MENU SEARCH

デンマーク発のインテリアプロダクトブランド「HAY」。期間限定ショップ「HAY TOKYO」が表参道に登場!

インテリア

東京都
2019.05.30

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

デザイン・機能性・価格。三拍子そろった家具

均一でやわらかな光が広がるペンダントライト。”買える価格”で、北欧インテリアが購入できるのは大きな魅力です。/¥46,440(税込)
HAY TOKYOつくり込まれた空間は、見ているだけでも、インテリアの参考になります。

HAY TOKYO

HAY TOKYOの店内では現在、3パターンのスタイリングを展示しています。このように実際の家具を使用したスタイリングが見られると、お家づくりのイメージも湧きやすくなりますよね。

HAY TOKYO

木枠の中には、さまざまな形のチェアがディスプレイされています。北欧家具って高いのでは……と思われてる方も多いですが、3万円代〜購入できるのがHAYの魅力的の一つであります。

HAY TOKYO 椅子SOFT EDGE CHAIR 10/¥36,720 (税込)

こちらは、華奢な脚と立体的な座面のバランスが良い成型合板でつくられたソフトなエッジが特徴のチェアです。シートが立体的につくられているため、板座面でありながら長時間過ごせる快適な座り心地。オフィスや自宅の作業用に適しています。最大4脚までスタッキング可能です。

HAY TOKYO サイドテーブル¥24,840(税込)

HAYの代表作であるサイドテーブルもカラーバリエーション豊富にそろっていました。スチールでつくられているシンプルでかわいらしいデザインが特徴です。上部の曲がった部分が取っ手になっており、重量も約2.2kgと、とっても軽量。

商品名の「DML」はDon’t Leave Me =置いてかないで!という意味の頭文字。その名の通り、どこへでも持ち運べるようにとの想いが込められています。

HAY TOKYO サイドテーブル

HAY TOKYOでは、ソファやチェアの座面の布地、デスクや棚の素材、色をカスタムオーダーすることもできるんです。生地は、デンマークを代表する高級ファブリックメーカー、クヴァドラ社のもの。

生地を実際に手にとって、好きなようにカスタムメイドできるのはうれしいポイントです。

豊富なキッチンウエアや雑貨

豊富なキッチンウエア

豊富なキッチンウエア

家具以外にも、キッチンウエアやステイショナリーなどの雑貨や小物アイテムもそろっています。そばに置いておくだけでかわいいものばかりです。

豊富なキッチンウエア

不規則な形が特徴的なマグカップは、アメリカ、フィラデルフィアで活動するアーティスト・ジェシカ・ハンスが手がけたもの。敢えて整えすぎないいびつなカタチは彼女の代名詞でもあります。

前衛的ながら、不思議と現代のインテリアによくなじむアイテムです。日本未発売だった商品に出会えるもの、ここだけです。

フラワーベース8,000円〜

こちらはミラノサローネで発表されたバイカラーのフラワーベース。絶妙な色合いと、サイズ感がたまりません。

HAY トートバッグデザインがかわいいトートバッグ。限定品を含め、種類豊富にありましたよ。

スポンジ

スポンジ¥864(税込)かわいらしいキッチン用のスポンジ。
カレド¥2,700~

HAYの人気アイテムKALEIDO(カレイド)。日常をフレキシブルにデコラティブできるトレイです。単体でも重ねてもかわいく、豊富なカラーと自由な組み合わせで、見え方や使い勝手が変化します。

玄関やリビングはもちろんサニタリールームやキッチンまわりなど使い方もさまざまです。

NEXT
BBQやピクニックにサイクリング!1年中楽しめる総合公園「庄内緑地」

おでかけ

名古屋市・西区
PREVIOUS
【前編】酵素玄米を毎日の暮らしの中に。「酵素玄米Labo」

グルメ

愛知県・西尾市

【HAY TOKYO(ヘイ トウキョウ)】
住所  :渋谷区神宮前5-10-1 GYRE B1F
電話番号:03-6427-9173
営業時間:11:00〜20:00 ※不定休
https://hay.dk/ms-my

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
アレックスコンフォート

特集一覧へ