お米ってこんなにおいしいんだ!一宮にあるお米屋さんのアンテナショップ「CASA」

食べる
愛知
2019.03.15

こだわった農法でつくられたものを

CASAのお米

CASAでは、中山農園の米・麦・大豆をはじめ、こだわった農法でつくったものも販売しています。分子栄養学まで学ぶくらい食に詳しいJOさんが、商品についてていねいに説明してくれます。どんな人がつくっていて、どのように生活に取り入れたらよいか教えてもらえるのは、頼もしいですよね。

らかんか顆粒

日本では甘味料として流通している「らかんか」。海外では漢方薬として使われているくらい薬効が高いと評価されています。ミネラルと鉄分が豊富で、代謝をあげてくれる効果も◎CASAでも、らかんか茶を味わえます。

とっぺん塩

潮のぶつかり合う豊かな五島の海の水を、太陽の力で干した力溢れる国産の天日塩「とっぺん塩」。

マルカワみその「味噌道楽」、フンドーキンの「生きてる無添加あわせ白」

マルカワみその「味噌道楽」、フンドーキンの「生きてる無添加あわせ白」など、無添加の味噌も販売しています。

志摩半島産海の子かぞくの天日乾燥「あおさ」

CASAのお味噌汁にも使われている、志摩半島産海の子かぞくの天日乾燥「あおさ」。

人生がちょっと豊かになる
CASAのワークショップ

CASAでは、「人生がちょっとだけ豊かに」ということを主題に、さまざまなワークショップが開催されています。人気なのは、味噌づくりやぬか漬けのワークショップ。その他にも、糸かけ曼荼羅(まんだら)・風水・心理学など多岐に渡ります。約10年にわたって国内外を旅していたJOさんが、旅の話をしたりもするそうですよ。

ワークショップの情報はInstagramでチェック!
https://www.instagram.com/casasotocasa/

CASAの店内には、大きな長テーブルがひとつしかありません。そこには、「はじめましての人たちがつながっていく。人と人とが出会う場になってほしい。」というご夫婦の想いが込められています。取材時も、ご一緒したご婦人が「CASAさんのおかげで、糖尿病の薬に3カ月でさよならできたんですよ。」と話しかけてくれました。CASAはお米屋さんというだけでなく、地域の交流の場にもなっているんですね。

CASA

日本人に欠かせない存在のお米。ですが、どんな人がつくって、どのようにつくられているのか、気にしている方は多くはないのではないでしょうか。CASAのお米を一口食べると、もう少し食にも気をつけてみよう。こだわってみよう。そんな想いになります。まずは、実際におむすびを食べてみていただきたいです。「お米ってこんなにおいしいんだ!」と、感動すること間違いなしですよ!

スポット詳細

【CASA】
住所   :愛知県一宮市開明蒲原89-1
電話番号 :0586-58-1415
営業時間 :10:00〜19:00
定休日  :土曜、日曜

https://casarice.stores.jp/

▼Instagram
https://www.instagram.com/casasotocasa/
▼facebook
https://www.facebook.com/casarice/

<毎月第2土曜と毎月12日は「オーガニックマーケット」に出店中>

 

【中山農園】
https://www.nakayamanouen.com/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

おすすめスポット