MENU SEARCH

【期間限定OPEN】”上質な暮らし”をデザインする6人を中心とした複合ショップ「C&NEO LIFE STORE」

ライフスタイル

名古屋市・名駅
2021.01.29

【期間限定OPEN】”上質な暮らし”をデザインする6人を中心とした複合ショップ「C&NEO LIFE STORE」

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

2021年1月2日、大名古屋ビルヂング2階にオープンした「C&NEO LIFE STORE」。東海エリアを中心に、”上質な暮らし”をデザインする6人を中心とした複合ショップです。

セレクトショップではなく、個々で活躍する6人が集まった店舗。今までありそうでなかった複合ショップです。今回はプロジェクトスタートの経緯から、実際の店舗の様子までお届けします。

C&NEO LIFE STORE

C&NEO LIFE STORE

C&NEO LIFE STOREにやってきました!金属加工会社と共同で製作された「C」のオブジェが目印。

最初のきっかけは岡崎で開催した蚤の市

C&NEO LIFE STORE

写真左)的山篤史さん 写真右)平山 徹さん

今回は、C&NEO LIFE STOREのメンバーである、MATOYAの的山さん、Eins&Zwei(アインス アンド ツヴァイ)の平山さんにお話をお伺いしました。

– はじめに、C&NEO LIFE STORE立ち上げのきっかけを教えてください。

「最初のきっかけは、岡崎の連尺通りで開催した蚤の市です。プロジェクトの代表である梅原がその蚤の市に出店していたメンバーに声をかけたのがはじまりです。インテリア・器・アンティーク・ファッション……とさまざまな業種のメンバーが集まりました。WEBサイト制作やグラフィックもメンバーが手がけています。」

<C&NEO LIFE STOREのメンバー>

・平山 徹 https://eins-zwei.net/
1983年生 愛知県西尾市出身。服飾学校のファッションデザイン学科を卒業後、全国展開のセレクトショップに入社。洋 服以外にも様々なジャンルの商品を販売。退社後、2012年にセレクトショップEins&Zwei を立ち上げる。

・反端祐樹 https://www.filt-interior.com/
1986年生 愛知県名古屋市出身。ハウスメーカーのコーディネーター、インテリアショップにて販売を経験後独立。デザイナーズ家具やオリジナルプロダクトをコーディネート。上質な家具で調和の取れた美しい空間をデザインするインテリアスタジオFILT.のオーナー。

・岡田侑大 https://kerun-design.com/
1987年生 愛知県岡崎市出身。グラフィックデザイナー。2017年3月に岡崎市を拠点として独立。中小企業や個人店舗のブランディング、地域に関わるプロジェクトなどを中心に、社会と人との新しい関わりを生み出すことを目指しケルンデザインオフィスを立ち上げる。

・野尻汐里 https://www.facebook.com/shiori.design
1996年生 三重県津市出身。
フロントエンドエンジニア。約3年の会社員生活を経て2020年独立。現在はウェブサイト制作をメインに、イラストを描いてグッズにするなど色々な事に挑戦中。愛知県名古屋市在住。アートが好き。

・鈴木隆洋 http://www.la-trouvaille.jp/
1978年生 愛知県豊川市出身。2006年 アンティークの仕入れでヨーロッパ4ヶ国を巡る。その後、フランスでのアテンド及び日本までの海上輸送業務に携わり、2010年 フランスアンティークを扱うショップ La Trouvaille を立ち上げる。

・的山篤史 https://www.matoya.net/6
1992年生 愛知県岡崎市出身。2015年より一年半カナダのトロントで生活。帰国後はトロントの作家の作品をOnline shopやPop up shopで展開する。その後2019年に器中心のセレクトショップMATOYAを立ち上げる。

C&NEO LIFE STORE

– C&NEOとはどのような意味なのでしょう?

「C&NEOという名前はメンバーでコンセプトをだし合って決めました。

まず【C】は「クロス」「交わる」という意味。そして【NEO】は「進化する」「新しい」という意味を表しています。C&NEOには”多種多様の人が交差し生まれる点。”その点を線で結び、さまざまな“カタチ”を創り出すプロジェクト”という想いが込められているんです。

オリジナルグラフィックも進化をコンセプトに象形文字で「C&NEO LIFE STORE」の頭文字である「CNLS」を表現しています。」

それぞれの魅力が混じり合う、複合ショップ

C&NEO LIFE STORE

C&NEO LIFE STORE

C&NEO LIFE STORE

C&NEO LIFE STORE

では実際にショップをのぞいてみましょう。

それぞれの店舗がピックアップしたアイテムが並んでいるのに、不思議とすべてが調和しています。ポップアップショップでは「ここでしか出会えないもの」「ポップアップだからこそ」をコンセプトに皆さんセレクトされたのだそう。

C&NEO LIFE STORE

C&NEO LIFE STORE

まずは愛知県岡崎市にあるセレクトショップMATOYAの的山さんがセレクトされたアイテムから。

国内外からセレクトした陶磁器をメインに、日用品やアート、ジュエリーなど日常に溶け込む「美しいモノ」「琴線に触れるモノ」をさまざまな境界線からジャンルレスにセレクトされています。

今回のポップアップストアでは、週替わりでさまざまな作家さんの作品も紹介。取材時には、ガラス作家・安藤里実さんの作品が並んでいました。心まで透き通っていくような、素敵な作品ですね。

C&NEO LIFE STORE

C&NEO LIFE STORE

こちらは、セレクトショップEins&Zweiの平山さんがセレクトされたファッションアイテム。

Eins&Zweiとはドイツ語で数字の”1”と”2”を意味する言葉。一つでも二つでも大切な物を見つけて、それを持ち、感じることによって新たなライフスタイルが生まれてほしいという想いが込められています。

ポップアップショップでは、きれい目でカジュアルなアイテムを中心にセレクト。ここでしか出会えないリミテッドモデルも。

C&NEO LIFE STORE

C&NEO LIFE STORE

C&NEO LIFE STORE

続いては、岡崎にあるインテリアショップ「FILT.」のオーナー反端さんのセレクト。

FILT.は、オリジナル家具から選りすぐりの北欧家具、生活雑貨からアートまで、シンプルでありながらも意匠のうつくしいアイテムが並ぶお店です。

C&NEO LIFE STORE

C&NEO LIFE STORE

ダイニングテーブルには、先ほどご紹介したMATOYAさんの器が。このように組み合わせることで、より実際のイメージがしやすいですよね。これも複合ショップならでは。

C&NEO LIFE STORE

C&NEO LIFE STORE

フランスアンティークを扱うショップ「 La Trouvaille(ラトルヴァイユ)」オーナーの鈴木さんがセレクトされた、アンティークの数々。

フランスの各地を巡り買い付けされたというアイテムは、状態もよく、手に取りやすい価格帯。アンティークのアイテムをひとつ取り入れるだけで、住まいの空間がずっと色濃くなりますよね。

すべてが一点ものなので、思いがけないものとの出会いが楽しめますよ。

C&NEO LIFE STORE オリジナルグッズ

C&NEO LIFE STORE

ネオライフタンブラー ¥3,500

C&NEO LIFE STORE

ネオライフトート(ブラック・ホワイト) 各¥3,000

C&NEO LIFE STORE

ネオライフ手ぬぐい ¥1,800

最後に、C&NEO LIFE STOREのオリジナルグッズをご紹介します。デザインオフィス「KERUN」の岡田さんが手掛けるオリジナルグラフィックがプリントされた、ここでしか買えない限定アイテムです。(C&NEO LIFE STOREのWEBサイトからも購入可能)

C&NEO LIFE STORE

大名古屋ビルヂングでのポップアップショップは期間限定ですが、今後もさまざまな場所で展開していきたいとのこと。今後のC&NEO LIFE STOREの活躍に目が離せません。

 

NEXT
大地の恵みをパンで味わう。ここにしかないパンに出会える「terre a terre(テーラ・テール)」
大地の恵みをパンで味わう。ここにしかないパンに出会える「terre a terre(テーラ・テール)」

グルメ

名古屋市・東区
PREVIOUS
今年の節分は2月2日(火)!今改めて「節分」について知ろう。
今年の節分は2月2日(火)!今改めて「節分」について知ろう。

ライフスタイル

【C&NEO LIFE STORE】
https://www.c-and-neolifestore.com/

期間:2021年1月2日(土)〜 ※期間限定
場所:大名古屋ビルヂング2F

▼アクセス
https://dainagoyabuilding.com/access/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
ile

特集一覧へ

エネファント