MENU SEARCH

宝物のように思える「一品」と出会える場を。伊勢神宮内宮前の雑貨店「ichishina(いちしな)」。

インテリア

三重県・伊勢市
2019.05.17

宝物のように思える「一品」と出会える場を。伊勢神宮内宮前の雑貨店「ichishina(いちしな)」。

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

三重県伊勢市で、オリジナルプロダクトを製作している「ichishina(いちしな)」。「一生一品」をコンセプトに、いつの時代でも変わらず、大切に使ってもらえるものをセレクト、オリジナルで製作したアイテムを扱う雑貨店です。

今回は、ichishinaの魅力をたっぷりとお伝えしていきます。後半では伊勢神宮へ参拝に行ったら買って帰りたくなるアイテムもご紹介してきますよ!

1とデザインされた暖簾がお店の目印です。

ichishina内宮店があるのは、伊勢神宮(内宮)の鳥居から徒歩1分ほどの場所。こちらの店舗では、三重県の作家さんを中心としたアイテムをメインに取りそろえています。

大正時代に創業。
はじまりは「伊勢うどん」から。

ichishina 高田さん今回お話をお伺ったデザイナーの高田弘介さん。

奥野屋

伊勢うどん

最初に、ichishinaの経歴から伺いました。

高田さん:「ichishinaを運営する「奥野家」は、1910年(大正2年)に初代・奥野佐吉が伊勢神宮外宮前で伊勢うどんを振る舞ったことからはじまります。現在の場所に移転したのが、3代目のときです。当時は飲食業のほかに旅館の運営もしていました。

ichishinaが誕生したのは2008年のことです。伊勢神宮の土産だけでなく、日常生活で長く大切に使っていただけるプロダクトを提案する雑貨店として「ichishina」をオープンしました。現在では、飲食業、雑貨店以外にもギャラリーや、年に1回全国の作家さんを集めた「クラフトフェア」を開催しています。」

ichishinaに隣接する「牛ステーキ おく乃」

一生かけて大切にしたいと思えるものを

いちしな

いちしな

いちしな 伊勢

高田さん:「僕らのコンセプトは「一生一品」です。一生大切にしたいと思える、シンプルで長く大切に使ってもらえるものをセレクトしています。ものとの出会いも縁だと思いますので、持ち主にとって宝物のように思える「一品」に出会える場所を目指しています。

雑貨店は現在、内宮前店と船江店があり、内宮前店では三重県の作家さんを、船江店では県外の作家を中心にセレクトしています。他にも作家さんと共同でデザインしたプロダクトや、ichishinaオリジナルアイテムもそろえています。自分のために、贈り物としてもよろこんでいただけるはずです。」

NEXT
染物の魅力に触れる。ローカルストーリーを伝える衣料品店「渦〜UZU〜」
染物の魅力に触れる。ローカルストーリーを伝える衣料品店「渦〜UZU〜」

ファッション

愛知県・西尾市
PREVIOUS
日常から少し足を伸ばし、 独特な世界観と緑のさえずりを。 CAFE SNUG(カフェスナッグ)
日常から少し足を伸ばし、 独特な世界観と緑のさえずりを。 CAFE SNUG(カフェスナッグ)

カフェ

三重県・菰野町

【ichishina内宮前店】
住所  :〒516-0024 三重県伊勢市宇治今在家町18
営業時間:10:00-16:30(※日によって前後する場合がございます)
定休日 :年中無休(臨時休業有り)
電話番号:0596-27-1447
http://ichishina.com/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
ワンダーホーム

特集一覧へ

クラブナージ