MENU SEARCH

【読書好きスタッフが選ぶ、10月に読みたい1冊】今月のテーマは、”アートがもっと好きになる一冊”

アート

2020.10.30

【読書好きスタッフが選ぶ、10月に読みたい1冊】今月のテーマは、”アートがもっと好きになる一冊”

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

みなさんこんにちは。ライフデザインズ編集部が独自の目線でおすすめしたい「本」をピックアップしてご紹介するこのコーナー。今月は”アートがもっと好きになる本”をテーマに選書しました。

食欲の秋、芸術の秋、読書の秋…… などさまざまな秋が思い浮かびますが、秋といえばやぱり「芸術」ではないでしょうか。そんな芸術の秋にふさわしい本を今回はご紹介します。

これ1冊ですべてがわかる!
「世界アート鑑賞図鑑」

1,100点を超えるカラー写真を掲載。絵画・彫刻から、写真、現代美術まで、すべてのアート・ジャンルを網羅した「世界アート鑑賞図鑑」。美術館での主要展示作品・新聞・テレビ・小説の表紙などでふと目にふれる世界的な芸術作品を年代順に紹介。鑑賞可能なアートのほとんどが載っています。

また、ただ作品を掲載しているだけでなく、作品全体解説、細部を検証した部分解説により、作品の詳細な理解ができます。アートのことをもっと知りたい!とう方にはぜひ手にとっていただきたい一冊です。

アートに興味ができてたならこれを。
「これならわかるアートの歴史」

洞窟壁画の無名人から現代アートの巨匠群まで、美術の流れとその真髄をユーモアとパロディで説いた偏屈男の正統美術史。芸術って小難しそう……。理解できないと思っている方には特に、アートの入門編としておすすめです。

興味がない人にとっては物足りないかもしれませんが、これから知っていきたい!という方にとってはユーモアを交えながら解説されているので、これほど入りやすい一冊はないのではないでしょうか。肩の力を抜いて、気楽な気持ちで読めますよ。

いま話題の展覧会といえば!
「バンクシー ビジュアルアーカイブ」

バンクシー ビジュアルアーカイブ

世界で最も知られたストリートアーティスト、バンクシーの作品をマップ付きで網羅。名作「Rage the Flower Thrower」から、2017年にパレスチナ自治区でオープンした「ウォールド・オフ・ホテル」、最新作「バスキア」までを網羅。コアなバンクシーファンはもちろん、入門者も必携の一冊です!展覧会へ行く前に、改めて振り返ってみてはいかがでしょう。

日本人が大好き印象派!
「印象派という革命」

印象派

印象派といえば、モネ、ドガ、ルノワールというように、日本人にもっとも馴染みのあるカテゴリーの一つ。そんな印象派の絵は、優しいイメージでとらえられがちですが、実は美術史に変容をもたらした革新的な芸術運動でもありました。この本では、印象派が登場してきた頃の美術界の保守性、彼らの芸術運動の革新性や前衛性、その人生を紹介しています。印象派を知るための説明が順をおって丁寧にされており、改めて美術史を知ることができます。古典主義が正統派として君臨してきた中で印象派がいかに革命的だったかがよく理解できます。

アートを通して観察力をみにつけよう。
「観察力を磨く 名画読解」

観察力

アート本の中でも、ちょっと変わり種を紹介します。この本は一見、アートを見る上での解説本に思いきや、アートを通して日常での観察力を高める方法を身に付けよう!という指南書なんです。フェルメールが描いた女性の表情から、あなたは何が読みとれる?アートを分析する力は、仕事にも活かせる!と著者がいうように、絵画に描かれている内容の細部を観察・分析することで、情報収集能力・思考力・判断力・伝達力・質問力を向上させることを目的にした一冊です。

気になる言葉はここから探そう。
「現代美術のキーワード100」

デュシャンが便器に署名を入れたことがなぜ革命的だったのか?村上隆が作るフィギュアやハーストの鮫のホルマリン漬けのどこがアート?現代において美術は思潮や文化を映す鏡のような役割を持っているため、作品制作時の時代背景や中心概念を知らないと理解しにくい。本書では、20世紀以降の美術を、タテ軸(歴史)とヨコ軸(コンセプト)から位置づけ、どのような文脈で何を訴えているのか、読み解くための100のポイントを解説しています。

現代美術に関するさまざまな言葉を見開きで説明してくれているので、これさえあれば美術に関心のない人でも、十分に楽しめる一冊です。まずは気になる単語から探してみるのもおすすめです。

80年代〜90年代のアートを知るなら
「“芸術”が終わった後の“アート”」

よくある美術史には飽きたな〜という方におすすめな一冊です。80年代〜90年代のアートの流れを中心に、フェミニズム・アプロプリエイション・文化多元主義・サブカルチャーなど、過去数十年の現代美術の動向を年代を追って丁寧に解説しています。国内アーティストも紹介されていますよ!

今回は”アートがもっと好きになる一冊”をご紹介しました!ぜひこの機会にアート楽しさに触れてみてくださいね。

NEXT
栄の街に寄り添うコーヒースタンド 「zero.COFFEE STAND」
栄の街に寄り添うコーヒースタンド 「zero.COFFEE STAND」

カフェ

名古屋市・栄
PREVIOUS
【スウェーデンの暮らし】秋の味覚、りんごの祭典 Äpple Dagar
【スウェーデンの暮らし】秋の味覚、りんごの祭典 Äpple Dagar

海外

スウェーデン

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
アレックスコンフォート

特集一覧へ

アレックスコンフォート