エアコン一台で暑さ知らず、寒さ知らず!次世代全館空調「マッハシステム」を体感できる渡邊工務店のモデルハウス

2018.5.18
渡辺工務店

渡邊工務店は明治40年の創業以来、「日本の家は、日本で育った木で造る」というこだわりのもと、厳選された東濃桧を使用した本格木造建築を手がける工務店です。白鳥庭園の「清羽亭」をはじめ、多くの神社仏閣も手掛けており、技術力の高い職人が丹精込めて家づくりをしています。

 

そんな渡邊工務店の新たなモデルハウスが、ナゴヤハウジングセンター春日井会場にオープンしました。こちらのモデルハウスは本格木造建築に加えて、「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2017」において特別優秀賞を受賞した次世代全館空調「マッハシステム」を採用した最先端のモデルハウスとなっています。

 

今回は、モデルハウスのこだわりポイントとマッハシステムの魅力についてご紹介していきます。

 

東濃桧をふんだんに使用した玄関

春日井 玄関

 

玄関に入ると天井、床とふんだんに使われた東濃桧がお出迎えしてくれます。東濃桧の心地よい香りは心がほっと落ち着きます。

 

天井
天井に間接照明を入れ、柔らかな光で空間を演出。

 

数寄屋(すきや)建築の佇まいを感じる和室

 

和室リビングと和室への動線をわけ、来客時のプライバシーを確保

数奇屋自然の素材を丁寧に吟味しながら、空間に溶け込ませていきます。

 

玄関の正面には和室が設けられています。玄関からそのまま出入りできる和室は客間としても活用していただけます。

 

数寄屋(すきや)建築の佇まいを感じる和室一枚板の欅(けやき)のテーブルは掘り座卓。


和室は最近では珍しい床の間、縁側には水屋がある数寄屋建築のたたずまいを感じる本格和室となっています。8畳の広々とした空間で、お茶を嗜む時間は心がやすらぐはずです。近年では、リビングと和室をひと続きにしたお家をよく見かけますが、このように独立した和室もすてきですよね。

 

※「数寄屋造り(すきやづくり)」とは、数寄屋(茶室)を取り入れた住宅の様式を指します。

 

33畳の開放的なLDK

 

LDK 33畳
天井、床の木張が存在感を与えています。

 

階段八角の桧、化粧丸太が建物をしっかりと支えています。

 

吹き抜けの階段は家族とのつながりをどこにいても緩やかに感じることができます。

 

LDK

 

木の温もりと開放感で満たされた、広々としたLDK。大きな窓からは、たっぷりと光が差し込んできます。

 

オリジナルの家具

 

ダイニング

 

造作テレビボード


ダイニングテーブルやテレビボードは渡邊工務店のオリジナル。木材を知り尽くした同社だからこその、木の風合いや特徴を活かした家具は他にはない魅力です。どんな家具を置いたらいいか分からない方も、このようにオリジナルでつくってもらえば、お家の雰囲気を崩すことなくイメージ通りのお家ができあがります。

 

キッチンカウンターこちらのキッチンカウンターも造作。家具と合わせることでお部屋にすっと馴染みます。
 

雨の日も安心なアウトドアリビング

 

 

LDKからは、アウトドアリビングにもつながっています。大屋根の下に設けることで、雨の日でも濡れる心配はありません。お友達やご家族と一緒にホームパーティーやバーベキューをしながら、ワイワイ楽しむ!なんていうのもいいですよね。

 

回遊性の高い寝室

 

回遊性の高い寝室


寝室は両側から入れるウォークインスルー。空気もこもりにくいので、衣服や大事なものの保管に適しているなどのメリットがあります。機能性と快適性が充実した空間に。

 

ウォークインクローゼット

 

ウォークインクローゼットは使い勝手と収納量を考えてつくられています。朝の忙しい時間も、一つの空間で完結できるので、バタバタすることなく過ごすことができますよね。一つの場所に集約することで、収納もラクチンです。

 

二階リビング

 

勾配天井に丸太梁のあるダイナミックな空間。キッズスペースは将来的に間仕切りできるよう可変性の高い仕様になっています。

 

次世代全館空調マッハシステムの魅力

 

マッハシステム


ここからは、春日井モデルハウス最大のこだわりポイントである「マッハシステム」について詳しく探っていきたいと思います。今回は、春日井モデルハウス店長・久野さんにお話をお伺いしてきました。

 

春日井店長
春日井モデルハウス店長の久野さん

 

>>そもそもマッハシステムってどういうものですか。

 

久野さん:「マッハシステムは高気密・高断熱住宅のメリットを最大限に活かす全館空調です。24時間常に、清潔な空気を家の中で循環させることができるんです。1畳ほどの空調室を設置する必要がありますが、床、壁、天井の温度はほぼ同じ。家の中のどこにいても、同じ温度で快適に過ごすことができます。」


>>従来の全館空調との違いはなんですか。

 

久野さん:「従来の全館空調は家全体を大きな風量で冷暖房するシステムで、省エネとは言えませんでした。一方マッハシステムはルームエアコン1台で室内の温度調整、換気、空気浄化、加湿、除湿をすることができる次世代の全館空調システムなんです。各部屋にエアコンやホースを取り付ける必要もないので、室内もスッキリします。」

 

 

マッハシステム


>> 空気がきれいになるいうことは花粉対策にもなりますか?

 

久野さん:「はい。花粉対策にもなります。空調ユニットにはフィルターがついているので、家の空気が1時間に5~10回通過し、換気と同時に塵やほこりを除去してくれます。ですので、花粉、ハウスダスト、PM2.5などの侵入も防ぎ空気環境も必然的によくなります。」


>>費用がかかるイメージがあるのですが……。

 

久野さん:「エアコンを取り付ける数によっては通常のエアコンの方が電気代が高くなる場合もあります。また、付けたり消したりする行為が一番電気代を上げる要因になっているんです。その点、マッハシステムは24時間空調にもかかわらず家庭用のルームエアコン1台で行うことができるので、長期的にみればかなりコストパフォーマンスの高いシステムだと思います。」

マッハシステム ユニット

 

マッハシステム ユニット
マッハシステムのフィルターユニット

 

>>お手入れは簡単にできますか?

 

久野さん:「マッハシステムの空調システムはお手入れもとっても簡単です。床にほこりや塵などが落ちる前にフィルターで捕集されるので汚れも少なく済みます。お掃除もフィルターを掃除機で吸ってあげるだけで大丈夫なんです。

 

ただし、1年に1回だけは空調ユニットから各部屋へ快適温度に整えられた新鮮な空気を送る「送風ファン」のお手入れをしてあげてください。そうすることで、より長くマッハシステムをお使いいただけます。」

 

空調空調室の様子
 
空調室もフィルターのお手入れだけ

換気

 

>>音や風は気になりませんか?

 

久野さん:「騒音を発生するエアコンや送風機は空調室内に設置しているため、音はまったく気になりません。風も快適温度の±1℃前後の送風による温度調節であるため、室内にいても風を感じることはほとんどないはずです。」

 

空調

 

マッハシステム


春日井のモデルハウスでは通常ではなかなかみることができない、床下の構造もみることができます。


久野さん:「床下にも常に一定の空気が流れているので、シロアリ対策にも効果的です。また寒い冬の時期でも水道管が凍結することはないので安心です。渡邊工務店は東海4県で一番のシェア率があります。ぜひモデルハウスで体感していただきたいと思います。特にこれから暑くなるので、マッハシステムの効果を実感していただきやすくなると思いますよ。」

 

ダイニング チェア

 

今回、春日井のモデルハウスを取材させていただき、渡邊工務店の技術力の高い家づくりをより一層感じることができました。それだけでなく、生活動線や住む人にとっての快適さを常に追求している姿勢こそが、100年以上続く秘訣なのではないでしょうか。

 

また、マッハシステムは、エアコン一台で稼働してるとは思ってもいなかったので、非常に驚きました。今後益々需要の高まる素晴らしいシステムだと思います。夏場、冬場はよりマッハシステムを体感しやすいので、これからの季節にぜひモデルハウスで実感してみてくださいね。


春日井展示場の見学はこちらから