キラキラと輝く万華鏡の世界へ「三河工芸ガラス美術館」|愛知・西尾

2019.4.24
三河工芸ガラス美術館

愛知県西尾市にある「三河工芸ガラス美術館」に行ってきました!

 

地元西尾市出身のガラス工芸家・神谷一彦氏が2000年に設立した、ガラス専門の美術館です。巨大万華鏡「スフィア」や、名画の一場面をガラスアートで表現した「シネマグラス」など、60点ほどのガラス作品が展示されています。2018年1月からスマホ撮影がOKになったことで人気を集めている、話題のスポットです。

 

三河工芸ガラス美術館

 

三河工芸ガラス美術館


名鉄西尾線「西尾駅」より、名鉄バス「寺津循環」で「上矢田北停留所」下車。そこから西へ500mほどの場所にあります。名古屋からは車で1時間ほど。敷地内に駐車場がありました。

 

三河工芸ガラス美術館

 

こちらが美術館の外観。

 

※館内撮影は小型カメラ、スマホに限り撮影できます。レンズが5cm以上飛び出す一眼レフカメラやミラーレスカメラは持ち込めませんので、ご注意ください。(自撮り棒、動画撮影もNG)

 

 

 

思わずため息が溢れる、ガラスの世界へ

 

展示室

 

2階と3階に展示室があります。

 

「三河工芸ガラス美術館」では、1点もののガラス工芸品を約60点も展示しています。展示品の大多数は、館長である神谷一彦氏の作品。ガラス工芸に転身される以前にエンジニアとして培った”ものづくり”の技術や経験が、うつくしいガラス作品にも反映されています。

 

ガラス工芸品

 

ガラス工芸品

 

ガラス工芸品

 

ガラス工芸品

 

ガラス工芸品


「ガラスってこんなに美しいのか」と思わずため息がこぼれました。

 

 

 

2002年にギネス認定された巨大万華鏡「スフィア」

 

巨大万華鏡「スフィア」

 

では、いよいよ「三河工芸ガラス美術館」の一番の目玉とも言える、巨大万華鏡「スフィア」へ。大きさは、長さ7.3m × 幅3.1m × 高さ2.55m。2002年版のギネスブックにも載った、世界最大の万華鏡です。万華鏡の中に入れちゃうなんて、ワクワクしますよね!

 

巨大万華鏡「スフィア」

 

巨大万華鏡「スフィア」

 

巨大万華鏡「スフィア」


トンネル型の空間に足を踏み入れると、正面にある3基のステンドグラスが回転すると同時に、映像と音楽が流れます。テーマは「生命と宇宙の起源」。幻想的な雰囲気の中、2分間のストーリーが展開されていきます。

 

巨大万華鏡「スフィア」

 

巨大万華鏡「スフィア」


ストーリーの後半、ビッグバンのシーン20秒ほどがシャッターチャンス!パッと明るくなるので、人物がシルエットになった雰囲気のある写真が撮影できます。

 

 

 

まだまだ続く、ガラス工芸の世界

 

展示室

 

ガラス工芸品

 

ガラス工芸品

 

「スフィア」の出口の先も、ガラス工芸品が展示されています。サンドブラストの作品やジオラマとステンドグラスを融合させたミニチュア作品など、どの作品もとても繊細で、一点一点見入ってしまいました。

 

展示室

 

シネマグラス

 

名画の一場面をガラスアートで表現した「シネマグラス」。こちらは‎オードリー・ヘプバーンが主演をつとめた『ローマの休日』の名場面です。

 

ひとくくりにガラスといっても、さまざまな表現方法や種類があるのだと知りました。

 

 

 

美しい日本の四季、彫刻鏡の部屋「四季」

 

彫刻鏡の部屋「四季」

 

彫刻鏡の部屋「四季」

 

彫刻鏡の部屋「四季」


「三河工芸ガラス美術館」には、「スフィア」のほかにもうひとつ中に入れる作品があります。

 

こちらの、彫刻鏡の部屋「四季」。壁には日本の四季をテーマにした草木がサンドブラストで彫刻してあり、桜・アジサイ・竹林・紅葉・雪景色と変化していきます。

 

床も天井も壁もすべて鏡。合わせ鏡の効果で、異次元の世界に足を踏み入れたような不思議な感覚になります。

 

 

 

特殊万華鏡「ユニバーサル・カレイドスコープ」

 

特殊万華鏡「ユニバーサル・カレイドスコープ」

 

特殊万華鏡「ユニバーサル・カレイドスコープ」


こちらは、CBCテレビ創立50周年のイメージCM用に制作した「ユニバーサル・カレイドスコープ」。鏡筒・ステンドグラス・オイルワンド(オイルを入れたオブジェクト)のすべてが回転する特殊万華鏡です。

 

特殊万華鏡「ユニバーサル・カレイドスコープ」

 

特殊万華鏡「ユニバーサル・カレイドスコープ」

 

 

 

実際に万華鏡が体験できる!「生活とガラスアート館」

 

 

3階は身近なガラスアートを紹介する「生活とガラスアート館」。フロアの一角では、実際に万華鏡が体験できますよ。

 

オイルワンドタイプの万華鏡


こちらは、オイルワンドタイプの万華鏡。オイルの中のオブジェクトが移動し、さまざまな模様が楽しめます。

 

オイルワンドタイプの万華鏡

 

オイルワンドタイプの万華鏡


同じ万華鏡でも、オブジェクトの位置によってこんなにも色や模様が変化します。

 

双眼万華鏡

 

こちらは、内円・外円と2通りの柄が楽しめる「双眼万華鏡」。

 

双眼万華鏡

 

双眼万華鏡

 

双眼万華鏡


内円・外円それぞれ4種類の柄があるので、さまざまなパターンが見られます。

 

テンドグラスを回転させる万華鏡


こちらは、2種類のステンドグラスを回転させる万華鏡。

 

テンドグラスを回転させる万華鏡

 

テンドグラスを回転させる万華鏡

 

ステンドグラスの重なり方によって、柄が変化していきます。

 

建物外には、こんな可愛らしい撮影スポットも。

 

すっかりガラスの世界に魅了されてしまいました。また、今回の写真は小型カメラとスマホで撮影したものですが、想像以上に綺麗に撮影できることに驚きました。訪れる前は、一眼でないときれいに撮れないのではと心配でしたが、スマホでも十分楽しめましたよ。

 

美術館の規模としてはそこまで大きくはありませんが、ガラスの魅力にたっぷりと触れることができます。三河エリアを訪れた際には、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

 

【三河工芸ガラス美術館】
住所   :愛知県西尾市富山町東郷5
電話番号 :0563-59-3334
営業時間 :10:00 - 17:30(最終入館は17:00)
定休日  :月曜、第1火曜定休
駐車場  :無料(30台分)


※巨大万華鏡「スフィア」をはじめ、館内での撮影はスマホと小型カメラのみ。一眼レフカメラや三脚・自撮り棒は使用できないのでご注意ください。