MENU SEARCH

豊橋のアイコン的パン&喫茶!レトロな雰囲気に心惹かれる「ボン千賀」

グルメ

愛知県・豊橋市
2021.05.25
岩下 加奈

岩下 加奈

豊橋市在住のライター / 編集者

豊橋のアイコン的パン&喫茶!レトロな雰囲気に心惹かれる「ボン千賀」

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

豊橋駅から徒歩5分ほどの場所に位置する「ボン千賀」は、大正元年から続く老舗パン屋です。豊橋市民は、ほとんどの人が知っている「ボン千賀」の魅力をご紹介します。

創業は大正元年。歴史ある「ボン千賀」

ボン千賀

ボン千賀

ボン千賀は1912年(大正元年)に、お菓子問屋として現在と変わらぬこの場所で創業しました。戦後には、菓子やパンの製造がメインとなり、今に至ります。

ブドーパン

先代が、戦後のアメリカで食べて感動した「ブドーパン」や、自家製あん入りのあんパンなど、さまざまな菓子パンを用意しています。

ボン千賀の店内

自社でつくった菓子やパンを販売していましたが、80年代に喫茶店ブームが到来。「ボン千賀」も店内の一角を改築して喫茶をオープンしました。

照明も椅子も、カウンターもテーブルも当時のまま。まるで昭和に戻ったかのような雰囲気に心躍ります。

最近では、レトロ喫茶店ブームということもあり、SNSを中心に「ボン千賀」の喫茶やパンの写真などの投稿も増えているそう。若い世代もファンが多くいるお店です。

ボン千賀の店内

現在も、菓子やパン、喫茶を営業中!三世代に渡りファンだという家族連れや、昔からの常連さん、若い人など、老若男女から愛され続けています。

昔ながらの可愛いパッケージの菓子パン

「ボン千賀」には昔ながらの菓子パンがずらりと並びます。当時から変わらないパッケージで、「かわいい!」「レトロで素敵」とSNSで話題になっています。

このパッケージを求めて遠方から足繁く通うファンもいるほどで、テレビや雑誌などのメディアでも多く取り上げられています。

どの菓子パンも素朴な味わいと甘さで、パン生地も当時から変わることなくつくり続けています。初めて食べても「なぜか懐かしい」と思ってしまいます。

パピロ

「パピロ(131円+税)」は、懐かしいバタークリームが入った菓子パン。赤と黄色のパッケージデザインもキュート!

ブドーパン

創業当時から人気の「ブドーパン(150円+税)」。たっぷりのレーズンが入った人気の菓子パンです。お土産に購入する人も多いそう。

ジャムパン

「ジャムパン(120円+税)」は、ほんのりと甘いジャムがたっぷり入っています。こちらも昔から変わらない製法で作っています。

クリームパン

「クリームパン(120円+税)」は、クリームを詰め込んだ一品。

小倉あんパン

「小倉あんパン(131円+税)」。こちらは粒あんタイプですが、こしあんもあります。

3色パン

「3色パン(200円+税)」は、白あん・ジャム・クリームが入った贅沢な菓子パンです。

レモンパン

メロンパンならぬ「レモンパン(160円+税)」は、レモンの香りがほんのり味わえる、レモンパンです。

食パン

食パン

実は、食パンも販売しています(1斤295円+税〜)。分厚くカットして、小倉とバターをつけて味わうのも良いですね!

その他、さまざまな惣菜パンも販売しており、どれにしようか迷ってしまうほど!

ホッと心和む、温かみのある喫茶コーナー

ボン千賀の店内

入り口奥にある喫茶コーナー。昭和の雰囲気が広がる空間が魅力的です。ここではドリンクや販売している菓子パンをイートインすることもできます。

照明

ボン千賀の店内

ボン千賀の店内

ポップでかわいい照明や床は、つい写真を撮りたくなる!

ボン千賀の店内

昔ながらの椅子も味わいがあり素敵です。

喫茶メニュー

こちらが喫茶メニュー。コーヒーからジュース、アイスクリームなどいろんなメニューを用意しています。

まずオーダーしたのがコーヒー。豆菓子が一緒についてきて、さすが喫茶店!近所に住む常連さんの顔を見ただけでどのメニューを頼むかすぐに分かり、ミルクの量なども顔を見たらすぐに用意するそう。

ボン千賀

店内で購入した「パピロ」のバターパンと一緒に食べても◎。

そして次にオーダーしたのが、個人的にも大好きなクリームソーダ。最近では、このクリームソーダを求めてお客様が訪れることもあるそう。昔ながらのクリームソーダで、懐かしさを感じます。

これからも末長く愛され続けたい

菓子問屋に始まり100年以上の歴史がある「ボン千賀」。長く続いているからこそ、「昔から変わらない味」にこだわり続けています。

ボン千賀の店内

ここへ訪れる遠方の人の中には「豊橋に帰ってきた」と言う方も多く、懐かしさと嬉しさがパンや喫茶からあふれ出ています。

昔ながらの小さなパン屋だからこそ、照明などの古いものは修理をしながら大事に扱い「変わらない良さ」を演出し続けています。

今は若い人の来客も増えており、人気店になった「ボン千賀」。何世代にも渡りこれからも愛されるお店づくりをしたいです。と話してくれました。

豊橋のアイコンとも言える「ボン・千賀」。豊橋市民なら知らない人はいないくらい、昔からの老舗パン屋さんです。

豊橋駅前はここ数年開発が進み、いろんなビルが増えていますが、「ボン千賀」は変わらずにその場所にあり、前を通るだけでも「あぁ、豊橋に帰ってきたな」と誰もがホッと和む場所でもあります。

 

NEXT
【名古屋駅から徒歩3分】愛知県の素材・工芸に着想を得た、暮らすように滞在できる宿泊施設「セブンストーリーズ」
【名古屋駅から徒歩3分】愛知県の素材・工芸に着想を得た、暮らすように滞在できる宿泊施設「セブンストーリーズ」

泊まる

名古屋市・名駅
PREVIOUS
【ナサホーム】年間約7,750件の実績!妥協のない品質&サービスで叶える、理想のリフォーム
【ナサホーム】年間約7,750件の実績!妥協のない品質&サービスで叶える、理想のリフォーム

住まい

名古屋市・ささしま・昭和区

【ボン千賀】
住所   :豊橋市駅前大通1-28
電話   :0532-53-5161 
営業時間 :10:00〜21:00(現在はコロナのため営業時間が異なります)
定休日  :毎週日曜
駐車場  :なし

岩下 加奈

岩下 加奈

豊橋市在住のライター / 編集者

愛知県豊橋市在住。雑誌編集の専門学校を卒業し、10年ほど地元出版社に勤め、さまざまな媒体の編集長を経験。東三河エリアを中心とした住宅情報誌の編集長を勤める。2014年に独立し、名古屋や東京などの雑誌・WEBのライティングや、編集を行う。ライター・編集歴は15年以上で、年間1000件以上の取材をこなす。豊橋市市役所広報アドバイザー、東三河の魅力を発信する講師活動、審査員なども務める。

https://www.infoalii.com

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
ALESCO

特集一覧へ

Nuqu