MENU SEARCH

誰もが笑顔になる、毎日食べられるおいしいカレー「咖喱処 コジゴロ」

グルメ

愛知県・豊橋市
2019.10.23
岩下 加奈

岩下 加奈

豊橋市在住のライター / 編集者

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

店主との会話が楽しめる、
デザイン性のある空間

咖喱処 コジゴロ

-コジゴロをオープンしたきっかけを教えてください。

みっちーさん:「知り合いの方から、“地元の喫茶店が閉店したけどお店を出すのはどう?”と話があって。もともと、将来はカフェとかができたらいいよねと夫婦で話をしていたので、動き出そう!と決断をし、オープンしました。」

内観

-店舗デザインについてのこだわりを教えてください。

みっちーさん:「お店をオープンするときに、豊川市の店舗デザインも行っているセレクトショップSPROOFさん(https://life-designs.jp/webmagazine/sproof/)に相談をしました。コンセプトは“会話が楽しめる空間”。6席のみの小さなお店ですが、すべての方に目が届くように、カウンターと厨房の距離を近くしたつくりにしました。いろんな人との会話を楽しみたいと願っていたので、僕たち夫婦にとっては最高の空間です。」

カウンター

-店内にあるロゴ入りカウンターも素敵ですね!

みっちーさん:「元は白いカウンターだったんですが、オープン前に全体を見渡したところ、なぜか真っ白いカウンターだけが目立ち過ぎてしまって……。“ここに何かロゴを入れたらアクセントになるかも”とSPROOFさんが言ってくれて、ドーンと大きなCURRY文字を入れていただきました。月日が経つと擦り切れた感じになるのも、個人的にはお気に入りです。」

スケボースピーカー

スケボースピーカー

-店内にあるスケボースピーカーも素敵ですね。

みっちーさん:「どうしてもスケボースピーカーをつけたいと思っていて、つけていただきました!店内のアクセントにもなっており、お気に入りのアイテムです。」

店内

店内

店内

みっちーさん:「そのほかにも、以前の喫茶店の雰囲気をある程度感じられるようにと、お店の外のタイルや店内のコンクリートは昔のままです。また、このトイレのデザインも気に入っています!このように、細かな部分など遊び心を取り入れた店内なので、ぜひ楽しんでもらえたら嬉しいです。」

-今後の展望について教えてください。

みっちーさん:「豊川市で生まれ育ち、この地域で居場所をつくりたいと思っていました。僕たち夫婦が思い描いていた夢のお店をオープンすることができましたカレー屋を通じて、地域の子どもたちでも、気軽に立ち寄れる場所、おはよう、行ってらっしゃい、おかえりと言い合えるような空間や食をお届けしたいと思います。これからもみんなに寄り添うカレーを追求したいです!」

NEXT
厳選した国内産の素材にこだわった、高級生食パン専門店「MASA cafe(マサカフェ)」
厳選した国内産の素材にこだわった、高級生食パン専門店「MASA cafe(マサカフェ)」

カフェ

名古屋市・中村区
PREVIOUS
親子で楽しめる社会科見学。「関の工場参観日2019」に行こう!おすすめ見学コース②(早川工業)
親子で楽しめる社会科見学。「関の工場参観日2019」に行こう!おすすめ見学コース②(早川工業)

おでかけ

岐阜県・関市

【cojigoro (コジゴロ)】
住所   :愛知県豊川市八幡町上宿28-17
電話   :070-4283-8335
営業時間 :11:00〜19:00
定休日  :水曜、第2・4木曜
駐車場  :なし

https://www.instagram.com/cojigoro_spicecurry/

岩下 加奈

岩下 加奈

豊橋市在住のライター / 編集者

愛知県豊橋市在住。雑誌編集の専門学校を卒業し、10年ほど地元出版社に勤め、さまざまな媒体の編集長を経験。東三河エリアを中心とした住宅情報誌の編集長を勤める。2014年に独立し、名古屋や東京などの雑誌・WEBのライティングや、編集を行う。ライター・編集歴は15年以上で、年間1000件以上の取材をこなす。豊橋市市役所広報アドバイザー、東三河の魅力を発信する講師活動、審査員なども務める。

https://www.infoalii.com

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
ile

特集一覧へ

エネファント