《実食レポ》日本初上陸!フレンチタコス専門店「ボンタコス」が名古屋にオープン

タコス
名古屋 中村区 名駅
2022.04.01
《実食レポ》日本初上陸!フレンチタコス専門店「ボンタコス」が名古屋にオープン
PR

2021年10月、日本国内初のフレンチタコス専門店「BONTACOS(ボンタコス)」が「イオンモール Nagoya Noritake Garden」にオープンしました!

フレンチタコスは名前に”タコス”とついてはいますが、メキシコの”タコス”とはまったくの別物。フランスで人気のケバブから派生したもので、フライトポテト・チーズ・野菜などの具材をトルティーヤで巻き、グリラーで挟んで焼き上げます。さっくりと焼き上げた生地からチーズがとろ〜りと溢れる、新感覚のファースフードです。

今回は、気になるフレンチタコスのつくり方から、ボンタコスのおすすめ商品まで、たっぷりとレポートしていきます。

フランス生まれの新しいファーストフード
「フレンチタコス」とは?

ボンタコス

フランス・リヨン発祥と言われるファーストフード「フレンチタコス」。フライドポテト・チーズ・野菜などの具材をトルティーヤで巻き、グリラーで挟んで焼き上げます。

フレンチタコスのはじまりはメキシコの「タコス」ではなく、実はフランスで人気の「ケバブ」。フランスではケバブを挟むパンをさまざまな種類から選ぶことができ、そのひとつがトルティーヤ(ギャレット)だったのがはじまりです。

フランスの若者を中心に人気が高まり、今やフランスのみならず、イギリス・アメリカ・ブラジル・ベトナムなど世界各地に広がっている、大注目のファーストフードなんです。

「BONTACOS(ボンタコス)」とは?

ボンタコス

ボンタコスは、福岡・博多で人気のビストロ店「Bistro en cocotte」のオーナーシェフ・大崎さんがフランスでフレンチタコスに出会ったことからはじまります。

本場のフレンチタコスを再現したいとオリジナルの具材やソースを開発し、試作と改良を重ね、2020年7月にフレンチタコスとフレンチ総菜のテイクアウトショップ「ボンタコス博多本店」をオープン。瞬く間に話題を集め、2021年10月に日本国内初のフレンチタコス専門店「BONTACOS(ボンタコス)」が「イオンモール Nagoya Noritake Garden」にオープンしました。

ボンタコス

ボンタコスでは、本場フランスと同じスタイルのフレンチタコスが味わえます!

一番の特徴はベテランのフレンチシェフが何度も何度も試作を重ねたフィリング(具材)とソース。ファーストフードとは思えないほど、手作りにこだわった絶品の味わいです。

1個約250gのボリューム感も魅力。本場フランスと比較すると小さめですが、それでも一般的なハンバーガー2個分以上のボリュームです。

日本初上陸!フレンチタコス専門店
「ボンタコス」

ボンタコス

ボンタコス

※撮影のためにマスクを外しています

「ボンタコス名古屋則武新町店」にやってきました!

今回は、気になるフレンチタコスの作り方から、ボンタコスのおすすめ商品まで、たっぷりとレポートしていきます。

ボンタコス

ボンタコス

「ボンタコス名古屋則武新町店」があるのは、「イオンモール Nagoya Noritake Garden」3Fにあるフードコート「FOOD FOREST」。フードコートの入り口付近なので、わかりやすいですよ!

お好みのスタイルをチョイス!

ボンタコス

ボンタコスでは王道のフレンチタコスはもちろん、4つの食べ方からチョイスできます。

・ボンタコス
小麦粉が原料のフラワートルティーヤで、フィリング・ソース・チーズを巻き上げ、グリルで焼き上げた王道のフレンチタコス。

・サラダラップ
フラワートルティーヤでレタス・オニオン・ニンジン・キャベツ・レッドキャベツなどの新鮮野菜とフィリングとソースを巻き上げたヘルシーなスタイル。

・ライスボウル
温かいジャスミンライスの上に新鮮野菜・フィリング・ソースをかけたボンタコス版のタコライス。

・サラダボウル
ライスボウルのジャスミンライスをすべて新鮮野菜に置き換えた、野菜がたっぷり摂れる糖質OFFな一品。

モバイルオーダーなら、カスタムも可能ですよ!

ボンタコスの「フレンチタコス」ができるまで

ボンタコス

ボンタコス

ボンタコスでは注文を受けてから、一つひとつトルティーヤを巻きます。まずはトルティーヤに、フィリングや野菜などの具材をたっぷりとのせていきます。

ボンタコス

チーズも具材もたっぷり!

ボンタコス

クルクルと巻いて、準備完了です。

ボンタコス

ボンタコス

ここからがメキシコのタコスにはない、大きな特徴!

グリラーで挟んで焼き上げていきます。

ボンタコス

数分焼き上げて、香ばしい香りと共にフレンチタコスの完成です!

ボンタコスのおすすめ商品BEST3
実食レポート

ボンタコス

ボンタコスのおすすめ商品BEST3を実食レポートしたいと思います!

BEST1:フレンチタコス(ビーフミンチ)

一番人気はフレンチタコスの「ビーフミンチ」。

ニンニクやチリパウダーで味付けした赤身の牛ミンチとチーズがたっぷり入った、王道のフレンチタコスです。本場フランスで定番の「ポムフリット(フライドポテト)」もサンドされています。

見てくださいこのボリューム!!家族や友達とシェアしても良さそうです。

食べる前は「フレンチタコスって普通のタコスと何が違うんだろう?」と疑問でしたが、一口食べてみるとその違いに納得。

サクッとした生地の中に、熱々の具材がたっぷり。これは初めての味わいです。ポムフリットが良いアクセントになっています。ビーフミンチとチーズの組み合わせが絶品!

BEST2:サラダラップ(エビアボカド)

女性人気No.1なのが、サラダラップの「エビアボカド」。

海老のぷりっぷりの食感とアボカドのマイルドさがベストマッチ。ソースは、スペイン産燻製パプリカパウダーと食欲をそそるニンニクが特徴の「パプリカガーリック」で。

大きな海老がたっぷり!!食べ応え抜群です。

新鮮な野菜もたっぷりサンドされているので、とってもヘルシー。野菜をしっかり摂りたいという方におすすめです。

BEST3:ライスボウル(フライドチキン)

ライスボウル(フライドチキン) ¥680

ランチに大人気なのがライスボウルの「フライドチキン」。新メニューとして登場しました。

温かいジャスミンライスの上に新鮮野菜・フィリング・ソースをかけたボンタコス版のタコライスです。+¥20で温玉もプラスできますよ!

ボンタコスでは米の2大品種の一つであるインディカ種(タイ米)の最上級とされるジャスミンライスを使用。フィリングやソースと合わせてもベタベタとせず、さらさらっと食べられます。

野菜やフィリングもたっぷり!これ一皿で満遍なく栄養がとれるのも嬉しいですね。個人的にはピリッとしたソース「サムライ」にカスタムするのもおすすめ!(※サラダラップ、ライスボウル、サラダボウルは店頭注文でソース選択できます。)

1971年ロンドンで生まれた「COSTA COFFEE(コスタコーヒー)」も味わえます。イギリスで2,700店舗を誇る欧州最大のカフェブランドです。

今回は​​日本国内初のフレンチタコス専門店「BONTACOS(ボンタコス)」をご紹介しました。もちろんテイクアウトも可能ですが、ぜひ店頭でできたての熱々を召し上がってみてくださいね。フィリングの種類も豊富なので、何度も足を運びたくなるはず!

スポット詳細

【ボンタコス 名古屋則武新町店】
住所   :愛知県名古屋市西区則武新町3丁目1番17号
      イオンモール Nagoya Noritake Garden
      3F フードコート(FOOD FOREST)内
電話番号 :052-526-0073
営業時間 :10:00〜21:00
定休日  :年中無休

https://www.bontacos.com/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

おすすめスポット