MENU SEARCH

【文化のみちを歩こう】日本初の女優・川上貞奴が暮らした大正ロマンの館「二葉館」

おでかけ

名古屋市・東区
2018.11.14

【文化のみちを歩こう】日本初の女優・川上貞奴が暮らした大正ロマンの館「二葉館」

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

名古屋城から徳川園に至るエリアは、文化人・財界人の屋敷が連なり「文化のみち」と名付けられています。 江戸時代から明治、大正へと続く名古屋の近代化を担った文化人たちが暮らした歴史的建造物が多く残されています。

その中でも、ひときわ目をひくのが「文化のみち二葉館(旧川上貞奴邸)」です。オレンジ色の洋風屋根、ステンドガラスや螺旋階段など、大正ロマンの香り漂うこの館のみどころをたっぷりとご紹介していきます。

「文化のみち二葉館」とは?

文化のみち二葉館(旧川上貞奴邸)

「日本初の女優」と謳われた川上貞奴(1871〜1946年)。「日本の電力王」といわれた福沢諭吉の娘婿にあたる福沢桃介(1868〜1938年)。旧知の仲だった二人は事業のパートナーとして、大正から昭和にかけてこの館でともに暮らしていました。もともとは東区東二葉町にありましたが、現在の場所に移築復元され「文化のみち二葉館」として2005年に開館しました。

2,000坪を超える敷地に建てられた和洋折衷の斬新で豪華な建物は「二葉御殿」と呼ばれ、政治家や財界人、文化人が訪れるサロンとなりました。設計を担当したのは、当時新進気鋭の住宅会社として知られていた「あめりか屋」。電力王と呼ばれた桃介は東海地方に数々の水力発電所を築き、当時としては驚くほどの電気装備が施されたこの邸宅で、貞奴とともに電気のある暮らしを多くの人々へアピールしたといわれています。また、貞奴の好みも至る所に取り入れられました。

文化のみち二葉館(旧川上貞奴邸)
場所は、桜通線「高岳」駅から徒歩10分ほど。
文化のみち二葉館(旧川上貞奴邸)
国の「登録有形文化財」、名古屋市の「景観重要建造物」に指定されています。

ではさっそく大正ロマンの世界へ行ってみましょう。

NEXT
中華&洋食のランチが楽しめる。覚王山のビストロカフェ「REMPRIRE(ランプリール)」
中華&洋食のランチが楽しめる。覚王山のビストロカフェ「REMPRIRE(ランプリール)」

カフェ

名古屋市・覚王山
PREVIOUS
男性だって花を楽しむべき!ロックな花屋「in bloom」
男性だって花を楽しむべき!ロックな花屋「in bloom」

インテリア

名古屋市・西区

【文化のみち二葉館】
住所   :愛知県名古屋市東区橦木町3-23
電話番号 :052-936-3836
営業時間 :10:00~17:00
定休日  :月曜日(祝日の場合はその翌日) / 12月29日~1月3日
駐車場  :有料(10台) 300円/1回 (30分以内は無料)

http://www.futabakan.jp/index.html

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
ホームページ制作 アライブ株式会社

特集一覧へ

ワンダーホーム