MENU SEARCH

【寺社仏閣特集】京都に行ったら絶対に行きたい。京都最強のパワースポット上賀茂神社

おでかけ

京都府
2018.08.22

【寺社仏閣特集】京都に行ったら絶対に行きたい。京都最強のパワースポット上賀茂神社

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

今回は「寺社仏閣特集」として、京都最強のパワースポット上賀茂神社をご紹介します。

世界各国からさまざまな人たちが訪れる古都京都。京都には17の世界遺産が点在しており、中でもおすすめなのが『上賀茂神社』です。国宝・文化財の宝庫とも言われており、春には京都三大祭の1つとして知られている「葵祭(あおいまつり)」でも有名です。

正式名称は賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)、もともとは下鴨神社とともに、一つの神社でしたが、分社したことで双方を区別するために上賀茂神社と呼ばれるようになりました。

上賀茂神社の歴史

御所舎御所舎

まずは簡単に上賀茂神社の歴史からお話します。

上賀茂神社の創建に関しては諸説言い伝えられえており、社伝によると神代の昔、賀茂別雷命(かもわけいかづちのみこと)が、上賀茂神社のご神体である神山(こうやま)に降臨。その神を現在の地に祀ったことが創建の始まりとされています。その後678年(天武天皇7年)に現在の社殿の基となる社殿を建てたと言い伝えられています。

また、「山城国風土記」によると、賀茂別雷命(かもわけいかづちのみこと)の母、玉依姫(たまよりひめ)が身を清める儀式をしている際に、上流から流れてきた丹塗(にぬり)の矢を拾い、床に置いたところ、ご懐妊し御祭神である賀茂別雷命が誕生。のちに玉依姫(たまよりひめ)の兄である玉依比古(たまよりひこ)の子孫が加茂県主となり賀茂別雷命(かもわけいかづちのみこと)を祀ったことが始まりとも言い伝えられています。

本殿

もともと、上賀茂神社と下鴨神社は一つの神社として存在していましたが、750年(天平勝宝2年)頃、朝廷によって、分社を命じられたことで、下鴨神社が成立します。

807年(大同2年)には神社における神階の最高位、正一位を授かったことで伊勢神宮に次ぐ地位が与えられ、806年(大同元年)には葵祭が開催されるようになります。京都で一番古い神社として、現在まで多くの信仰を集めています。

NEXT
たった1.5時間で壁紙が貼れるように!WallBeの『輸入壁紙の貼り方教室』に参加してきました。
たった1.5時間で壁紙が貼れるように!WallBeの『輸入壁紙の貼り方教室』に参加してきました。

インテリア

愛知県・海部郡
PREVIOUS
庭づくりとは、木や花を植えることだけじゃない。自分にとって心地いい場所をつくること。(平山庭店)
庭づくりとは、木や花を植えることだけじゃない。自分にとって心地いい場所をつくること。(平山庭店)

住まい

愛知県・一宮市

【上賀茂神社】
住所:京都市北区上賀茂本山339
http://www.kamigamojinja.jp/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
ホームページ制作 アライブ株式会社

特集一覧へ

ととbaby