家づくりには欠かせない「ファイナンシャルプラン(FP)診断」とは。(HOLIDAYS)

2018.7.11
資金計画

家づくりをする上で一番気になるお金の話。「住宅ローンの金利は固定・変動・一部固定……どれがいいの?」「ローンの返済期間は何年で組むのがベスト?」「家賃と同じくらいの返済なら大丈夫?」など、お金に関する不安や疑問はとても多いのではないのでしょうか。そんな家づくりにおけるお金の不安を減らしてくれるのが「ファイナンシャルプラン(FP)診断」です。

 

今回は愛知県内でデザイン住宅を提案している住宅会社「HOLIDAYS」の國廣さんにFP診断についてお話を伺ってきました。同社は、契約者のほとんどすべての方がFP診断をされるというほど、家づくりにおけるFP診断、資金計画を大切にしている会社です。

 

 

家づくりにはなぜFP診断が必要なのか

 

HOLIDAYSのディレクターである國廣 徹さん
HOLIDAYSのディレクターである國廣 徹さん

 

まず、なぜ家づくりにはFP診断が必要なのでしょうか。


國廣さん:「家づくりをスタートする段階でFP診断をすべき理由は、<家を建てる最適なタイミング>を知るためです。今すぐ建てるのか、一年後がいいのか、その方に合った時期を明確にします。つい先日ご相談をいただいたお客さまは、いろいろな面を考慮し2年後がちょうどいいという結果になりました。低金利が続いているので「今すぐに建てたい」という方が多いですが、それでも遅らせた方がいい場合もあります。ご自身にとって、最適なタイミングを知ることがまずは大切ですね。

 

そしてもう一つの理由は、<無理なく返済できる金額>を知るためです。借りられる金額と、実際に返せる金額は違います。金利も安くなっているので、年収600万円の方であれば、5,000万円以上借りられることもあります。ですが、実際にその方が無理なく返済できる金額かはわかりません。

 

同じ年収でも、趣味も違う、お子さまの人数も違う、外食の回数も違う、お金の使い方も違う……生活費が絶対に違うんですよね。そうすると、年収から借り入れが可能な額を試算するというのは、非常に危険なことです。生活スタイルを考慮して、<無理なく返済できる金額>を試算する必要があります。」

 

サーファーズデザインのリビング


國廣さん:「ですからFP診断は、家づくりの一番最初にやっていただくのがいいですね。自分に合った予算を知っておくことで、土地のエリアや住宅会社も絞りやすくなると思います。同時に生活を見直す機会にもなります。例えば、生活費の部分も私たちは平均値を把握しているので、「少し使いすぎですね」「この分は貯蓄に回せますよ」といったアドバイスもさせていただけます。

 

最初は抵抗がある方もいらっしゃいますし、金額や時期が可視化されるのでテンションが下がられる方もいらっしゃいます。ですが、家づくりに向けて気持ちが引き締まりますし、「スッキリしました」「やって良かった」という方がほとんどです。」

 

 

保険のFP診断とは何が違うのか

 

 

「FP診断」「ファイナンシャルプラン」という言葉から保険の相談を連想される方も多いと思います。保険のFP診断とは何が違うのでしょうか。


國廣さん:「一般的なFP診断ですと、保険会社の方が行うケースが多いかと思います。そのため「保険に加入させられるんじゃないだろうか?」とFP診断に営業的なイメージがあり抵抗感を感じられる方がいらっしゃいます。

 

私たちがお伝えしているのは、1円でも利息や税金を少なくする方法です。住宅ローンを借りるときは「団体信用生命保険」への加入が条件になることがほとんどですので、今加入されている保険が過剰であれば減らしていく場合もあります。保険に入るよりも、保険を削っていく作業の方がどちらかというと多くなります。」

 

三角屋根の洋室


國廣さん:「国の仕組みを知っていただいて、どういった税制を利用するのか、少しでも国の優遇制度を利用するためにはどうしたらいいのかもお伝えしています。

 

例えば、「住宅ローン控除」はお金が返ってくる仕組みというのは、ほとんどの方がご存知かと思います。ですが、あくまで返済開始から10年間だけの制度です。よく、住宅ローン控除額を含めた資金計画を提示する営業マンもいますが、その金額で判断してしまうのはとても危険です。それでは、11年目からの返済が厳しくなってしまいます。どのように優遇制度を利用し、どの時期で返済するのかといった計画も合わせて考える必要があります。」

 

 

家賃を予算の目安にしてはいけない

 

HOLIDAYSのディレクター國廣 徹さん


続いて、予算を考える時の注意点を教えていただきました。


國廣さん:「皆さんが考えているご予算ってアバウトだと思うんですよね。例えば、知り合いの方、ご友人の方が4,000万円くらいで建てられたから、家ってそれくらいの金額が目安なのだと思われて来られる方もいらっしゃいます。それで、4,000万円のご予算というのは、その方にとってのご予算ではないんですよね。

 

もしくは、今住んでいるアパートやマンションの家賃が7万円だから、その金額に抑えたいという方もいらっしゃいます。家賃を住宅ローンの参考にされる方は非常に多いのですが、賃貸を借りるときに、70歳〜80歳までそこで生活しようと考えて選ばれるかと言ったら、違うと思うんですよね。住みたいエリアの相場が、2LDKで7万円だから7万円というのがほとんどなのではないでしょうか。家賃を返済額の目安にするのは、大きな間違いです。」

 

ブルーとホワイトのリビング


國廣さん:「本来であれば、20年〜30年後を考えれば、もう少し金額を下げなければいけない方もいらっしゃいますし、奥さまが仕事を復帰されるなど世帯収入が増えることから、もう少し予算をあげることができる方もいらっしゃいます。ライフプラン、お子さまの教育費、家のメンテナンス費用など、そういった将来の予算も含めた計算が必要です。

 

そうした金額がわからないと、なかなか「この金額でいこう」と決めることもできないですし、住宅会社としても予算に合ったご提案がしにくくなってしまいます。まずは、将来のことも考慮した総予算を試算し、最初の段階から住宅会社と共有することが大切です。」

 

 

住んでからも資金面でサポート

 

 

家づくりにおいて「FP診断」「資金計画」を重要視しているHOLIDAYS。同社ならではのサポート体制があります。


國廣さん:「HOLIDAYSでは、ご入居後も資金面のサポートをさせていただいています。お施主さまからご紹介をいただくことも多いのですが、そうしたメリットをいただいているのであれば、私たちも何かしたらの形でメリットをお返ししたいという気持ちで、ご入居後の資金サポートをはじめました。そのため、弊社の営業マンはファイナンシャルプランナーの資格取得が必須です。

 

確定申告、繰り上げ返済・借り換えのタイミングなどをサポートさせていただいています。5年、10年ごとの定期的なご相談だけでなく、お子さまが生まれたタイミング、奥さまが転職されたタイミングなど生活スタイルが変わられた場合は、見直しをおすすめしています。家以外の部分でも、頼っていただける存在でありたいと思っています。」

 

 

國廣さん:「また、家のメンテナンスにどのタイミングで、どのくらいの費用がかかるのかを把握しておくことも大切です。家はメンテナンスをしないと、40年〜50年と持たせるのは難しく、建て替えなければいけなくなってしまうというリスクが生じてしまいます。

 

家電でしたら「最近調子が悪いな」というのがすぐにわかるのですが、家はなかなかアラームを出してくれません。例えば、雨漏りが発生した時点で、断熱材や他の部分も傷んでしまっています。車のオイル交換をしない状態と同じです。そういったお家の状態も定期的に点検させていただきながら、その後の返済計画、ライフプランをご提案させていただいています。」

 

 

家づくりのためのFP診断をしてみよう


資金計画


ここからは、実際にFP診断はどのように行うのか、どのようなことがわかるのかをご紹介していきます。HOLIDAYSでは、無料で「個別FP診断」を行なっています。もちろんHOLIDAYSで家づくりをされると決められていない方、家づくりをはじめられたばかりの方も相談できます。

 

<FP診断の流れ>
①ヒアリングシートをもらう
   ↓
②自宅で記入後、シートを送る(FAX、郵送、mail、来店)
   ↓
③診断結果作成(1週間ほど)
   ↓
④診断結果をもとに、個別相談

 

FP診断

 

診断結果はグラフや表でわかりやすくまとめられた冊子でもらうことができます。また、個別FP相談ではこのようなことができます。

 

・毎月の返済可能額から見た最適予算検討
・住宅ローンの借入可能額の試算
・人生キャッシュフロー上の最適購入時期(可処分所得最大化)の検討
・賃貸住宅の居住コストと持ち家購入コストの比較
・賃貸vs持ち家におけるキャッシュフロー以外のメリット、デメリット診断
・住宅ローン減税の控除額試算
・優良住宅取得支援制度を活用した住宅ローン相談
・返済総額圧縮のための繰上返済計画相談
・年金受給金額の試算
・住まいと人生のキャッシュフロープランニング」作成

 

 

理想の住宅を手に入れるには、勉強が必要

 

リビングダイニング

 

理想の住宅を手に入れるには、デザインのイメージを膨らませたり、間取りを考えるよりも先に、お金の勉強をすることが大切です。「家を買うのはまだまだ先だから」「家づくりはお金が貯まってから」そんな方にこそ、FP診断はぜひ受けていただきたいです。

 

自分に合った時期を見直し、日々のお金の使い方を見直すことで、理想の家づくりに一歩近づくはずです。実際にHOLIDAYSでは、多くの方が住宅会社を見始めた段階で診断を受けるそうです。安心して相談してみてくださいね。