MENU SEARCH

旅行好きのお客さまに愛されるお店。もっちりベーグルが大人気!「TABI CAFE(タビカフェ)」

カフェ

名古屋市・熱田
2019.05.16

旅行好きのお客さまに愛されるお店。もっちりベーグルが大人気!「TABI CAFE(タビカフェ)」

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
TABI CAFE(タビカフェ)名鉄「神宮前駅」東口側から、徒歩3分。
名古屋市バス「名鉄神宮前」バス停の向かい。

タビカフェ

「行く時間があまりないけど、旅が好き」という店長の山中さんが、内装などをほぼ一人で手がけてオープンした、今年で11年目を迎える人気のカフェ「TABI CAFE(タビカフェ)」。店名通り「旅」をコンセプトにしているだけに、旅好きなお客さまが多く訪れているそうです。店内には、世界各国、日本各地のお土産品がズラリと並べられており、まるで実家のようにくつろげる空間が広がっています。

「TABI CAFE」の魅力をご紹介!

店主の山中さん。店主の山中さん

−なぜカフェをオープンしようと考えたのですか?

山中さん:「以前は某ステーキ店で長く働いていて、自分で飲食店をはじめたいと考えました。飲食店をするなら、パスタもうどんもカレーも出したい。さまざまなメニューを出すには、カフェが良い!と思いました。時間はなかなかとれませんが、旅が好きなので、旅をテーマにしたお店にしました。」

−さまざまな国の雑貨が飾られていますが、どうやって集めたのですか?

山中さん:「もともとは、白い壁と茶色の家具を基調にした、シンプルな店内だったんです。だんだんと、お客さまが旅のお土産などを持ってきてくださるようになって。いただいたお土産を飾るうちに、どんどん増えていきました。世界中のペットボトルをお土産にくださる、ペットボトル専門の方もいます。」

店内
オープン当初の店内
現在の店内
現在の店内。壁や台の上には、さまざまなお土産が置かれています。
世界各国のペットボトル
カウンターの上の棚には、世界各国のペットボトルが。
提灯日本のお土産の定番。提灯は60個以上あります!

世界各国のコインや紙幣

世界各国のコインや紙幣がたっぷり。山中さんが、お店に少しだけディスプレイしたら、お客さまが追加していき、こんなに増えたそう。

旅行のガイドブック

国内旅行や、海外旅行のガイドブックもたくさん揃えてあります。ゆっくりとお茶を飲みながら、旅行の計画するのも楽しいですね。

タビノート

ガイドブックの棚には、国内版と海外版のタビノートが置かれています。

タビノート

ノートを見ながら行きたい旅行先を探したり、自分が行った旅先を書き込んだり、使い方はあなた次第。旅行の計画を立てるのに、参考になりそう!

−座る場所によって、飾りが違いますね。

山中さん:「旅をテーマにしている店なので、席ごとに国が分かれているとおもしろいかな?と思いまして。壁に貼ってある写真や絵などは、自分で飾ったものです。壁を見ていただくと、どこの国かわかって頂けるかもしれません。日本・アメリカ・北欧・アジア・ハワイ・アフリカと、6つの地域に分かれています。」

店内イラスト山中さんが描いた店内イラストで、どこの国なのかわかります。

こちらのカウンターは椅子がなく、立ったままドリンクを飲むと、100円引きです。座らなくても大丈夫な方には、オススメ。店内は広くはないですが、場所によって表情が変わる楽しいお店です。

NEXT
豊田市美術館のリニュアールが待ち遠しい!注目の展覧会が目白押し
豊田市美術館のリニュアールが待ち遠しい!注目の展覧会が目白押し

アート

愛知県・豊田市
PREVIOUS
染物の魅力に触れる。ローカルストーリーを伝える衣料品店「渦〜UZU〜」
染物の魅力に触れる。ローカルストーリーを伝える衣料品店「渦〜UZU〜」

ファッション

愛知県・西尾市

【TABI CAFE(タビカフェ)】

住所  :名古屋市熱田区三本松町7-18
電話番号:052-784-6352
営業時間:11:00~21:00(火曜~土曜)、11:00~20:00(日曜・祝日)
     ※16:00~17:00の間のみ休憩時間
定休日 :月曜・第1・3日曜
駐車場 :店舗駐車場はないため、コインパーキングのNPC24Hまたは名鉄協商をご利用ください。
(駐車サービスの内容)TABICAFEのお会計1000円につき100円分の駐車サービスあり。(※最大300円まで)

https://tabicafe.jimdo.com/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
ととbaby

特集一覧へ

ホームページ制作 アライブ株式会社