MENU SEARCH

ワクワク・楽しいがギュッっと詰まった!今までにないローカルスーパー「一期家一笑(いちごやいちえ)」

グルメ

愛知県・豊橋市
2019.02.18
岩下 加奈

岩下 加奈

豊橋市在住のライター / 編集者

ワクワク・楽しいがギュッっと詰まった!今までにないローカルスーパー「一期家一笑(いちごやいちえ)」

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

私たちの暮らしになくてはならない「スーパー」。「このスーパーがおもしろい!」と全国からも注目を集めているのが、豊橋市にある超ローカルスーパー「一期家一笑(いちごやいちえ)」。小さなスーパーながら、子連れに大人気のカフェスペースや、昼すぎには売り切れてしまうデリなど、“ワクワク・ドキドキ”する、空間を私たちに届けてくれます。

一期家一笑の外観

小さな路地裏にある「一期家一笑」。創業は昭和25年で、老舗八百屋として地域に愛され続けています。現在3代目のオーナーが切り盛りしており、3年前に店舗をリニューアル。白を基調としたシンプルな佇まい、テラスなど、一見カフェのような雰囲気に心踊ります。

一期家一笑の店内

野菜の棚

店内には、旬の野菜や果物がずらりと並んでいます。陳列方法やポップなど、どれもおしゃれで可愛い!木箱を使ってフルーツを置いたり、手書きのポップで野菜をPRしたりと、雑貨屋さんにきたかのような感覚になります。

デリ・お弁当コーナー

一期家一笑の中でも、特に大人気なのがこのデリ・お弁当コーナー。昼すぎにはなくなってしまうメニューも多く、お昼時になると子連れママさんや、OLさんの姿も多く見受けられます。

カフェスペース

キッズコーナー

店内にはカフェスペースやキッズコーナーもあり、お弁当やデリのイートインはもちろんのこと、店内のカフェメニューも楽しむことができます。

NEXT
レトロでかわいい!INAXライブミュージアムにて「和製マジョリカタイル」展が開催中
レトロでかわいい!INAXライブミュージアムにて「和製マジョリカタイル」展が開催中

アート

愛知県・常滑市
PREVIOUS
【スウェーデンの暮らし】氷点下の景色と極夜の季節
【スウェーデンの暮らし】氷点下の景色と極夜の季節

海外

スウェーデン

【一期家一笑】
住所   :愛知県豊橋市下地町境田67-3
電話   :0532-52-9657 
営業時間 :10:00〜19:00
定休日  :日曜
駐車場  :あり
http://ichigoyaichie.p2.weblife.me

岩下 加奈

岩下 加奈

豊橋市在住のライター / 編集者

愛知県豊橋市在住。雑誌編集の専門学校を卒業し、10年ほど地元出版社に勤め、さまざまな媒体の編集長を経験。現在も東三河エリアを中心とした住宅情報誌の編集長を勤める。2014年に独立し、名古屋や東京などの雑誌・WEBのライティングや、編集を行う。ライター・編集歴は15年以上で、年間1000件以上の取材をこなす。豊橋市市役所広報アドバイザー、東三河の魅力を発信する講師活動、審査員なども務める。

https://www.infoalii.com

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
ととbaby

特集一覧へ

クラブナージ