江南で見つけた!暮らしを楽しむヒントが見つかる場所。 ラ・カーサテラス

2017.12.7
laCASA TERRACE外観

ラ・カーサは、大手住宅メーカーが大量生産する画一的な家づくりではなく、建築家の世界観が色濃く反映される家づくりでもなく、家を建てる人による、家を建てる人のための、理想のオーダーメイドの家づくりを、愛知県を中心に行っています。

 

暮らしにフォーカスした提案をしたいと考えているラ・カーサには、常設のモデルハウスがありません。そこで、ラ・カーサの「「JOYある豊かな暮らし」を体感できる場所としてつくられたのが「la CASA TERRACE(ラ・カーサ テラス)」です。

 

ラ・カーサ テラスには、カフェ、インテリアショップ、ガーデンショップ、オリーブガーデンなど様々なスポットがあり、これらを通して『暮らしを愉しむコンテンツ』を感じて欲しいという想いが込められています。今回は実際にラ・カーサ テラスにお伺いし、施設を巡りながら、この場所にどんな想いが込められているのかご紹介させていただきます。

 

ラ・カーサ テラス


場所は愛知県江南市江森町。柏森駅から車で3分。私たちは今回車で行きましたが、名古屋市内から高速を使い25分ほどでした。駐車場もインテリアショップ前と、カフェの前の二箇所に用意されているので、車でも安心して行くことができます。

 

では、さっそくラ・カーサのカフェ「ティーハウス」からご紹介します。

 

「食」の愉しみ方を提案。「TEA HOUSE KONAN」

 

laCASA TERRACE外観TEA HOUSE KONANの外観

 

30品目の野菜サラダ30品目の野菜サラダ


ラ・カーサの『暮らしを愉しむコンテンツ』の一つ目は、「食」。「食」というのは、美味しいと幸せになれる、身体に良い、人をおもてなしする楽しさなど、色々なことにつながります。ラ・カーサでは、「食」も毎日の暮らしを愉しく豊かにしてくれるコンテンツの一つとして、大切にしています。

 

TEA HOUSE KONANのスコーン

TEA HOUSE KONANカフェのケーキやお菓子は、店内の工房でつくられています。テイクアウトもOK!


「TEA HOUSE KONAN」では、身体に優しい食材やオリーブを使ったランチ、アフタヌーンティーセット、月の満ち欠けに合わせてブレンドしたムーンティーなどが楽しめます。私たちもムーンティーをいただきましたが、ハーブの優しい味でとても美味しかったですよ。ノンカフェインなので妊婦さんでも安心して飲めるそうです。紅茶は名古屋の紅茶専門店「TEA MODE」から仕入れています。

 

TEA HOUSE KONAN


ティーハウスは、ラ・カーサで注文住宅を建てられたオーナーさんも訪れることが多く、PTAの集まりなどで利用される方もいらっしゃるそう。自分のお家の近くに、こうして友人や知人を安心して招待できる場所があるのは嬉しいですよね。

 

食の愉しみ方の一つとして、薪ストーブのある暮らしを提案。

 

Stanley(スタンレー)のクックストーブ

 

食の愉しみ方の一つとして、薪ストーブのある暮らしも提案しています。ティーハウスの一角には、クリーム色のStanley(スタンレー)のクックストーブが置かれていました。なんと、映画『西の魔女が死んだ』の中で実際に使われていた薪ストーブなのだそう。House Designsスタッフも見たことがあった映画だったので、とても驚きました。

 

開拓時代のアメリカでは、クックストーブを馬車に乗せて各地を移動させ、キッチンとして料理を作ったり、ストーブとしてテントの中の暖をとったりなど、生活の中心だったそう。ラ・カーサでは、毎週土日には薪を入れお芋を焼きお客さんに振舞ったり、スープを煮込んだりしています。冬には薪ストーブを使ったイベントなども開催されているそうですよ。

 

みんなのためのインテリアショップ。「la CASA for living」

 

la CASA for living


ティーハウスの隣には、暮らしを豊かにする家具やインテリア雑貨のセレクトショップ「la CASA for living」があります。アクセサリー、フレグランス、食品など、様々なアイテムが並んでいました。このお店のコンセプトは「みんなのためのインテリアショップ」。

 

取り扱っているアイテムはオーナー様のリクエストも反映し、セレクトしているそう。毎月行われているオーナー会で、どんなアイテムが欲しいか、どんな暮らしがしたいか、実際の声を集めています。家を建てた後の暮らしを愉しんで欲しいというラ・カーサだからこその取り組みです。

 

ラ・カーサのブランド米「KOME de lacasa」ラ・カーサのブランド米「KOME de lacasa」
フレグランスブランド「NEOM」天然素材と良質な原料にこだわった英国のフレグランスブランド「NEOM」


実際の住まいのインテリアのレイアウトの参考にもなるような陳列にしてあるので、お店に行くだけでもセンスの良いインテリアのヒントがいっぱいあります

 

大人のブリティッシュを演出した空間
大人のブリティッシュを演出した空間。

 

ラ・カーサオリジナルのキッチンラ・カーサオリジナルのキッチンなども見ることができます。

 

生活にグリーンの愉しみを。「APPRIVOISER」

 

APPRIVOISER

 

『暮らしを愉しむコンテンツ』として、グリーンも大切にしているラ・カーサ。グリーンをもっと愉しんで欲しいという想いから、春日井の小さなお花屋さん「APPRIVOISER(アプリボアゼ)」が、ガーデンデザインまで手がけるグリーンショップとして今年の1月にラ・カーサ テラスにオープンしました。大きなグリーンは挑戦しにくい方も、小さなグリーンやお花なら毎日の暮らしに取り入れやすいですよね。

 

APPRIVOISER

APPRIVOISER

 

お店には、ボタニカルグリーンのインテリアや、季節のお花を使ったアレンジメント、ドライフラワーなどが並びます。お花が入れてある花器なども購入することができますよ。お水の変え方や、飾り方など丁寧にスタッフさんが教えてくれるので、グリーン初心者の人も安心です。アレンジメント教室や、ガーデニングを楽しむためのワンポイント講座なども開催されているので、グリーンを愉しんでみてみたいなと思っている方には、ぜひ訪れていただきたいお店です。

 

夫婦の木とも呼ばれるオリーブの木。「Olive Garden」

 

 オリーブガーデン

樹齢100年ほどのオリーブの木樹齢100年ほどのオリーブの木


敷地奥にはオリーブガーデンがあり、小さなオリーブの木が100本以上すくすくと育っています。オリーブは雄の木と、雌の木の二種類があり、その二種類が合わさってオリーブの実ができるとされていることから「夫婦の木」と呼ばれています。木の下で結婚式が行われるなど家族の象徴と言われています。

 

オリーブガーデン


ラ・カーサでは家づくりのプランニングの際に、ガーデニングの提案も合わせて行っており、そこで使う庭木をスタッフさんがこのオリーブガーデンで育てています。ここで庭木を選定したご家族は、打ち合わせのたびにこのオリーブガーデンに立ち寄り、建物の完成後に我が家にやって来る庭木に逢いに来られる方も多いそうです。

 

自家製オリーブオイル100本以上のオリーブから実を収穫し、手作業で作られた自家製オリーブオイル。


11月上旬には、オリーブの実が収穫期を迎え、スタッフさん数人で自家製オリーブオイルを作られたそう。絞りたてのオイルはとてもフレッシュな香りで美味しかったですよとスタッフさんが話してくれました。このように自分たちで様々な体験を楽しまれているのが、ラ・カーサの自由な家づくりや、空間づくりにつながっています。

 

ラ・カーサ テラスのアイドル「あずきとくるみ」

 

「あずき大納言」「くるみ雪之丞」

 

ラ・カーサ テラスには「あずき大納言」「くるみ雪之丞」という二匹のヤギがいます。愛称はあずきとくるみです。二匹はオリーブガーデンの草取り係として大活躍しています。雨の日以外は毎日草を食べてくれているそう。ティーハウスのキッチンから出た野菜くずも、生ゴミにせず二匹の餌になります。さらに、二匹のフンはコンポストで有機肥料にし、オリーブの木に与えています。ラ・カーサ テラスの中で小さな循環型社会が生まれています。ラ・カーサ テラスは、このように「暮らしの中でこんなことがあると、豊かになる」という愉しみ方や、暮らしのヒントを得る場所になっています。

 

「あずき大納言」「くるみ雪之丞」二匹に餌をあげることもできますよ。野菜くずをむしゃむしゃ。


動物には人を惹きつける不思議な力があるという素敵なお話を聞かせてもらいました。毎朝あずきとくるみに会いに来る近所のお爺さんとお孫さんがいらっしゃるそうで、台風の時には心配して様子を見に来てくださったり、夏場に日よけを設置すると、ご自身のことのように「ありがとうね」と喜んでくださるそうです。他にも、あずきとくるみと遊んでいる子供たちのお母さん同士が、ベンチに座って会話するなど、二匹は人を人をつなぐきっかけになっています。

 

みんなが自然とつながる場所に。

 

オーナーズパーティー

オーナーズパーティー

 

ラ・カーサ テラスでは、毎月オーナーズパーティーが開催されています。毎回3組〜5組の入居ごのオーナー様を招待して開催されています。会が終わる頃には、オーナー様同士の会話が盛り上がり、特に奥様は、同世代のお子さんがいるお友達ができるきっかけになっていると喜ばれる方が多いそう。先日開催したビュッフェ形式では、近くを通りかかった近所の方が飛び入り参加されるなど、地域の方が気軽に集まれる場所になっています。

 

家づくりのご相談もお気軽に。「la CASA KONAN」

 

la CASA KONAN


カフェの2階には、ラ・カーサ江南のデザインオフィスがあります。この日も店長さんが図面を作成していました。ラ・カーサ テラスを体感してみて、「ラカーサの家づくりが気になるな」「インテリアの相談をしてみたいな」という方はお気軽に相談してみてください。予約なども不要です。オフィスに行くのはちょっと勇気がいるなという方は、カフェや、インテリアショップのスタッフさんへ声をかけると、担当の方を呼んできてくれますよ。

 

ラ・カーサテラスの温室

 

ラ・カーサ テラスには、「JOYある豊かな暮らし」をまずは体感してほしい、愉しんでほしいというラ・カーサの想いが随所に込められていました。ティーハウスでゆったりと時間を過ごしたり、グリーンショップでお気に入りのお花を探したり、ヤギと触れ合ったり、それぞれの愉しみ方で、ラ・カーサが提案する暮らしを体験してみてはいかがでしょうか。

 

【ラ・カーサテラス】
愛知県江南市江森町南76 MAP
http://www.lacasa.co.jp/studio/konan/

・TEA HOUSE KONAN(カフェ・ウェディング)
営業時間 10:00〜18:00
休業日 水曜日

・la CASA for living(家具)
営業時間 11:00~19:00
休業日 水曜日

・APPRIVOISER( グリーン・ガーデニング)
営業時間 11:00〜18:00
休業日 水曜日

・la CASA KONAN(注文住宅・リノベーション)
営業時間 10:00~18:00
休業日 水曜日