MENU SEARCH

岐阜県可児市にある世界有数の規模を誇るバラ園「ワールド・ローズガーデン」に行ってきました。

おでかけ

岐阜県・可児市
2021.05.18

岐阜県可児市にある世界有数の規模を誇るバラ園「ワールド・ローズガーデン」に行ってきました。

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

「ワールド・ローズガーデン(旧花フェスタ記念公園)」はバラや季節の花々が鑑賞できる世界有数の規模を誇るテーマパークです。敷地約80万平方メートルの園内には、地上45mの高さから園内を一望できる「花のタワー」多種多様な植物を使用したガーデンショーを行う「花の地球館」、岐阜県下有数の「大型複合遊具」などがあります。

そこで今回は、ネモフィラガーデンが見頃を迎えたということで実際に見に行ってきました。園内の魅力をたっぷりとご紹介していきます。

ワールド・ローズガーデンってどんなところ?

花フェスタ

花フェスタ

花フェスタ

岐阜県可児市にある「ワールド・ローズガーデン」は、1995年(平成7年)に開催された花の博覧会「花フェスタ’95ぎふ」の会場を岐阜県が再整備し、1996年(平成8年)4月に再オープンした県営の都市公園です。原種から世界中の最新品種までバラエティ豊かなバラを植栽。
春と秋には「バラまつり」を開催し、期間中はバラの魅力を存分にあじわうことができます。

また、春はネモフィラガーデン、夏はひまわり、秋はコスモス、ケイトウなど、年間を通して季節の植物を楽しめるのも大きな魅力です。

入園料金&アクセス

花フェスタ
「ワールド・ローズガーデン」へのアクセスは、名古屋方面から車で約60分。電車ですと、JR「可児駅」・名鉄「新可児駅」からはバスもしくタクシーで向かうのがおすすめです。

▼詳しいアクセスはこちらから
https://www.hanafes.jp/guide/#%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%B9

<入園料金>
※料金は変動します。(TOPページに本日の入園料金の記載あり)

▼入園料金の確認はこちらから
https://www.hanafes.jp/

<混雑する時間帯>
・9〜11時:混雑しはじめる
・11〜14時:ピーク
・14時〜 :スムーズ

ウェルカムガーデン

「ワールド・ローズガーデン」へ到着して最初のスポットが、「ウェルカムガーデン」です。

訪れた日はまだバラの開花前だったので、少し寂しいですが、ローズペイサージュガーデンとしては世界最大規模。18品種約5,500株のバラが植栽されています。 手前から奥に向かってゆるやかに上がる広大な斜面には、見渡す限りバラが開花し、写真スポットとしてもおすすめです。

※ローズペイサージュとは、フランス語で「景観をつくるバラ」を意味。


バラが見頃の時期に訪れるとこのようにうつくしい姿で、訪れる人を出迎えてくれます。

春バラを告げる「カナリーバード」

バラの見頃は5月〜ですが園内で最初に咲くバラが見れるということで、「水とバラの庭」へ行ってみることに。スタッフさんからの情報を元に、園内で唯一咲いているバラを探します。

見つけました〜〜!

早咲きのバラ「カナリーバード」です。毎年、4月中旬には咲き出すのだとか。その名の通りカナリアが群れているような可愛らしい花がたくさん咲きます。一重の花が枝に連なって咲く様子は見事です。

一年中花と緑が楽しめる「花の地球館(大温室)」

「花の地球館(大温室)」へやってきました。こちらでは、多種多様な植物を展示し、一年を通して花と緑が楽しめる大温室です。

現在はスプリングガーデンショー「Flower Farm」(4/24~6/13)が開催中です。

温室内では、展示に合わせた心地よい音楽が流れています。音に身を委ねながら、お花たちに、囲まれて散策していると、身も心もとっても幸せな気持ちになります。

ぜひ一つひとつの花にも目を向けてみてくださいね。

公園一面に咲き誇る花々を一望できる。「花のタワー」

続いて向かったのは「花の海に浮かぶ船」をイメージした高さ45mの展望タワー「花のタワー」です。

こちらのエレベーターで屋上デッキへ向かいます。


ガラス張りの展望室と屋上デッキでは、季節の花と緑に彩られた園内や、晴れた日には乗鞍岳や恵那山まで一望できます。


春秋のバラシーズンにはレストランもオープン。「花の海」に浮かぶ空中散歩とともに、ここでしか食べられないエディブルフラワーを使ったスペシャルメニューがいただけますよ。

【レストラン「フラワータワー」】
営業期間:4/29~6/13

東の大花壇「ネモフィラガーデン」

今回の目的地「ネモフィラガーデン」にやってきました〜!

思わず歓喜の声がでてしまうほどの絶景です!辺り一面がブルーに染まった海のようです。

広さ3,000㎡の花壇におよそ8万株のネモフィラを植栽。「ネモフィラガーデン」以外にも2万株植えられているのだとか。あまりのうつくしさに、時間を忘れて見入ってしまいます。

一面爽やかに広がるネモフィラの青と空の色が重なり、なんとも言えないうつしい青のグラデーションになります。想像以上の絶景にすっかりと心奪われました。

園内ではネモフィラと合わせて、チューリップとのコラボレーションも。とってもかわいいです!

「ネモフィラガーデン」へ続く園路沿いには「ネモフィラロード」と呼ばれる三角形の花壇が。こちらもぜひチェックしてみてくださいね。

満開の「チューリップ」

チューリップも見頃を迎えていました。園内の至る所に植栽されており、歩きながら春の訪れを感じます。

チューリップは、花びらが「王冠」、尖った葉っぱが「剣」、球根を「財産」を表しているといわれ、男性に愛される女性の象徴として扱われるようになったと言われています。色別で花言葉も違うので、好きな意味を見つけてみるのもおすすめです。

ロードトレイン 「ポッポ」に乗ってみよう!

「お子様連れの方」「園内をサクッと巡りたい方」「歩き疲れたとき」などにおすすめなのが、園内を走るロードトレイン「ポッポ」。1周約20分で園内を周ることができ、車窓から眺める景色もまた別格です。

※料金/中学生以上は1乗車300円(小学生まで無料。小学生以下は保護者同乗。)
※所要時間/約20分

実際に乗車してみると、窓から入ってくる風は心地よく、花や緑はうつくしく、とても楽しめました。

グルメを堪能しよう!

おなかが空いたら、「ウェルカムガーデン」を一望できるレストラン「ザ・センターコート」へ行ってみましょう。

ここでは、ランチメニューのほか、カフェタイムにぴったりの香り高いコーヒーや紅茶、お皿のデコレーションが記念になる「大人のローズパフェ」などがいただけるんです。

粗びきボロネーゼ

ボンゴレビアンコ

大人のローズパフェ (2人用)

じゃ〜ん!こちらが、大人気の「大人のローズパフェ」です。ボリューム満点なので、グループでシェアして食べるのがおすすめですよ。

バラの開花時期には、テラス席がマスト!世界最大規模の「ローズペイサージュガーデン」を観賞しながら、優雅なひとときを過ごせます。

このほかにも、岐阜県産の食材にこだわったメニューを豊富に取り揃えている「グラウスダイニング」もあるので、チェックしてみてくださいね。

子どもたちに大人気!
「大型複合遊具」&「ふわふわドーム」

園内にはお子さんが自由に走り回って遊べる場所もあります!リニューアルした大型複合遊具はなんと、岐阜県下最大規模!

幅、奥行ともに30mを超え、高さも最大10mを超える本格的な遊具。中央のタワーを中心に、高さや滑り心地の違う7本のスライダーやロッククライムなど、40種類ものさまざまな遊びのアイテムが子どもたちの好奇心や挑戦心をかき立てます。

全方向から見やすい構成なので、保護者の方も安心して見守れます。遊具の近くには休憩スペースも完備していますよ。


「ふわふわドーム」も大人気!こちらは、空気によってドーム状に膨らんだ幕の上で、トランポリンのように跳ねて遊ぶ遊具です。 まるで、雲の上でふわふわジャンプしているみたいです。

NEXT
【スウェーデンの暮らし】アンティーク品も沢山!スウェーデン人の生活に深く根付く”セカンドハンド”

海外

スウェーデン
PREVIOUS
マンホールで名古屋をPR?!公募デザインマンホール蓋を巡ろう

おでかけ

名古屋市・北区

【ワールド・ローズガーデン(旧花フェスタ記念公園)】
住所  :岐阜県可児市瀬田1584-1
開園時間:公式HPをご確認ください
休園日 :毎週火曜日(火曜日が休日の場合はその翌平日)
     年末年始(12月29日~1月3日)
料金  :料金は変動します。(TOPページに本日の入園料金の記載あり)
https://www.hanafes.jp/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
ALESCO

特集一覧へ