MENU SEARCH

つくり手の想いが詰まった、手仕事に出会えるお店。「えんける道具店」

インテリア

愛知県・常滑市
2019.05.16

つくり手の想いが詰まった、手仕事に出会えるお店。「えんける道具店」

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

古くから焼き物の産地として栄えた、愛知県・常滑市にある「常滑やきもの散歩道」。その散歩道にあるのが、今回ご紹介する「えんける道具店」です。陶器の湯たんぽ・黒七輪・甕(かめ)など、手仕事でつくられる暮らしの品を提案してくれるお店です。

えんける道具店

えんける道具店

場所は、名鉄「常滑」駅から歩いて5分ほど。もともと古本屋だったという店舗を改装した、長屋の一部が店舗になっています。

えんける道具店

えんける道具店

えんける道具店

店内には、陶器の湯たんぽ・黒七輪・甕(かめ)、昭和中期のレトロな器などが並びます。

すべてはここから。加藤さんがつくる「湯たんぽ」との出会い。

「えんける道具店」オーナーの早川信隆さん
「えんける道具店」オーナーの早川信隆さん

もともとインテリア関係の仕事をしていたという早川さん。なぜ「えんける道具店」をはじめることになったのでしょうか。お店誕生のきっかけから教えていただきました。

早川さん:「お店をはじめたきっかけは、お店のメイン商品でもある、加藤さんがつくる「湯たんぽ」に出会ったことです。ある日、雑誌で見かけ、こんなすてきなアイテムがあるのだと心惹かれました。僕は知多市に住んでいたんですけど、生産地が多治見と近いことにもご縁を感じ、すぐにお話を聞きに行きました。」

加藤さんがつくる「陶器の湯たんぽ」
加藤さんがつくる「陶器の湯たんぽ」
窯元の職人である加藤さん
岐阜県多治見市で13代続く、窯元の職人である加藤さん

早川さん:「加藤さんの窯のある岐阜県多治見市は、陶器の湯たんぽの生産地として、最盛期には70ほどの窯元があったそうです。その後、量産化の時代になり、陶器の湯たんぽを製造する窯元はみるみると減少……。現在でも変わらず手作業で、陶器の湯たんぽをつくられているのは、加藤さんご夫婦のみなんです。加藤さんは、岐阜県多治見市で13代続く窯元の職人として、今でも機械操作に頼らず、一点一点を手作業でつくっていらっしゃいます。

加藤さんのような、古き良き時代の手作業のものづくりを伝えていきたい。その想いで2017年2月にお店をオープンしました。」

NEXT
伊勢神宮へ行ったら必ず訪れたい。伊勢のおもてなしが詰まった「ゑびや大食堂 / ゑびや商店」
伊勢神宮へ行ったら必ず訪れたい。伊勢のおもてなしが詰まった「ゑびや大食堂 / ゑびや商店」

おでかけ

三重県・伊勢市
PREVIOUS
豊田市美術館のリニュアールが待ち遠しい!注目の展覧会が目白押し
豊田市美術館のリニュアールが待ち遠しい!注目の展覧会が目白押し

アート

愛知県・豊田市

【えんける道具店】
住所   :愛知県常滑市陶郷町1の1
営業時間 :[月・火・金・土]12:00-17:00 [日]11:00-17:00
定休日  :水曜・木曜
駐車場  :なし(陶磁器会館駐車場をご利用下さい)平日:無料 土日祝:500円/1日

http://tokonameenkel.com/

▼オンラインショップはこちら
https://enkel-mn.shop-pro.jp/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
アルボ

特集一覧へ

アルボ