https://inuyama.gr.jp/facilities/spa

猿投温泉

愛知県豊田市にある猿投温泉は、宿泊施設と日帰り入浴施設が1軒ずつの小さな温泉街です。しかしながら、その泉質は全国では7%しか湧出していないラドン泉。放射能泉という泉質(分類)の温泉で、ラドンを一定量以上含んでいます。「医者がすすめる奇跡の温泉」に東海三県で唯一選ばれた猿投温泉の効能の高さは、広く証明されています。

【猿投温泉】
https://www.sanageonsen.jp/spa/

岐阜県の温泉地

三大名泉の一つ「下呂温泉」

下呂温泉は、兵庫県の有馬温泉、群馬県の草津温泉と並び「日本三名泉」のひとつ。平安時代に源泉が発見されたと伝えられ、1,000年以上の歴史をもつ、伝統のある温泉です。病後回復・疲労回復・ストレス解消・健康増進などに効能があるとされています。

下呂温泉の泉質である「アルカリ性単純温泉」は、肌の角質をとる効果が高く、古い角質層の新陳代謝を促進、くすみの解消など、美肌効果の高い温泉「美人の湯」としても注目されています。無色透明でつるつるとした感触と、ほんのりとした湯の香が特徴です。

【下呂温泉観光協会】
https://www.gero-spa.com/

北アルプスに積もり積もった白い雪が雪解けた「飛騨高山温泉」

名古屋から車で2時間程度で行ける飛騨高山は遠出にもぴったりのスポット。そんな飛騨高山温泉は、日本列島のほぼ中央に位置しており、東西を険しい山に、南北を厳しい河川峡谷に囲まれた盆地からなる温泉地です。

また、温泉が湧き出たのは平成元年7月と比較的新しい新興の温泉でもあるんです。北アルプスに積もり積もった白い雪が雪解け水となり、永い歳月をかけ地下に深くしみた源泉はたまりません。見どころも多く、日本の伝統美を肌で感じられます。

【飛騨高山温泉組合】
http://www.hidatakayama-onsen.jp/

北アルプスの懐に抱かれた「奥飛騨温泉郷」

平湯温泉・福地温泉・新平湯温泉・栃尾温泉・新穂高温泉という5つの秘湯からなる「奥飛騨温泉郷」。奥飛騨温泉郷は、槍・穂高連峰・乗鞍岳・岐阜県の単独最高峰の笠ヶ岳の名峰に囲まれており、秘湯と言われる露天風呂から貸切風呂までさまざまな温泉が楽しめます。
大自然を感じたい!という方にはとってもおすすめな温泉です。

【奥飛騨温泉郷観光協会】
https://www.okuhida.or.jp/

そのほかの岐阜県の温泉地

長良川温泉

岐阜県岐阜市清流・長良川河畔に広がる「長良川温泉」。戦国時代、斎藤道三や織田信長が天下統一を夢見た「岐阜城」の麓から源泉が湧きでています。日本名水百選の一つにも選ばれた長良川では、岐阜の夏の風物詩・鵜飼や長良川の夜景やライトアップされた幻想的な空間が広がります。

【長良川温泉】
http://nagaragawa.org/

養老温泉

養老はその昔、親孝行なきこりが酒の香りがする水を発見し、それを聞きつけ訪れた天皇が年号を養老に改めたと伝わる「養老の滝」伝説で有名な地でもあります。そんな養老のうつくしい山々を背景に広がるのが養老温泉。のどかな温泉地で、名古屋からも好アクセスです!

【養老町観光協会】
http://www.kanko-yoro.jp/


恵那峡温泉

中津川市を流れる木曽川中流の渓谷「恵那峡」、木曽川の清流をせき止めてつくられた人工の景勝地、恵那峡に湧く温泉地です。平成2年に開湯した新しい温泉。血行を促進する炭酸ガスや鎮痛効果のあるストロンチウムイオンを比較的多く含み、神経痛・消化器病・皮膚病・婦人病など、さまざまな疾病に効能を発揮すると言われています。

川沿いには大遊園地「恵那峡ワンダーランド」があるのでご家族にもおすすめな温泉地です。

【恵那観光協会】
https://www.kankou-ena.jp/

池田温泉

池田温泉は岐阜県池田町にある良質の天然温泉。お湯に浸かればみるみるうちに肌がしっとりつるつるで美肌効果抜群!

【池田温泉】
https://www.ikedaonsen.jp/access/

三重県の温泉地

男はつらいよのロケ地!「湯の山温泉」

湯の山温泉は、三重県北部の最高峰、御在所岳の麓にあります。約1300年の歴史を持ちながら、歓楽街化していない大自然に囲まれた温泉地です。温泉街には御在所ロープウエイの山麓駅があり、御在所山上へ12分であがることができるほか、主要な登山道の出発地となっています。

アクセスもとてもよく、名古屋からは車、電車ともに1時間程度、最寄り駅「湯の山温泉駅」からもバスやタクシーで約5分と好立地です。

湯の山温泉の名が一般に知られるようになったのは、西郷隆盛が反乱を起こした「西南の役」。その際に、この地が負傷兵の臨時療養所として利用されたことから、療養を終えた兵士が湯の山の景勝と温泉の効用を全国に伝えたとされています。

また湯の山温泉は男はつらいよシリーズ全50作品中の第3作「フーテンの寅」(1970年)のロケ地としても知られています。寅さんの面影を感じながら温泉に浸るのもおすすめです。

【湯の山温泉観光協会】
https://www.yunoyama-onsen.com/

家族連れで行きたい!「長島温泉」

三重県桑名市長島町浦安にある「長島温泉」。名古屋をはじめとする近畿圏からのアクセスは抜群!温浴施設・遊園地・宿泊施設など、一大レジャーランドを構成している「ナガシマスパーランド」のほか、2軒の共同浴場があります。また、同施設内にある「なばなの里」のイルミネーションは、国内最大級ともいわれ例年国内外から多くの観光客でにぎわっています。

【長島温泉】
https://www.nagashima-onsen.co.jp/

鳥羽市の海辺に広がる9つの湯処「鳥羽温泉郷」

三重県鳥羽市の海辺に広がる9つの湯処からなる「鳥羽温泉郷」。伊勢湾最大の離島・答志島の温泉や、活気ある漁師町・石鏡の温泉など、町の雰囲気も泉質もさまざま。伊勢神宮へのアクセスも良く、鳥羽温泉郷の湯で身を清めてからお参りするのもおすすめです!

【鳥羽温泉郷】
http://www.toba-onsen.com/

そのほかの三重県の温泉地

片岡温泉

1,200mの源泉井戸から湧き出る湯の山温泉100%源泉かけ流しの天然温泉「片岡温泉」。自然のままの温泉成分で、かすかに硫黄の香りが漂うほどよいヌメリのある柔らかな湯が特徴。同敷地内には、三重県菰野町の人気スポット・アクアイグニスがあるので、「癒し」と「食」の魅力を同時に楽しめます。

【片岡温泉】
https://aquaignis.jp/spa_kataoka.php

赤目温泉

三重県名張市にある「赤目温泉」。伊賀の隠れ里・名張の赤目四十八滝にも近く、赤目渓谷を望む自然豊かな山あいに湧き出る温泉です。近畿随一のラドン含有量を誇る弱放射能線は、ほっこりと体の芯から温めるといわれています。

【名張観光協会】
http://www.kankou-nabari.jp/

榊原温泉

万葉の時代から愛される榊原温泉。のどかな里山に滾々(こんこん)と湧き出る無色透明な美湯に浸り、寛ぎと癒しのひとときが過ごせる温泉です。無色透明な榊原温泉の湯は、風呂上がりに肌がつるつるスベスベになる事から美肌の湯として知られています。

【榊原温泉振興協会】
http://www.sakakibaraonsen.gr.jp/

今回は、名古屋から車で2時間行ける東海エリアの温泉をご紹介しました!ぜひ週末のおでかけの参考にしてみてくださいね!

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

おすすめスポット