MENU SEARCH

岐阜県美濃市から発信される、 時代を越える粋なモノ「HAPPA STAND」

グルメ

岐阜県・美濃市
2020.03.05

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

HAPPA STANDを五感で体感する
コンセプトショップ

HAPPA STAND

HAPPA STAND

HAPPA STAND

HAPPA STAND

そして、2017年8月岐阜県美濃市にオープンしたのがHAPPA STANDのコンセプトショップです。築150年以上の古民家を、梁などの古材を残しながらリノベーション。佐藤さんの想いがぎゅっと詰まった、HAPPA STANDのプロダクトが並びます。

HAPPA STANDのオーガニックのOCHA

OCHA「SENCHA」 ¥1,800

OCHA「SENCHA」 ¥1,800

まず、オーガニックのOCHA(おちゃ)からご紹介します。

HAPPA STANDの茶葉は、すべて契約農家のある京都府宇治田原町で栽培されたものを使用しています。

宇治田原町はお茶発祥の地。石灰質の土壌は水はけがよく、そこに根を張った茶の木はミネラルが豊富に含まれます。また、日夜の寒暖差が大きく、朝方から深い霧に包まれ日中の太陽光を自然と遮ります。すると、お茶の苦味成分であるカテキンの生成を抑え、うま味成分であるテアニンを多く含んだ茶葉が育つのだそう。

OCHA「HOUJICHA」 ¥1,800

OCHA「HOUJICHA」 ¥1,800

HAPPA STANDのOCHA「HOUJICHA」は、非常に高温で焙煎しているので香りが高い焙じ茶です。苦味とカフェインが少ないので、妊婦さんやカフェインを気にされる方でも飲みやすいのが特徴。さっぱりとした口当たりなので、脂っこい食事のあとには特におすすめ!

OCHA「KONA HOUJICHA」 ¥1,800

OCHA「KONA HOUJICHA」 ¥1,800

焙じ茶は、粉タイプのOCHA「KONA HOUJICHA」もありますよ!

「オーガニックの粉の焙じ茶はなかなか売っていない」と言うお客様の声から誕生したのだそう。お湯に溶かして御茶としてはもちろん、焙じ茶クッキーや焙じ茶パンケーキなど、お菓子づくりにも。

OCHA「GEMMAICHA」 ¥1,800

OCHA「GEMMAICHA」 ¥1,800

オーガニック煎茶に、スーパーフードでもある国産オーガニック玄米を同量配合。玄米の香ばしさと煎茶のさっぱりとした風味がバランスよく楽しめます。

OCHA「GYOKURO」 ¥3,000

OCHA「GYOKURO」 ¥3,000

玉露は4月末から5月頭に覆いを被せて日光を遮断します。そのため、深みのあるキレイな翠色をしており、とろっとした甘みとうま味が強く、さっぱりとした苦味も味わえます。

茶葉本来のうま味が強いので、茶殻も醤油を垂らしておひたしや、玉露クッキーとしてもおいしく召しあがれますよ。

HAPPA STANDのUTSUWA

HAPPA STANDのUTSUWA

HAPPA STANDで取り扱う陶磁器は、すべて岐阜県産の土から生まれた美濃焼。「日本の御茶を日本の土から生まれたうつわで飲んでもらいたい」という想いが込められています。縁起の良い八角形を取り入れたデザインも特徴的。

CHAWAN 「HIME」 ¥3,300

CHAWAN 「HIME」 ¥3,300

HAPPA MUG ¥1,800

HAPPA MUG ¥1,800

上)CHOKU 「MARU」  ¥3,300
下)CHOKU 「HACHI」 ¥3,300

店頭ではHAPPA STANDのUTSUWAで提供されるので、ぜひ実際に試してみてくださいね。どのアイテムもお手頃なので、プレゼントとしてもおすすめです。

NEXT
オンラインショップで買える!もらってうれしいホワイトデーギフトまとめ
オンラインショップで買える!もらってうれしいホワイトデーギフトまとめ

グルメ

PREVIOUS
大切な人を想うお茶。漢方ハーブティーカフェ「sasamary cafe(ササマリーカフェ)」
大切な人を想うお茶。漢方ハーブティーカフェ「sasamary cafe(ササマリーカフェ)」

カフェ

名古屋市・東区

【HAPPA STAND(はっぱすたんど)】
住所   :岐阜県美濃市常盤町2300番地
電話番号 :0575-46-8859
営業時間 :8:00〜17:00
定休日  :水曜・木曜

https://happastand.jp/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
ile

特集一覧へ

ALESCO