本屋でもなく、図書館でもなく、旅館でもない。大人のための秘密基地「箱根本箱」

2019.2.4
箱根本箱

先日、2018年8月にオープンして以来気になっていた箱根・強羅温泉にあるブックホテル「箱根本箱」に宿泊してきました!完全プライベート旅行です(笑)。とにかく心地よく、すばらしい場所でしたので、ライフデザインズでもご紹介いたします。

 

ぜひ旅行先の候補になるとうれしいです。

 

 

箱根本箱とは?

 

箱根

 

箱根本箱とは、新潟県南魚沼市に本拠地を置く異色のメディア・クリエイション・カンパニー「自遊人」がプロデュースするブックホテルです。コンセプトは、”本を通じて新しいライフスタイルを提案し、未来へと文化を紡ぐ「本との出会いの空間」を作ろう。”

 

東京近郊にありながら、豊かな自然を有し、文化的な香り漂う箱根・強羅にある「箱根本」』。 駅前の本屋のように気軽に本を手に取れる空間、本と生活が密着した心地よい空間で、「暮らす」 ように滞在しながら、「本」を読む楽しさ、本と向き合う楽しさを存分に味わうことのできる宿泊施設です。

 

 

大人の秘密基地

 

S__13901885

 

名古屋から箱根本箱までは車でおよそ3時間半。大人の秘密基地をテーマにしているだけに、看板はどこにも見当たりません。もともとは保養所だった場所を全面リノベーションしているのだとか。

 

本箱という名称は「本」と 「箱根」を掛け合わせたもの。 “本離れ”が進む社会のなかで、“本との距離がぐっと縮まる” ”本と一緒に暮らしたくなる”ようなさまざまな仕掛けを「箱」に散りばめています。

 

 

テーマは「衣・食・住・遊・休・知」 

箱根本箱

 

箱根

 

到着をするとスタッフさんに景色の楽しめるカウンター席へ案内していただきました。チェックイン時には、ウェルカムドリンク&スイーツがいただけます。

 

 

吹き抜けが圧巻の本箱ラウンジ

 

箱根本箱

 

 

メインロビーには、約12,000冊の本が蔵書。本のディレクションはブックディレクションブランド「YOURS BOOK STORE」のディレクター、染谷拓郎氏。「衣・食・住・遊・休・知」をテーマに、文庫や新書のように手軽な読み物から、ハードカバーのうつくしいビジュアルブックまで眺めているだけでも、読みたくなるようなラインアップばかりです。

 

 

吹き抜けのロビーは圧巻。

 

 

 


すべての書籍は、自由に手に取ってラウンジやゲストルームで読むことができます。もちろん購入することができるので、気になった本は帰りのチェックアウトの際にスタッフさんにたずねてみてくださいね。

 

2階のラウンジには、淹れたてのオーガニックエスプレッソやカフェオレなどが飲めるコーヒーマシンやハーブ水、ナッツなどのちょっとしたおやつが用意されています。Wi-Fiも完備されているので、PCを持ち込んで仕事に没頭する方、のんびりお茶を飲みながら読書をされている方などそれぞれがおもいおもいに過ごされていました。

 

 

ショートフィルムが楽しめる「本箱シアター」

 

 


地下

 

地下のフロアには、ショートフィルムの総合ブランド 「ShortShorts」とコラボレーションした「本箱シアター」と名付けられたシアタールー ムが併設されています。ここでは、 毎月異なるテーマのショートフィルムが上映されています。地下には大浴場もあるので、お風呂あがりに利用されている方が多く見られました。(実際に私もその一人です。)

 

 

全室温泉露天風呂付きのゲストルーム

 

ゲストルーム

 

 

客室は全部で18室。すべての客室に温泉露天⾵呂が付き、各客室によってインテリアが異なります。さらに、エッセイストの松村弥太郎氏や作家の俵万智など各界の第一線で活躍されている「本を愛する」著名人が本箱ひとつぶんを選書した「あの⼈の本箱」が付きます。

 

<客室:18室・全室温泉露天風呂付き>
マウンテンビューコーナースイート1室
マウンテンビューツイン 1階4室・2階7室
マウンテンビュー・ハリウッドツイン2室
グリーンビュー・ファミリー3室
グリーンビュー・ツイン1室

 


大浴場では、強羅温泉の源泉から引いた無色透明の美肌の湯 と、大涌谷温泉から引いた白濁した硫⻩泉、2つの泉質が楽しめます。

 

 

箱根発・ローカルガストロノミー

 

 

夕・朝には、「オーガニック&クレンジング」をテーマに展開する⾃然派イタリアンが堪能できます。フードディレクターはミラノの人気店「アン ティカ・オステリア・デル・ポンテ」や弘前の 「オステリア エノテカ ダ・サスィーノ」にて経験を重ねた佐々木祐治氏が担当。

 

相模湾や駿河湾の⿂介や神奈川や静岡の有機野菜や柑橘など「⽣産者の想いが詰まった⼒のある⾷材」たちを主役に、箱根のローカルガストロノミーを楽しむことができます。

 

 

食事は17時半からと19時45分の2回制です。地元の素材を活かして提供される食事はどれも味はもちろん、見た目にもうつくしいお料理でした。季節や時期によって毎回メニューは変わるそうなので、そこも訪れる度の楽しみになります。

 


個人的に特に気に入ったのが、宮城県にワイナリーを構えるファットリア アル フィオーレのワインです。思わず一緒に行った友人とハイタッチをしてしまいました。もう少しあたたくなったら、直接ワイナリーに行きたいと思っています(笑)。

 

箱根

 

箱根本箱で気になった商品は、館内にある「ライフスタイル&アルチザンショップ」で購入できます。「本」を選ぶのと同じ⽬線でつくられたショップは「暮らしの彩り」がコンセプト。ハンドメイドのアクセサリーや雑貨などの小物から、本や生活に寄り添うアイテムに出会うことができます。

 

ぜひお土産を探しによってみてください。

 

今回ご紹介したのは、ほんの一部ですが、箱根本箱は、たくさんのおもてなしが随所に詰まっている素晴らしい宿泊施設です。慌ただしい生活の中で時には一日中、本の世界にどっぷりと浸りながら、おいしい食事や温泉を楽しむ。そんな休日の過ごし方はいかがでしょうか。

 

【箱根本箱】
http://hakonehonbako.com/