MENU SEARCH

レトロかわいいが詰まっている。津島の小さな雑貨屋さん「25ris(ニコリス)」

インテリア

愛知県・津島市
2019.04.26

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

子供の頃から、雑貨屋さんが夢だった

25ris
25ris店主の長崎恵美さんは、ご自身もステンドグラス作家として活動されています。

まずは、店主の長崎さんにお店の誕生についてお話を伺いました。

ー お店の誕生のきっかけを教えてください。

長崎さん:「小さい頃から、雑貨屋さんをやるというのが夢でした。いつかできたらなぁと考えてはいたのですが、もしやるとしても子育てが終わってからだと思っていました。

そんな中、お店をやっている知り合いの方と、主婦がお店をやるならタイミングが大切という話になったんです。子どもの手が離れた頃には、親の介護の可能性もある。だから、できるときにやった方が良いよとアドバイスをもらいました。でも、なかなか実際の行動には移せずにいたんです……。」

25risの店内

そんな中、長崎さんにある転機が訪れます。

長崎さん:「津島でお祭りをやっているときに、この物件と出会いました。ここは空き物件で、普段はカーテンが閉まっていたのですが、その日は作家さんたちがポップアップストアをしていたんです。「津島にもこんなに素敵な場所があるんだ!」と一目惚れでしたね。

調べてみると、商店街を活性化させるためのチャレンジショップとして貸出をしている物件でした。大家さんもとても良い方で、今まで知り合いにしか貸したことがないけれど、あなたが借りたいなら貸してあげるわよと言ってくださったんです。とても悩みましたが、「とりあえず1年やってみなよ!」という家族の後押しもあり、2012年の7月にお店をオープンしました。」

25risの店内

25risの店内

もともと戦後に建てられた洋装店だったという店内には、当時の面影が残ります。大きな什器や、壁のポールは当時のもの。できるだけ手を加えないようにと、壁を塗っただけなのだとか。25risのレトロなアイテムたちとの、相性も抜群です。

にこりすちゃん
25risのロゴマークのイラスト「にこりすちゃん」は、長崎さんが手がけられたものです。
リスモチーフのコレクション
レジ後ろには、長崎さんが集めた、リスモチーフのコレクションがずらり(非売品)

ー 店名の「25ris」はどんな意味があるのですか?

長崎さん:「もともとステンドグラスをつくっていた際に、「25mg」という屋号で活動していたことと、リスが大好きなので、そのふたつから名付けました。覚えやすくて、親しいやすい店名にしたかったんです。」

ー 25risのコンセプトを教えてください

長崎さん:「国内外問わず、自分が好きなもの。自分が気に入ったものを取り扱っています。日本の古道具や、懐かしい文房具など、レトロなものが中心です。来ていただいた方に、ワクワクしてもらえたらうれしいですね。」

NEXT
海外のような雰囲気の中で、珈琲時間を楽しむ「APOLLO COFFEE WORKS(アポロコーヒーワークス)」
海外のような雰囲気の中で、珈琲時間を楽しむ「APOLLO COFFEE WORKS(アポロコーヒーワークス)」

カフェ

愛知県・豊橋市
PREVIOUS
生産量日本一。奈良県で伝統を受け継ぎながら、くつ下づくりを続ける「SOUKI」の想いとは?
生産量日本一。奈良県で伝統を受け継ぎながら、くつ下づくりを続ける「SOUKI」の想いとは?

ファッション

奈良県

【25ris(ニコリス)】
住所   :愛知県津島市天王通4-35
電話番号 :
営業時間 :10:00~15:00
定休日  :不定休
駐車場  :駐車場がありませんので、すぐ近くのコインパーキング(¥100/60分)をご利用ください。

http://25ris.web.fc2.com/index.html

▼Instagram
https://www.instagram.com/25ris/?hl=ja

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
PANZA

特集一覧へ

ile