MENU SEARCH

世界遺産白川郷、ミシュラン掲載の旅館「味と心の宿 城山館」(コロナウイルス対策実施中)

泊まる

岐阜県
2020.03.16
三輪 了

三輪 了

白川郷 城山館 若旦那

世界遺産白川郷、ミシュラン掲載の旅館「味と心の宿 城山館」(コロナウイルス対策実施中)

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

こんにちは!世界遺産白川郷にある創業明治末期の旅館「城山館」で若旦那をしている三輪了です。

雪が少ない冬でしたが一年で一番の繁忙期、1月2月を終え、ようやくひと段落つける季節になりました。今回は、手前味噌ではありますが、うちの旅館を皆様にご紹介したいと思います。

何を隠そう、去年発刊された「ミシュランガイド愛知・岐阜・三重2019特別版」に城山館は一つ星の評価を受けております。そんな城山館の魅力を、ホームページには書けないような僕の率直な意見を織り交ぜながら、書いちゃおうと思います。

これからの白川郷は、桜が咲いたり、新緑が美しかったり、ホタルが出たりと僕的には一番好きなシーズンとなりますので、観光にもオススメですよ。

城山館とは?

城山館

まず、簡単に城山館のご紹介です。城山館は岐阜県の白川郷にある世界遺産に登録されている合掌造り集落内にあります。創業は明治末期で、現館主で4代目にあたる4組限定の老舗旅館です。

建物が国重要伝統的建造物に選定されています。家族だけでやっているので、あたたかなおもてなしと、繊細な日本料理が自慢の料理旅館となります。

城山館への行き方・白川郷へのアクセスは?

城山館までの簡単なアクセス方法のご案内です。名古屋から白川郷の行き方としては

①車の場合:名古屋から東海北陸自動車道を通って白川郷ICで降りそこから約5分(約2時間)
②バスの場合:名古屋~白川郷の直通便 (約3時間)
③電車とバスの場合:JRワイドビュー飛騨で高山まで→高速バスで白川郷へ (約4時間)

の3パターンが基本となりますが、名古屋と白川郷のバス直通便は本数が少ないのでご注意下さい。
これからの時期は雪もないので、車で来るのが時間的にも一番行きやすいかなと思います。

白川郷バスターミナル。道路を渡ればすぐに城山館です。

バスでお越しの方に「白川郷のバス停から城山館までどれくらいかかりますか?送迎はしてもらえますか?」と良く聞かれますが、数年前に当館の目の前にバス停(バスターミナル)が移設してきたので、バス停から徒歩1分で城山館に着くことができます。

お車でお越しの方は、このバスターミナルを目印にしてお越しください。宿に隣接する広い駐車場がありますので、そちらに駐車してくださいね。

まずは合掌集落を散策

宿に着いたら荷物を預け、まずは世界遺産の合掌集落を散策するのがオススメです。夕方5時を過ぎてしまうとお店が閉まってしまいますから、早めに散策したほうが良いですね。宿から合掌集落までは徒歩1分くらいでいけるので散策もとっても便利です。

初夏や夏の白川郷もとても綺麗です。

お昼ご飯がまだの方は軽めの食事が理想です。なぜなら城山館の食事はとってもボリューミー!飛騨牛コロッケや五平餅やみたらし団子など、食べ歩きも人気ですがくれぐれも食べ過ぎにご注意下さい(笑)

以前、こんなお客様がいらっしゃいました。旅館の料理はどこも量が少ないと思ったのでしょう。夕食前にたくさん間食をしてしまったみたいで、うちの夕食の量を見て奥様が「こんにたくさん出るなんて聞いてないわよ!」とご主人に怒りだして夫婦喧嘩が勃発。あの時は、とっても焦りましたね。

とはいっても、女性でもキレイに完食される方がほとんどですので、普通にお腹を空かして頂ければ問題なく食べきれると思います。

散策の際は、以前、記事でご紹介した「喫茶・落人」さんもぜひオススメですよ♪

NEXT
お母さんが笑顔だと家族も笑顔になる。働く場所が生まれるカフェ「Ncafe hoshigaoka+atelier kukka」
お母さんが笑顔だと家族も笑顔になる。働く場所が生まれるカフェ「Ncafe hoshigaoka+atelier kukka」

カフェ

名古屋市・名東区
PREVIOUS
【さかな屋のお嫁さん家 3月の食卓】忙しいママ必見!簡単なのに栄養満点!こども喜ぶ♡パクパク食べる♡おさかなメニュー
【さかな屋のお嫁さん家 3月の食卓】忙しいママ必見!簡単なのに栄養満点!こども喜ぶ♡パクパク食べる♡おさかなメニュー

グルメ

愛知県・西尾市

【味と心の宿 城山館】
住所   :岐阜県大野郡白川村荻町1168-1
電話番号 :05769-6-1007

WEB:http://shiroyamakan.jp/

三輪 了

三輪 了

白川郷 城山館 若旦那

愛知県稲沢市出身。大阪で帽子職人としてモノづくりと商いを学び、その後、縁あって飛騨へ。世界遺産白川郷にある明治末期創業の旅館「城山館」の若女将と結婚したことを機に、白川郷へ移住。現在は旅館の更なる発展のため、前職の広告・編集業で培った経験をもとに、情報発信力のある若旦那として旅館や白川郷の魅力を発信中。

また、子煩悩な二児の父親。自宅が職場なので一日中子供たちと過ごしているため、そのイクメンぶりは村内でも有名。

白川郷 城山館のWebサイト

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
下呂温泉 大人の温泉旅行

特集一覧へ

チャリチャリ