MENU SEARCH

古材、古道具をレスキューし、再び命を吹き込むリサイクルショップ「リビルディングセンター」

インテリア

長野県
2018.03.12

古材、古道具をレスキューし、再び命を吹き込むリサイクルショップ「リビルディングセンター」

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

愛知県・名古屋から特急を利用すれば、2時間30分ほどで到着する長野県諏訪市。JR上諏訪駅から徒歩約10分の場所に、『ReBuilding Center JAPAN(リビルディングセンタージャパン)』はあります。1階はカフェと古材売り場、2階と3階は古道具や建具などを販売するリサイクルショップになっています。約半数は県外からの来場で、週末には東海エリアからも多くの方が訪れるといいます。今回は、ReBuilding Center JAPAN(以下:リビセン)の魅力をたっぷりとご紹介いたします。

『ReBuilding Center JAPAN』とは

ReBuilding Center JAPAN約20年前に移転した建設会社の3階建てビルをリノベーション。知人の方に紹介してもらい、代表・東野さんの一目惚れだったそう。
レスキューした建具をパッチワークした大きな窓レスキューした建具をパッチワークした大きな窓。ポートランドのリビセンにも、この様な窓があるそうです。

リビセンは、という「“ReBuild New Culture”=次の世代につないでいきたいモノと文化を掬いあげ、再構築し、楽しくたくましく生きていけるこれからの景色を、デザインしていきます。」という理念のもと、解体される古い建物や住宅から古材や建具、家具などを救済=レスキューし、販売しているお店です。

手がけたのは、もともと空間デザインユニット「medicala」として活躍されていた東野唯史(アズノタダフミ)さん、華南子(カナコ)さんご夫妻。おふたりはこれまで、全国各地でゲストハウスやレストランを手がけられてきました。各地を訪れる中で、数々の空き家やビルが壊される現状を知り、どうにかして救いたいと考えていたそう。そして、新婚旅行の際に訪れたアメリカ・ポートランドにある「ReBuilding Center 」に感銘を受け、日本でも同じものを作りたいと『ReBuilding Center JAPAN』の計画がスタートしました。

カフェに置いてある冊子リビセンのオープンまでの軌跡は、1階のカフェに置いてある冊子でも知ることができますよ。リノベーション中の様子が、たっぷりと紹介されています。

リビセンを日本でやると決めてから、オープンまでの期間はたったの10カ月ほど。リノベーションは、5名のスタッフさんと、全国から駆けつけたのべ約470人もの「お助け隊」と呼ばれるお手伝いの方の手によって2カ月で行われました。現在でも、床材を貼ったり、テーブルを造作したりなど、リビセンのリノベーションは続いています。

お施主さんの気持ちも一緒にレスキューする

レスキューの様子取材当日もレスキューされた家具や、古道具が到着していました。

リビセンでは、解体が決まったお家や店舗などの古い建物から、古材や古道具を引き取りにいくことを、「レスキュー」と呼んでいます。引き取りに行ったものは、売れる状態にして店頭で販売。レスキューの範囲はお店から1時間以内のところで、月に10件ほど行かれています。リビセンの活動は少しずつ街の人にも伝わり、今ではご近所の方からも声をかけてもらうことが増えたそう。

レスキューのストーリー売り場に置かれていた、レスキューのストーリー

そして、リビセンで販売されているものには、すべてにストーリーがあります。「どんな場所でどんな人に使われてきたのか」「どんな想いが込められているのか」など、お施主さんと話ながらレスキューしているそう。

「皆さん解体したくて、解体するわけではないんですよね。ご先祖さまから大切に引き継いだお家でも、維持ができなくなったり、仕事で引っ越さなければならなくなったり……。お話することで、少しでもそういう気持ちも救えたらなって思っています。」と、スタッフの金野さん。建具や道具だけでなく、お施主さんの気持ちもレスキューしているんですね。

では、ここからは実際にお店の中をご紹介していきます。

※商品は随時変わります。

NEXT
ウェディングデザインのプロから学ぶ、自分らしい家づくりのヒント。(中家 拓郎さん)
ウェディングデザインのプロから学ぶ、自分らしい家づくりのヒント。(中家 拓郎さん)

住まい

PREVIOUS
980万円で憧れの覚王山のリノベーションマンションに住もう!
980万円で憧れの覚王山のリノベーションマンションに住もう!

住まい

名古屋市・覚王山

【ReBuilding Center JAPAN】
住所  :〒392-0024 長野県諏訪市小和田3-8
最寄り駅:JR中央本線 上諏訪(かみすわ)駅 徒歩10分
定休日 :水曜日・木曜日
営業時間:cafe 11:00~18:00 古材 11:00~18:00
tel   :0266-78-8967
http://rebuildingcenter.jp/

 

名古屋からの行き方
◉電車:名古屋駅→ワイドビューしなの長野行→塩尻駅→あずさ20号→上諏訪駅→徒歩10分(計2時間ちょっと)
◉クルマ:名古屋駅から中央道を通って諏訪ICか岡谷ICで下車25分(2時間半~3時間)

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
城山館

特集一覧へ

クラブナージ