MENU SEARCH

砂糖一切不使用!羅漢果の甘味料を使った、野菜たっぷりのおばんざいランチ「らかん・果」

カフェ

東京都
2019.03.29

砂糖一切不使用!羅漢果の甘味料を使った、野菜たっぷりのおばんざいランチ「らかん・果」

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

今回は、東京を訪れたときのランチにぴったりのお店をご紹介します。

2018年11月に、東京・神宮前にオープンした「らかん・果」。らかん・果では、砂糖を一切使用せず、羅漢果(らかんか)という果実からつくられた天然の甘味料を使用しています。体にやさしい料理、ドリンクやスイーツが味わえるカフェ&ダイニングです。

「らかん・果」とは?

らかん・果場所は、東京メトロ「 外苑前」駅 徒歩7分。東京メトロ「表参道」駅 徒歩10分。「ワタリウム美術館」のすぐ近くです。
店内店舗1階では、羅漢果を使ったオリジナルスイーツやお茶なども販売されていました。

「らかん・果」は、サラヤ株式会社のカロリーゼロの自然派甘味料「ラカント」のアンテナショップです。サラヤでは、契約農家で無農薬栽培した新鮮な果実から、独自製法により砂糖の300倍もの甘さのある甘味成分「高純度 羅漢果エキス」の抽出を実現。

「らかん・果」で提供される料理は、すべてのメニューには調理に砂糖を使用せず、羅漢果由来の甘味料「ラカント」が使用されています。

羅漢果(らかんか)とは?

羅漢果
乾燥された羅漢果の果実

そもそも「羅漢果(らかんか)」とはどのような果実なのでしょうか?

羅漢果とは、中国の南方の広西壮族自治区の桂林周辺でしか生育しないウリ科の果実で、その薬効から”長寿の神果”と呼ばれ古くから漢方薬として使用されてきました。近年では、スーパーフード”モンクフルーツ”として欧米を中心に注目をされています。ミネラルと鉄分が豊富で代謝をあげてくれる効果もあります。

中国政府の国家保護植物に指定されているので、生の羅漢果は国外へ持ち出すことができません。そのため、日本で販売されている羅漢果は、すべて茶褐色の乾燥しているもの、もしくはエキスになったものです。

NEXT
熱田神宮だけじゃない。熱田区を散策してみよう!
熱田神宮だけじゃない。熱田区を散策してみよう!

おでかけ

熱田
PREVIOUS
お買い物ができる展示会!Labo Furniture Works「cupsule POPUP Exhibition」徹底レポート
お買い物ができる展示会!Labo Furniture Works「cupsule POPUP Exhibition」徹底レポート

インテリア

名古屋市・鶴舞

【神宮前 らかん・果】
住所   :東京都渋谷区 神宮前3丁目7-8 ブレノワール青山ビル
電話番号 :03-6447-1805
営業時間 :11:00〜22:00
定休日  :不定休

https://lakan-ka.jp/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
ワンダーホーム

特集一覧へ

城山館