日本昔話に出てきそうな、茅葺き屋根が印象的な和カフェ。「自然処 (じねんじょ)」|岐阜・可児

2019.4.24
自然処 (じねんじょ)

岐阜県可児市御嵩町にある「自然処 (じねんじょ)」をご紹介します。茅葺き屋根の古民家で、店名の通り、自然薯料理をはじめ、やさしい味わいの日替わりランチがいただける和カフェ。可児・土岐方面へのドライブの際におすすめしたいスポットです。

 

自然処 (じねんじょ)

 

茅葺屋根の古民家

 

茅葺き屋根が印象的な古民家は、田舎の家で寛ぐような懐かしい気持ちにさせてくれます。

 

自然処 (じねんじょ)

 

看板

 

場所は、名鉄広見線「御嵩」駅から3kmほど、国道21号線沿いにあります。のどかな風景の中に現れる茅葺き屋根と、道沿いに置いてある「ランチ880円」という看板が目印。かなり風景に溶け込んでいるので、通り過ぎないように注意です!

 

駐車場


駐車場は、お店の前に3台、店舗東側に4台。合計7台分あるのでドライブでも安心◎

 

 

囲炉裏のある和風な店内

 

囲炉裏のある店内

 

玄関の引き戸を開けると土間には、囲炉裏(いろり)があります。炭の焼ける匂いが、なんとも懐かしい。右側には、お一人様でも訪れやすいカウンター席がありました。

 

囲炉裏のある小上がり

 

囲炉裏


小上がりにも囲炉裏が。なかなか普段の生活の中では、囲炉裏のある空間で過ごすことはないですよね。

 

座敷の部屋

 

左奥にも座敷の部屋。古民家風ではなく、これぞ古民家カフェ!

 

テラス席

 

テラス席

 

これからの暖かい時期におすすめなのが、こちらのテラス席。目の前には、のどかな田園風景が広がります。こうしたのんびりとした時間は、街中では味わえません。

 

 

やさしい味わいの日替わりランチ

 

じねんじょとろろめし定食
じねんじょとろろめし定食 ¥1,100

 

では、さっそくランチをいただいてみましょう。ランチタイムは、11:30〜14:00まで。ちなみに、8:30〜11:00はモーニングサービスもあります。

 

こちらは、店名にもなっている自然薯料理を手軽に楽しめる「じねんじょとろろめし定食」。自然薯は、古来より滋養強壮食として珍重され「山菜の王者」と呼ばれ親しまれてきました。疲労回復・虚弱体質の改善・食欲増進・免疫力を高める効果があるのだとか。

 

じねんじょとろろめし定食

 

自然薯のとろろは、粘り気がしっかりとあり、箸でつかめるほど濃厚でした。出汁と醤油で味付けがしっかりとされているので、白米との相性もたまりません。

 

小鉢

 

小鉢

 

ランチには、メインの他に小鉢が2品ついてきます。この日は、かぼちゃの煮物と春雨サラダでした。

 

日替わりランチ
日替わりランチ ¥880


日替わりランチは「自家製ハンバーグ」。注文をしてから焼き上げるので、アツアツをいただくことができますよ。10分ほど待機です!

 

自家製ハンバーグ

 

手ごねの食感が味わえる、ほっこりするハンバーグ。たまにこうした家庭的なハンバーグって食べたくなりますよね。

 

食後のコーヒー
食後のコーヒー ¥200

 

ランチのあとは、ティータイムも楽しみましょう。

 

本日のケーキ
本日のケーキ ¥350 (ミニサイズは¥200)


本日のケーキは、シフォンケーキでした。アイスとの相性が抜群!

 

手作りぜんざい手作りぜんざい ¥450 (ミニサイズ¥300)

 

大きめのお餅が2つも入っていました。塩昆布の付け合わせがうれしいポイント。大豆のかたさと甘さもちょどよく、ほっこり癒されました。

 

自然処 (じねんじょ)

 

日本昔話の中に入ったかのような気分を味わえる自然処。日替わりランチは、田舎のおばあちゃん家のようなやさしい味わいでした。街中のにぎやかさを忘れてのんびりしたい。そんな方におすすめの和カフェです。可児・土岐方面へ行かれた際は、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

 

【和カフェ 自然処(じねんじょ)】
住所   :岐阜県可児郡御嵩町中切1381-1 MAP
電話番号 :0574-50-1025
営業時間 :8:30〜14:00
定休日  :日曜日・祝日
駐車場  :7台

https://tabelog.com/gifu/A2102/A210203/21011643/