MENU SEARCH

誰もが笑顔になる、毎日食べられるおいしいカレー「咖喱処 コジゴロ」

グルメ

愛知県・豊橋市
2019.10.23
岩下 加奈

岩下 加奈

豊橋市在住のライター / 編集者

誰もが笑顔になる、毎日食べられるおいしいカレー「咖喱処 コジゴロ」

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

愛知県豊川市の名鉄「国府」駅から徒歩約5分。大通り沿いにある小さなお店「咖喱処 コジゴロ」。2019年7月31日にオープンし、地元の人はもちろんですが、遠方からもカレーの味を求めてファンが多く訪れます。

咖喱処 コジゴロ

咖喱処 コジゴロ

白と木を基調としたシンプルな佇まいは、一見コーヒースタンドやカフェと見間違えるほど、洗練されたデザインが印象的です。店内はカウンター6席のみの小さな空間ですが、カレーの香ばしさが一面に広がり、店主との会話も楽しめる空間です。

コーヒー移動販売車スタッフや、
流しのカレー屋として経験を積む。

「咖喱処 コジゴロ」を営むのが、店主の後藤充暁さん(通称:みっちーさん)と、奥様のこずえさん。二人の長年の夢が形となったのがこのお店です。

みっちーさんはこのお店をオープンする前は、コーヒーの移動販売車のスタッフとして、全国各地のイベントに出向きコーヒーを淹れていました。

コーヒーの移動販売車でのひとコマ

-コーヒーの移動販売車のスタッフとして働いていたときのことを教えてください。

みっちーさん:「今から5年ほど前からここをオープンするまで、豊川市にあるコーヒー専門店“スペシャルティコーヒー蒼”のスタッフとして、コーヒーの移動販売車で各地を巡っていました。その中で、自分らしいものを提案できたらと思い、3年ほど前から、流しのカレー屋もスタートし、コーヒーとカレーを提供していました。」

流しのカレー屋をスタートしたイベントでのひとコマ。

– なぜカレーをはじめようと思ったのですか?

みっちーさん:「スパイスの調合はコーヒーのブレンドと似ている部分があって、どんなカレーをつくろうか、どんなスパイスを入れようかなどを考えるのが好きで。組み合わせ方のおもしろさや味わいの変化の楽しさにハマっていき、カレーの奥深さの虜になりスタートしました。」

– そこから流しのカレー屋もスタートしたんですね。

みっちーさん:「マルシェやイベントでの提供はもちろんですが、知り合いのカフェやセレクトショップなどの一角でカレーを振る舞うイベントを開催したりと、いろんな方面に出向いてカレーを提案しました。」

NEXT
厳選した国内産の素材にこだわった、高級生食パン専門店「MASA cafe(マサカフェ)」
厳選した国内産の素材にこだわった、高級生食パン専門店「MASA cafe(マサカフェ)」

カフェ

名古屋市・中村区
PREVIOUS
親子で楽しめる社会科見学。「関の工場参観日2019」に行こう!おすすめ見学コース②(早川工業)
親子で楽しめる社会科見学。「関の工場参観日2019」に行こう!おすすめ見学コース②(早川工業)

おでかけ

岐阜県・関市

【cojigoro (コジゴロ)】
住所   :愛知県豊川市八幡町上宿28-17
電話   :070-4283-8335
営業時間 :11:00〜19:00
定休日  :水曜、第2・4木曜
駐車場  :なし

https://www.instagram.com/cojigoro_spicecurry/

岩下 加奈

岩下 加奈

豊橋市在住のライター / 編集者

愛知県豊橋市在住。雑誌編集の専門学校を卒業し、10年ほど地元出版社に勤め、さまざまな媒体の編集長を経験。現在も東三河エリアを中心とした住宅情報誌の編集長を勤める。2014年に独立し、名古屋や東京などの雑誌・WEBのライティングや、編集を行う。ライター・編集歴は15年以上で、年間1000件以上の取材をこなす。豊橋市市役所広報アドバイザー、東三河の魅力を発信する講師活動、審査員なども務める。

https://www.infoalii.com

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
一泊二日で楽しむ、下呂温泉の冬旅おすすめプラン

特集一覧へ

クラブナージ