古材、古道具をレスキューし、再び命を吹き込むリサイクルショップ「リビルディングセンター」

リノベーション・リフォーム
長野県
2018.03.12

古材で作る楽しさを体験できる『ワークショップ』

ワークショップワークショップの様子
ワークショップが行われる工房ワークショップが行われる工房は、大きな窓から諏訪の自然豊かな景色が見えます。
ワークショップワークショップの様子

リビセンでは、木箱づくり、テーブルづくりなど月1回ほど古材を使ったワークショップが開催されています。古材の使い方のノウハウがたくさん詰まっているので、木箱づくりや、椅子づくりを体験することで、床もカッコよく貼れるコツが掴めのだそう。古材を初めて使う方、DIYをもっと楽しみたい方におすすめですよ。ワークショップには、岡山や秋田など全国から参加者が集まります。

古材との出会いの場にもなるカフェ「live in sense」

live in sense

live in sense

リビセンには、カフェが併設されています。「古材に興味がない人にもリビセンに来てもらえるきっかけになればいいな」という想いが込められています。カフェにある大きな窓の外は古材売り場&工房になっているので、食事やお茶をしながら、古材が運ばれていく様子や、古材が家具になっていく景色などが見られます。カフェを通して、レスキューなどリビセンの活動を知ってもらうことも多いそう。「この前も若いカップルがカフェにあるようなテーブルをつくってみたいと、古材を買っていってくれました」と笑顔で話すスタッフの金野さん。リビセンの想いは着々と、カフェを訪れた人たちにも伝わっています。

live in senseのカフェカウンターカフェカウンターは、リビセン2階の天井板を剥がしたもので、つくられています。カフェには、こうした古材を使った家具やリノベーションのアイディアが満載です。
古材を使ったカフェのテーブルテーブルの周囲に使われた穴の空いた材は、隣町の岡谷で盛んだった養蚕業で長年使われていたもの。
下地をそのまま活用した壁石膏(せっこう)ボードをはがしてRC(鉄筋コンクリート)の下地をそのまま活用した壁。
ペチカストーブカフェの中央にあるペチカストーブは、レスキューしたものの使い切れない端材も無駄なく利用するための工夫。ペチカストーブは、薪を焚いたときに出る熱をレンガで作られた長い煙道に蓄熱保温する仕組みになっています。

「古材が見える大きな窓がある建物でカフェができること」を条件に物件を探していたというくらい、リビセンには欠かせない存在のカフェ。カフェ担当の華南子さんは、オープン前の4カ月間は現場作業のサポートの一方、ひたすらカフェで出すカレーづくりの研究に没頭していたといいます。

オリジナルのカレーフードメニューはこちらのカレーのみ。鶏肉、玉ねぎ、スパイスを丁寧に煮込んだカレーは、果物が入っているのかと錯覚するくらい、甘い風味がじわっと口いっぱいに広がります。
優しい味のチャイカレーと並んで人気メニューのミルクたっぷりの優しい味のチャイ。

リビセンの理念と共感するモノたち

カフェの隣の雑貨コーナー

カフェの隣は、雑貨コーナーになっています。リビセンの理念と共感するものを基準に、全国のすてきなものや、おいしいものが集められています。

VISION GLASSインドの実験器具メーカーがつくっているVISION GLASS。ここに並んでいるものは、傷が付いていたり、歪みがあったりという理由で日本に来てから検品ではじかれてしまったものたち。そんな行き場を失ったガラスたちを「No PROBLEM」という名前で展開しています。
大久保ハウス木工舎の木べら長野県松本市で工房を構える,大久保ハウス木工舎の木べら。南京鉋(かんな)という両手を使う鉋で一本一本制作されています。
長野県産のりんごジュース入荷したばかりの、長野県産のりんごジュース。少しずつ商品が増えています。

ReBuilding Center JAPAN

リビセンはただ古材や古道具をレスキューして販売しているお店ではありません。目指すのは、古いものを大切に使うという理念、文化を広げていくこと。だからこそ、リビセンには訪れる人に、古材やDIYに触れてもらうための工夫がたくさんありました。 自分たちの手でリノベーションした建物、お助け隊とつくった古材を貼り合わせた壁、工房をながめられるカフェ、古材を使った家具など。リビセンを訪れて、「古いものを大切にするって良いな、自分でも古材に挑戦できるかも」という気持ちが溢れてきました。家づくり、リノベーション、家具づくりに古材や古道具を取り入れてみるのも、選択肢の一つとして面白いのではないでしょうか。

スポット詳細

【ReBuilding Center JAPAN】
住所  :〒392-0024 長野県諏訪市小和田3-8
最寄り駅:JR中央本線 上諏訪(かみすわ)駅 徒歩10分
定休日 :水曜日・木曜日
営業時間:cafe 11:00~18:00 古材 11:00~18:00
tel   :0266-78-8967
http://rebuildingcenter.jp/

 

名古屋からの行き方
◉電車:名古屋駅→ワイドビューしなの長野行→塩尻駅→あずさ20号→上諏訪駅→徒歩10分(計2時間ちょっと)
◉クルマ:名古屋駅から中央道を通って諏訪ICか岡谷ICで下車25分(2時間半~3時間)

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

おすすめスポット