大切な人へ贈りたくなるスイーツ。洋菓子店「slow(スロウ)」。|名古屋・高丘

2019.3.27
洋菓子店「slow(スロウ)」

名古屋市東区泉、地下鉄桜通線「高丘」駅のほど近くに、素敵な洋菓子店がオープンしたと聞き、わくわくしながら取材に行ってまいりました。お店の名は「slow(スロウ)」。名前のとおり、シンプルで洗練された印象を裏切らない、飾らないうつくしさを持ったお店でした。


※以下、スロウと記載します。

 

 

甘いものがある。その喜びを。

 

slow入口の正面に並ぶシュークリームと焼き菓子。


ドアを開けると、アートのようなシュークリームや焼き菓子が、整然としたたたずまいで並んでいます。

 

カットケーキや、色鮮やかなホールケーキ
カットケーキや、色鮮やかなホールケーキ。


その隣では、華やかなケーキがお出迎えしてくれ、眺めているだけで、幸せな気持ちに。

 

ギャラリーのような空間に並ぶ焼き菓子。

 

スロウでは、日常に馴染む甘いものとして、シュークリームや、シンプルなカットケーキを。ハレの日には、華やかなホールケーキを。そして、お手土産などにもうれしい、少し日持ちのする焼き菓子を。

 

この3つを軸に持ち、それぞれこだわりの品をつくられています。

 

壁に飾られたドナルドサルタンの絵壁に飾られたドナルドサルタンの絵。


「生活の一部に、優しく美味しい甘いものがあったら。それは、とても豊かなことだと思うんです。」お話をおうかがいした、店長の近藤さんが、そう教えてくださいました。

 

1日を終えたときに、家にケーキがあったり、冷蔵庫を開けたらシュークリームが入っていたり。そんな日常の幸せを、お客様に感じてもらいたいという想いで、洋菓子をつくってこられたそうです。

 

 

スロウのおすすめ


まずは食べてみてもらいたいというものを、近藤さんにご紹介していただきました。

 

シュークリーム プレーンシュークリーム プレーン ¥600(税込)


スロウの看板商品、シュークリーム。クッキーシューのざっくり感を楽しんだあと、中からとろりと口に広がる、優しく濃厚なカスタードクリーム。

 

カスタードクリームは、和菓子屋さんの餡子や、鰻屋さんのタレのように、お店の個性やパティシエのこだわりがでるのだそう。カスタードクリームにこだわってきた、スロウの想いがつまった一品です。

 

クリームが口に広がる瞬間の幸せを、ぜひ感じていただきたいです。

 

カヌレカヌレ ¥100(税込)〜


カリもちっとした、食感も人気のカヌレ。スロウでは、甘さをどう表現するかを考え、きび砂糖と黒糖を使用されています。「カヌレください。」というお客様の声が多く、お客様の声で育ってきた商品なのだそうです。きび砂糖と黒糖の、お砂糖の違いも楽しんでいただけたらと、2種類のカヌレをつくられています。

 

取材中に完売してしまい、残念にも味わうことができずでした。カヌレをおもとめの際は、早めの時間・もしくはご予約をされてからのご来店がよさそうです。

 

ショートケーキショートケーキ ¥650(税込)


スロウでは、ショートケーキのスポンジや生クリームにも、きび砂糖が使用されています。きび砂糖の優しい甘さとイチゴの酸味。加えて、最後に口の中にミルク感が広がるよう、土台のスポンジに、ホワイトチョコのガナッシュがサンドされています。

 

「カットケーキは、シンプルで味がイメージできる名前のものがいい。でも食べると、味に変化があったり、ものがたりがあったり。」と、おっしゃる近藤さん。

 

そんな甘くて幸せなものがたり、ぜひ味わってみてください。

 

ホールケーキホールケーキ(デザインにより価格が異なります。)


「ハレの日には、とびきり華やかなケーキを。」

 

ケーキを選ぶときにも、シーンをイメージして幸せな気持ちになってくれたら。そんな想いでデザインされたケーキ。大切な思い出に、鮮やかな彩りをそえてくれそうですね。

 

「Lady」
「Lady」


ホールケーキは、3日前までに、お電話・ご来店にてオーダーできます。女の子のケーキは、ヘアスタイルを変えたり、メガネをかけたり、多少のアレンジであれば、可能だそうです。お友達や、ご家族のハレの日に、ぜひともオーダーしたいですね。

 

テリーヌショコラ 七味テリーヌショコラ 七味 ¥250(税込)


ういろうや生チョコに近い食感をイメージしてつくられた、テリーヌショコラ。

 

中には、意外な材料、七味唐辛子が入っています。その甘さのあとにくる、ぴりりとした後味がくせになり、リピーターのお客様が多いそうです。おいしさだけでなく、会話も弾みそうな工夫がいっぱいありますね。

 

 

コンセプトは、感じてもらいたい

 


焼き菓子が並ぶ壁面、版画とアンティークのイス。

 

さりげなく飾られたミモザと焼き菓子。

 

近藤さんに、コンセプトをおたずねすると、「コンセプトは、掲げるより感じてもらいたい。"この店、なんかいいね。"と、感じてもらえたら。」という答えが返ってきました。

 

そのお話を聞いて、素敵だなと思いました。

 

シンプルに、飾らず、まっすぐにお菓子づくりに向き合ってこられたその姿勢が、研ぎ澄まされ、こんなにも素敵な形になって、「slow」ができたんだなと。

 

「花」 中はイチゴのショートケーキです。

 

桜のシュークリーム
春の新作、桜のシュークリーム ¥380(税込)


取材後、選んだシュークリームやケーキが箱におさまるのを見ながら、箱を開けたときの家族の笑顔が浮かび、早く家に帰りたくなりました。そして、大切な人のハレの日には、きっとここにケーキを買いに来ようと思いました。

 

いつもの毎日に、ゆったりとすごす時間と、幸せな彩りをそえてくれる、思い出に残る味の洋菓子店「slow」。

 

皆さまも、ぜひ足をはこんでみてください。

 

 

【slow(スロウ)】

住所:名古屋市東区泉3-30-5 MAP
TEL:052-887-9633
営業時間:10:30〜18:30
定休日:不定休
駐車場:あり(2台)
http://slow-patisserie.com/