MENU SEARCH

本の世界に没頭できるホテル&24Hブックカフェ「ランプライトブックスホテル名古屋」

泊まる

名古屋市・伏見
2018.03.26

本の世界に没頭できるホテル&24Hブックカフェ「ランプライトブックスホテル名古屋」

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

「本の世界を旅するホテル」というユニークなコンセプトのもと、名古屋・伏見に2018年2月20日にオープンした『LAMP LIGHT BOOKS HOTEL nagoya(ランプライトブックスホテル名古屋)』。24時間営業のブックカフェを併設した、本の世界に没頭できるホテル&カフェです。今回はLife Designsスタッフが実際に宿泊体験をしてきました。そちらの様子とともに、「ランプライトブックスホテル名古屋」の魅力をたっぷりとご紹介していきます。

「ランプライトブックスホテル名古屋」とは

LAMP LIGHT BOOKS HOTEL nagoya

ランプライトブックスホテル名古屋の外観看板も本をモチーフにしています。エントランスの天井は板張りになっていて、温かみのあるデザイン。

「ランプライトブックスホテル名古屋」は、全国で宿泊施設を展開する「ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ」が運営する「本の世界を旅するホテル」をテーマにした、コンセプトホテルです。本を読むための快適さにこだわった客室、約3,000冊の本を24時間楽しめるブックカフェ、本を読みながら楽しめるドリンク&フードなど、まさに本の世界を旅するための施設。宿泊の方以外でも、ホット息をつける憩いの場所として、本とともに心地よい時間を過ごせます。

ホテルレセプションホテルレセプション。スタッフさんの制服は本屋さんをイメージ。全スタッフさんが、ホテル×本屋×カフェを兼任しています。
レセプションのカウンターレセプションのカウンターは、本をイメージ。細かなところまで、コンセプトがしっかりと反映されています。本のモチーフを探してみるのも楽しみ方の一つ。
カードキーお部屋の鍵はこちらの黒いカード。エレベーターのセキュリカードも兼ねています。カードケースはロゴ部分を切り取れば、しおりとして持ち帰れます。

それでは、まずは約3,000冊の本が楽しめるブックカフェからご紹介していきます。

NEXT
音楽に、カフェに、ホステル。東日本橋のホステル『CITAN』は誰もが気軽に集える場所。
音楽に、カフェに、ホステル。東日本橋のホステル『CITAN』は誰もが気軽に集える場所。

泊まる

東京都
PREVIOUS
東濃の魅力を伝えたい。「MEETS TONO(ミーツ トーノー) 東濃の地酒と美濃焼。@名古屋テレビ塔」
東濃の魅力を伝えたい。「MEETS TONO(ミーツ トーノー) 東濃の地酒と美濃焼。@名古屋テレビ塔」

おでかけ

名古屋市・栄

【LAMP LIGHT BOOKS HOTEL nagoya】
住所:愛知県名古屋市中区錦1丁目13-18
https://www.lamplightbookshotel.com/nagoya/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
ワンダーホーム

特集一覧へ

クラブナージ