MENU SEARCH

【愛知・名古屋でコーヒーを飲むならここ!】一日のはじまりに飲みたくなる、愛知県のコーヒーのおいしいお店特集

グルメ

愛知県
2020.09.30

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

いっぱいのコーヒーで幸せを。
小さなコーヒー屋「Voyage(ヴォヤージュ)」|半田

Voyage(ヴォヤージュ)

愛知県半田市に行った際にはぜひ訪れていただきたいお店が、自家焙煎コーヒー店「Voyage(ヴォヤージュ)」です。

場所は名鉄河和線「成岩」駅から徒歩2分ほど。お店の裏には、駐車場が8台分あります。半田は車でも訪れることが多い場所なので、駐車場があるのはうれしいポイントです。

Voyage(ヴォヤージュ)

Voyageのコンセプトのひとつは「日常から離れた空間の提供」。その言葉の通り、物語の舞台のような、ナチュラルで温かい雰囲気の外観が出迎えてくれます。

Voyage(ヴォヤージュ)

提供されるコーヒーはすべてスペシャリティコーヒー。中でも品質のよいものを厳選して提供しています。Voyageでは、「苦みのあるコーヒーを飲みたいときは深煎り」「すっきりとした味わいが好みの方は、抽出時間を短め」など、幅広いコーヒーを楽しむことができます。

それぞれの好みのコーヒーを飲んで、幸せになってほしいという想いが込められています。
抽出方法も、ペーパードリップかフレンチプレスのどちらでも好きな方で淹れていただけるので、よりこだわり方は淹れ方も楽しんでみてくださいね。

Voyage(ヴォヤージュ)

テイクアウトメニューもあるので、暖かい季節にはコーヒーを片手にお散歩やドライブもよさそうです。

Voyageとは、フランス語で「旅」という意味。日常からほんの少しはなれて、コーヒーを飲みながらほっとできる時間と空間を提供してくれるお店です。半田を訪れた際には、ぜひ足を運んでみてくださいね。

【Voyage】
住所   :愛知県半田市栄町4-79
電話番号 :0569-58-0041
営業時間 :9:00〜17:00
定休日  :木曜・土曜
駐車場  :8台
http://www.voyage.vc/index.html

海外のような雰囲気の中で、珈琲時間を楽しむ
「APOLLO COFFEE WORKS(アポロコーヒーワークス)」|豊橋

APOLLO COFFEE WORKS

豊橋市の「高師」駅から徒歩10分ほどの場所に位置する「APOLLO COFFEE WORKS(アポロコーヒーワークス)」。

こちらでは、こだわりのコーヒー豆を購入できるのはもちろん、カフェスペースではコーヒーやスイーツを楽しむことができます。

APOLLO COFFEE WORKS

APOLLO COFFEE WORKSのコーヒー豆は、高品質のスペシャルティコーヒーを使用しています。エチオピア産やブラジル産、グァテマラ産などのシングルから、オリジナルブレンド2種類を用意しています。

APOLLO COFFEE WORKS

エスプレッソコーヒーも大人気。こちらの商品は「フラットホワイト(500円)」。ニュージーランド(オセアニア)発祥で、普通よりも濃いめに抽出したエスプレッソに、カフェラテよりも少なめにスチームミルクを注いでつくっています。カフェラテよりもエスプレッソの味わいを楽しむことができます。

APOLLO COFFEE WORKS

APOLLO COFFEE WORKS

店内でコーヒーを楽しむのはもちろんですが、自宅でもおいしいコーヒーを楽しんでほしいと、コーヒー豆にもこだわっています。APOLLO COFFEE WORKSが自家焙煎したオリジナルコーヒー豆は2種類を展開していますよ。

ぜひ、ご自宅でも楽しんでみてくださいね!

【APOLLO COFFEE WORKS】
住所   :豊橋市西高師町沢向20
電話   :0532-48-6090
営業時間 :10:00-18:00
定休日  :月・火曜(※臨時休業あり)
駐車場  :5台あり

http://apollocoffee.com/

おせんべいに合うコーヒーが味わえる「一隆堂喫茶室」|岡崎

岡崎

岡崎

城下町・岡崎の連尺通に、かつての町の賑わいを取り戻すための拠点となるべく誕生した複合ビル「一隆堂 ビルディング」。旧「東邦ガス連尺ショールームビル」をリノベーションした建物です。

コーヒー

1階には、60年以上愛され続ける手焼きせんべい屋「一隆堂」と、併設のカフェ「一隆堂喫茶室」。2階には、独自なセレクトが特徴的な「一隆堂読書室」。3階、4階には、インテリアショップ「FILT.」がお店を構えます。

コーヒー

「一隆堂」の横に併設されているカフェでは、おせんべいに合うハンドドリップコーヒーを味わえるお店です。産地と品質にこだわったスペシャリティコーヒーは、注文を受けてから、一つ一つハンドドリップで抽出。テイクアウトも可能で、豆やドリップバッグを販売しています。

 

 

【一隆堂喫茶室】
住所  :愛知県岡崎市連尺通3-18一隆堂ビル1F
営業時間:9:00〜18:00(毎月最終土曜は〜22:00)
定休日 :水曜日 + 毎月最終木曜
https://www.yahaghisenbei.com/

両親の想いを受け継いで。
古き良き純喫茶を味わえる「喫茶ニューポピー」|円頓寺

ニューポピー

名古屋の歴史が息づく四間道に、2019年1月末にオープンした「喫茶ニューポピー」。古き良き純喫茶の空間で、自家焙煎のコーヒーやモーニングが味わえるお店です。コーヒーライスを使った「ポピーのカレーライス」や「鉄板小倉トースト」など、ユニークなスタイルのフードメニューも人気のメニューです。

実はこちらのお店は、昭和52年から30年近くにわたり名駅で営業していた「喫茶ポピー」の2代目であるマスターが営んでいるお店なんです。

ニューポピー

コーヒーは一杯ずつハンドドリップでいただけます。初めて行く方はブレンドコーヒーから飲んでみてください。深煎りの「ポピーブレンド」と、浅煎りの「ニューポピーブレンド」の2種類のブレンドを楽しめます。

ニューポピー

ユニークなカレーとして話題になっているのが、コーヒーライスでつくる「ポピーのカレーライス」です。これがまた、想像以上においしいのでぜひ食べてみてくださいね!

【喫茶ニューポピー】
住所   :名古屋市西区那古野1丁目36番52号
電話番号 :052-433-8188
営業時間 :8:00〜18:00(LO17:30)金土曜は22:00まで
定休日  :不定休
駐車場  :なし
https://www.instagram.com/kissa_new_poppy/tagged/

乙女心をくすぐる空間でいただく
「tokiiro coffee(トキイロ コーヒー)」|安城

ときいろ

ときいろ

安城市の国道23号バイパス「和泉IC」から車で約2分。細い路地の一角にあるのが、2018年8月31日にオープンした「tokiiro coffee(トキイロ コーヒー)」です。細部にまでこだわり抜いた乙女心をくすぐる空間と、こだわりのコーヒーやドリンクが楽しめると話題のお店です。

ときいろ

素敵な雰囲気と一緒に楽しんで欲しいのが、こだわりのコーヒー。一見、赤ワインのように見えるこちらは「アイスドリップコーヒー(480円)」です。厳選したコーヒー豆を使用して1杯ずつ丁寧に淹れたコーヒーを、ワイングラスで味わうのがtokiiro coffeeならではの楽しみ方です。

ときいろ

ときいろ

tokiiro coffeeでは、スペシャリティコーヒーを提案しています。

写真上は、スペシャリティコーヒーロースターの名店で、2014年東京に誕生した「SINGL O JAPAN(シングルオージャパン)」。そして写真下は、高浜市にある老舗コーヒー「SUGI COFFEE ROASTING(スギ コーヒー ロースティング)」。好みに合わせてコーヒー豆をチョイスすることができます。

コーヒー

素敵な空間と共に、店主こだわりのコーヒーやドリンクが楽しめるtokiiro coffee。コーヒー好きはもちろんですが、あまりコーヒーを飲んだことがない方でも楽しむことができます。ゆったりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

【tokiiro coffee(トキイロコーヒー)】
住所  :愛知県安城市和泉町上之切157
電話  :なし
営業時間: 10:00〜19:00
定休日  :月、火曜
駐車場  :あり
https://www.instagram.com/tokiiro_coffee/

NEXT
家族への想いがパンづくりを支える、東山動植物園から徒歩3分の「boulangerie L’Equipe de Koganei(ブーランジェリー レキップ ド コガネイ)」
家族への想いがパンづくりを支える、東山動植物園から徒歩3分の「boulangerie L’Equipe de Koganei(ブーランジェリー レキップ ド コガネイ)」

グルメ

名古屋市・千種区
PREVIOUS
自分の命は自分で守る!いざというときに備えておきたい防災グッズまとめ
自分の命は自分で守る!いざというときに備えておきたい防災グッズまとめ

ライフスタイル

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
アレックスコンフォート星ヶ丘

特集一覧へ

チャリチャリ