MENU SEARCH

昭和24年創業。時代を超えて愛される昭和レトロな老舗喫茶店「洋菓子・喫茶ボンボン」

カフェ

名古屋市・東区
2019.02.20

昭和24年創業。時代を超えて愛される昭和レトロな老舗喫茶店「洋菓子・喫茶ボンボン」

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

東海エリアでは、古くから喫茶文化が根付いており、ここ名古屋でも街中に多くの喫茶店やカフェが点在しています。その中でも、「洋菓子・喫茶ボンボン(以下:ボンボン)」は名古屋を代表する喫茶店として知られています。

毎朝コーヒーを飲みにくる常連さんから観光客、最近では若い方も多く訪れており、筆者も幼い頃から祖父母や母に連れられ足繁く通っていました。今でも月に1、2回は行ってしまうほど、ここのケーキと空間が大好きです。

ボンボンが創業したのは昭和24年のこと。バタークリームが主流だった当時に生クリームを使ったケーキをいち早く売り出したことで、一躍人気洋菓子店となりました。

東区

桜通線「高岳」駅1番出口より徒歩4分、国道41号線東片端交差点南へ40mほどの場所にあります。

看板

駐車場も36台止めることができるので、車社会の名古屋市民にとってはうれしいポイントです。

ノスタルジックな世界が広がる店内

店内

店内に入ると、昭和にタイムスリップしたかのようなノスタルジックな世界が広がります。座席は80席と、広さも十分。レンガ調のパーテーションやステンドグラス、アンティークな間接照明に照らされた革張りの赤いソファは、いつ来ても心がきゅんとします。

店内

テーブルや椅子が低いところも、昔ながらの喫茶店らしいですよね。店内にあるアンティークは先代が趣味で集めたものなのだとか。

照明

照明

店内の照明も、今では見ることが少ないデコラティブなデザインです。一つひとつのアイテムがレトロな空間を引き立たせています。

200円台〜楽しめる、どこか懐かしい洋菓子たち

ケーキ
創業時から「時間が経ってもおいしく食べられるように」と生クリームを甘めにしているのだそう。

ボンボンを訪れたらぜひ食べていただきたいのが、洋菓子です。常時30種類以上のケーキを200円台〜というお手頃な価格で楽しめます。ボンボンでは「おいしいものをお値打ちに」をモットーにしており、現在も熟練のパティシェによって、地下にある自社工場でつくられています。

メニュー

種類が多くて毎回悩んでしまいます。

サバラン
サバラン270円

不動の人気メニューは「サバラン」「マロン」「ボンボン生ロール」です。今回は、サバランとボンボン生ロールを注文しました。

サバランは、 スポンジにラム酒をたっぷりとしみこませた大人のケーキです。食べると口の中にジュワーっとラム酒が広がります。酔っ払ってしまうんじゃないかと思うほどラム酒が溢れ出すので、甘いものが苦手な方にもおすすめなケーキです。

ボンボン生ロール
ボンボン生ロール230円

お店の看板商品「ボンボン生ロール」。シュー皮が特徴的で、真ん中にはマロンクリームが入っています。

オムレット
オムレット270円

早い時間にお店に訪れた方に食べていただきたいのが、こちらの「オムレット」です。中にはたっぷりの生クリームと、いちごとバナナが入っています。

他にも食べたいケーキがある場合は売り切れてしまうこともあるので、早めの時間に行くことをおすすめします。

プリンローヤル
プリンローヤル600円

その他にも、「プリンローヤル」や「チョコレートパフェ」など、フルーツを贅沢に使用したパフェメニューも人気です。プリンローヤルって見た目からもワクワクしますよね。

ボンボン コーヒー
毎朝1杯目のコーヒーは社長が飲んで確かめるのだそう。

NEXT
お気入りの写真からアートタイルがつくれる!「オンデマンド エコカラット」
お気入りの写真からアートタイルがつくれる!「オンデマンド エコカラット」

住まい

PREVIOUS
最先端のデジタルアートをオフィスに。アンダーデザインの「OFFICE × ART –digital-」
最先端のデジタルアートをオフィスに。アンダーデザインの「OFFICE × ART –digital-」

アート

名古屋市・伏見

【洋菓子・喫茶ボンボン】
住所  :愛知県名古屋市東区泉2-1-22
営業時間:火〜土:8:00〜22:00(L.O.21:45)日・祝・月:8:00〜21:00(L.O.20:45)
定休日 :無休
http://cake-bonbon.com/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
アルボ

特集一覧へ