MENU SEARCH

日本初の”泊まれる”無印。無印良品のホテル「MUJI HOTEL GINZA」に行ってきました。

泊まる

東京都
2020.03.10

日本初の”泊まれる”無印。無印良品のホテル「MUJI HOTEL GINZA」に行ってきました。

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

2019年4月、銀座3丁目にオープンした無印良品のホテル「MUJI HOTEL GINZA」。中国の北京と深圳に続く3店目のMUJI HOTELで、国内1号店です。「アンチゴージャス、アンチチープ」をコンセプトに、泊まりながら無印良品を楽しめるホテルなんです。

気になる客室から、宿泊しなくても利用できる施設まで、たっぷりとご紹介していきます!

MUJI HOTEL GINZAまでのアクセスは?

無印良品 銀座

MUJI HOTEL GINZAがあるのは、銀座駅B4出口から歩いて3分ほどの場所。「無印良品 銀座」の6F〜10Fがホテルになっています。

まずは少し「無印良品 銀座」に寄り道してみましょう!

世界旗艦店「無印良品 銀座」

無印良品 銀座

無印良品 銀座

「無印良品 銀座」は無印良品の世界旗艦店。無印良品単独の店舗面積としては世界最大を誇ります。1Fでは、無印良品初の試みである青果販売のスペースや、お弁当の販売も。

無印良品 銀座

季節のフルーツや野菜を使ってつくる「ジューススタンド」。

無印良品 銀座

ベーカリーもありますよ!

一番人気は、バターの風味たっぷりのロールパン。朝7時半から営業しており、近くにはカウンター席もあります。ホテルのモーニングサービスももちろんありますが、パパっと済ませたいという方にはベーカリーがおすすめです。

無印良品 銀座

無印良品 銀座

衣料品から雑貨まで、無印良品の定番商品がずらり。忘れ物をしてしまった!というときにも、心強いですよね。

およそ100年前の敷石を使ったフロント

MUJI HOTEL GINZA

ではいよいよMUJI HOTEL GINZAに行ってみましょう。

内装は木・石・土といった自然素材を中心に、無印良品の思想にそった空間がつくり出されています。フロントの壁面に敷き詰めてある石は、銀座を走っていた都電の敷石を再利用しているのだとか。

チェックインは15時ですが、少し早めに着いてしまったという方におすすめなのが、銀座ランニング!MUJI HOTEL GINZAでは、銀座を楽しんでもらおうと、ワンコインでランニングウェアの貸出をしているんです。もちろんはウェアは無印良品のもの。

ミニマムだけど開放感のある客室

MUJI HOTEL GINZA

では、いよいよ気になる客室へ!

MUJI HOTEL GINZAの客室は全79室。部屋のタイプはA~Iまで全9種類。内装からアメニティまで無印良品のアイテムが使われています。

今回は、最も客室数の多い「タイプC」に泊まってみました。価格は1室¥29,900。2名で利用すれば、1人¥14,950。銀座という好立地ですが、リーズナブルな価格帯がうれしいですね。(料金は季節変動せず固定)

天井高をいかしたミニマムな空間

MUJI HOTEL GINZA

客室の開口はわずか2.1m。天井高が高く、間接照明の効果もあり、まるでギャラリーのような空間です。収納や洗面スペースも壁に埋め込まれ、スッキリ!

MUJI HOTEL GINZA

MUJI HOTEL GINZA

ベッドとデスクが一体になっています。窓側には、お茶を飲んだり読書をしたりに最適なくつろぎスペースも。全体的に家具が低めなので、圧迫感がありません。

デスクスペースが広々としているので、ビジネス使いにもおすすめです。デスクの前に壁がなく開放的なので、かなり作業がはかどりました。

タブレット

ちなみに、客室内の照明や空調はこのタブレットで。アラームとカーテンを連動させると、目覚めると同時に朝日が入り込むという、最高の朝に。

タブレットでは、客室内にある、無印良品のアイテム名まで調べることができます。

バスルーム

まるで海外のようなガラス張りのバスルーム。足が伸ばせるゆったりとしたバスタブと、オーバーヘッドシャワーがうれしいポイント。

あそこにも、ここにも!無印良品のアイテムが

無印良品のホテルということで、きっとアメニティもインテリアも無印なんだろうな〜と想像はしていましたが、予想以上に無印良品のアイテムでいっぱいでした。これはムジラーにはたまらないのではないでしょうか。

※ムジラー:(無印良品をこよなく愛する人のこと)

ウェルカムお菓子も無印良品。

アメニティも無印良品。

家電も無印良品。

無印良品のアイテムが実際に試せるのがうれしい!

アロマディフューザー

アロマ

うれしいなと思ったポイントが、実際に無印良品のアイテムを試せること。例えばアロマディフューザーは、フロントで2種類のアロマオイルから好みの香りを選び、実際に客室で体感できるんです。

ラベンダーの香りをチョイス。旅の疲れがほぐされていきます。

ドリップポッド

煎茶やコーヒーも専用のドリップポッドで。簡単操作で、ささっとおいしいお茶が飲めちゃいます。これなら忙しい朝や仕事中に良いなと思いました。

家電はなかなか実際に試せる機会が少ないので、こうして試せるのはうれしいですよね。気に入ったアイテムは、ホテル下の無印良品ですぐに購入も!

NEXT
大切な人を想うお茶。漢方ハーブティーカフェ「sasamary cafe(ササマリーカフェ)」
大切な人を想うお茶。漢方ハーブティーカフェ「sasamary cafe(ササマリーカフェ)」

カフェ

名古屋市・東区
PREVIOUS
ホーチミンの穴場スポット、エビの釣り堀「Thanh Đa」に行ってきました。
ホーチミンの穴場スポット、エビの釣り堀「Thanh Đa」に行ってきました。

海外

ベトナム・ホーチミン

【MUJI HOTEL GINZA】
住所   :東京都中央区銀座3-3-5
電話番号 :03-3538-6101

https://hotel.muji.com/ginza/ja/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
Nuqu

特集一覧へ

エコールドメチエ