MENU SEARCH

いま菰野町がアツい!名古屋から1時間で行ける自然豊かな三重県・菰野町おすすめスポット

おでかけ

三重県・菰野町
2020.01.14

いま菰野町がアツい!名古屋から1時間で行ける自然豊かな三重県・菰野町おすすめスポット

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

鈴鹿山脈が広がる御在所ロープウェイや、湯の山温泉をはじめとする自然豊かな三重県・菰野町。ここ最近おしゃれな人たちの間で、菰野町が人気のエリアとして大注目されているんです。その魅力はなんと行ってもアクセスのよさ。名古屋から車で1時間弱で着いてしまうため、日帰りでも楽しめるとあって、人気を集めています。

今回は、定番の観光スポットから、今すぐ菰野町へ行きたくなるカフェやライスタイルショップなど、おすすめスポットをご紹介します。ぜひ週末のお出かけの参考にしてみてくださいね!

菰野町ってどんな町?

御在所

三重県菰野町は、三重県の北勢部にある人口4万人の町です。県内最大の都市、四日市に接しており同市街地まで約10km、また名古屋中心街へは約40kmの位置にあります。

菰野町といえば、「湯の山温泉」と「御在所岳」しかないんじゃないの?って思われる方も多いかと思いますが、そんなことはありません。歴史的、文化的な観光スポットはもちろん、おしゃれなカフェやセレクトショップなど、わざわざ訪れたくなるようなスポットが満載なんです。

それではさっそく行ってみましょう〜!

300年の歴史を持つ萬古焼を食卓に。「かもしか道具店」

御在所

菰野町へ行ったらぜひ訪れていただきたいのが、萬古焼の窯元・山口陶器が2014年に立ち上げたブランド「かもしか道具店」です。

緑の田んぼの中に、リノベーションされた倉庫が姿をあらわします。目の前には「鈴鹿セブンマウンテン」が広がり、その中でも一番大きな山・御在所岳がずっしりとかまえています。

▼300年の歴史。三重県菰野町の萬古焼を食卓に。「かもしか道具店」
https://life-designs.jp/webmagazine/kamoshika-douguten/

かもしか道具店

萬古焼とは三重県の代表的な地場産業で、1979年に国の伝統工芸品に指定されました。四日市市・菰野町に集積する窯元のつくる食器や急須は、国内だけでなく海外でも親しまれ、土鍋の国内シェアは、80%以上を占めています。

かもしか道具店のブランドコンセプトは「食卓を通じ幸せを届ける」。商品は、シンプルな中にも、毎日の食卓が楽しくなる工夫が随所に盛り込まれています。

店内には「かもしか道具店」の商品だけでなく、菰野町と四日市市にある4つの萬古焼の窯元からなる「4th market」の商品や、セレクトの商品もあるのでぜひ合わせてチェックしてみてくださいね!

【かもしか道具店】
住所   :三重県三重郡菰野町川北2834-2
電話番号 :059-327-6555
営業時間 :平日10:00〜17:00/土日祝10:00〜18:00
定休日  :毎週木曜日
     ※ゴールデンウィーク、年末年始などの営業については、ブログ、SNSで随時お知らせ
駐車場  5台

https://www.kamoshika-douguten.jp/

▼Instagram
https://www.instagram.com/kamoshika_douguten/?hl=ja
▼facebook
https://www.facebook.com/%E3%81%8B%E3%82%82%E3%81%97%E3%81%8B%E9%81%93%E5%85%B7%E5%BA%97-286389745139894/

都会の喧騒を忘れさせてくれるカフェ
「CAFE SNUG(カフェスナッグ)」

CAFE SNUG(カフェスナッグ)

自然豊かな菰野町ならではのカフェが、「CAFE SNUG(カフェスナッグ)」。近鉄湯の山線「大羽根園」駅から、線路添いを5分ほど山へ向かって歩くと、林の向こうにお店が見えてきます。

▼日常から少し足を伸ばし、 独特な世界観と緑のさえずりを。 CAFE SNUG(カフェスナッグ)
https://life-designs.jp/webmagazine/cafe-snug/

CAFE SNUG(カフェスナッグ)

扉を開けると、遠い異国の地に訪れたような、それでいてどこか懐かしさを感じる、独特な空間が広がっています。オーナーさんが映画監督「ウェスアンダーソン」が好きなことから、空気感もどことなく、ウェスアンダーソンの世界を感じます。

イングリッシュブレックファースト ¥1,380(税込)

イングリッシュブレックファースト ¥1,380(税込)

スナッグランチセット ¥1,350(税込)

スナッグランチセット ¥1,350(税込)

アイシングクッキー

アイシングクッキー

スナッグでは、モーニング・ランチ・ディナーに加えて、焼き菓子やジャムの販売、フードのテイクアウト、オーダーのアイシングクッキーやケーキと、お客様の要望に幅広く対応されていますよ。

どの時間に訪れても、こだわりのメニューに出会えるのはうれしいですよね。

アイシングクッキー

お庭もとても素晴らしいので、四季を感じながらすてきな時間を過ごしてみてくださいね。

【CAFE SNUG(スナッグ)】
住所  :菰野町菰野4227-1
電話番号:059-393-2285
営業時間:月・火・水 9:00〜18:00 金・土 9:00〜22:00
定休日 :水曜日・木曜日
駐車場 :お店の前と裏手にあり。
http://cafesnug.petit.cc/pineapple1/

子どもも大人も楽しめる!森の中の
アウトドアパーク「フォレストアドベンチャー・湯の山」

フォレスト

元気よく体を動かしたい!という方におすすめなのが、自然共生型アウトドアパーク「フォレストアドベンチャー・湯の山」。

長さ100mを超える「ジップスライド」や、高さ約10mから飛び降りる「ターザンスイング」。森という非日常の空間で、スリル・爽快感・達成感を味わえるアウトドアパークです。

▼三重県初上陸。大人も楽しめる森の中のアウトドアパーク「フォレストアドベンチャー・湯の山」を徹底レポート!
https://life-designs.jp/webmagazine/fa-yunoyama-foret-aventure/

フォレスト

フォレスト

フォレストアドベンチャーは、フランス発祥の「自然共生型アウトドアパーク」。フランスのアルタス社が開発したフォレストアドベンチャーは、1997年に企業研修用の施設として誕生しました。

その楽しさが外部に広がり一般公開され、現在ではヨーロッパをはじめ世界で250箇所以上の施設があります。日本では、2006年8月に富士山麓の標高1,100mの森に第1号のパークがオープンしました。

フォレスト

このように手をつないで一緒に滑ることもできますよ。手をつないで滑ることができる「ダブルジップスライド」は、現状湯の山・フォレストアドベンチャーだけ。樹木が奇跡的な位置にあったことで可能になった、奇跡のジップスライドなんですよ!

ちなみに、パーク内へのカメラやスマートフォンの持ち込みは自己責任であればOK!写真や動画撮影も楽しんでみてくださいね。(落下の可能性があるので、ポーチのある服装がおすすめ)

フォレスト

森の中でスリルと爽快感を楽しみたい方はぜひ「フォレストアドベンチャー・湯の山」へ行ってみてください。子どもも大人も、目一杯カラダを動かして遊べるスポットです。

【フォレストアドベンチャー・湯の山】
住所   :三重県三重郡菰野町菰野4958
電話番号 :059-340-7739
受付時間 :9:00~15:00
定休日  :不定休
駐車場  :あり

https://fa-yunoyama.foret-aventure.jp/

▼Instagram
https://www.instagram.com/forestadventure_yunoyama/

・利用料金
 大人・子供3,600円(価格には税・保険料が含まれています)

・利用条件
 小学4年生もしくは身長140cm以上、体重130kg以下
 ※18歳未満の方は必ず保護者(18歳以上)と一緒に参加(高校生のご利用の場合は、保護者 の同伴は必要ありませんが、誓約書のご記入と地上からの付き添い)

NEXT
“ほんの少しの非日常を”。新たな瀬戸焼を次世代に伝える「make my day(メイクマイデイ)」
“ほんの少しの非日常を”。新たな瀬戸焼を次世代に伝える「make my day(メイクマイデイ)」

インテリア

名古屋市・久屋大通
PREVIOUS
ワクワク楽しい、色使い豊富な器が揃う。一社にあるセレクトショップ「Anchor Bridge(アンカーブリッジ)」
ワクワク楽しい、色使い豊富な器が揃う。一社にあるセレクトショップ「Anchor Bridge(アンカーブリッジ)」

インテリア

名古屋市・一社

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
ワンダーホーム

特集一覧へ

城山館