MENU SEARCH

キラキラと輝く万華鏡の世界へ「三河工芸ガラス美術館」

アート

愛知県・西尾市
2019.04.24

キラキラと輝く万華鏡の世界へ「三河工芸ガラス美術館」

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

愛知県西尾市にある「三河工芸ガラス美術館」に行ってきました!

地元西尾市出身のガラス工芸家・神谷一彦氏が2000年に設立した、ガラス専門の美術館です。巨大万華鏡「スフィア」や、名画の一場面をガラスアートで表現した「シネマグラス」など、60点ほどのガラス作品が展示されています。2018年1月からスマホ撮影がOKになったことで人気を集めている、話題のスポットです。

三河工芸ガラス美術館

三河工芸ガラス美術館

名鉄西尾線「西尾駅」より、名鉄バス「寺津循環」で「上矢田北停留所」下車。そこから西へ500mほどの場所にあります。名古屋からは車で1時間ほど。敷地内に駐車場がありました。

三河工芸ガラス美術館

こちらが美術館の外観。

※館内撮影は小型カメラ、スマホに限り撮影できます。レンズが5cm以上飛び出す一眼レフカメラやミラーレスカメラは持ち込めませんので、ご注意ください。(自撮り棒、動画撮影もNG)

思わずため息が溢れる、ガラスの世界へ

展示室

2階と3階に展示室があります。

「三河工芸ガラス美術館」では、1点もののガラス工芸品を約60点も展示しています。展示品の大多数は、館長である神谷一彦氏の作品。ガラス工芸に転身される以前にエンジニアとして培った”ものづくり”の技術や経験が、うつくしいガラス作品にも反映されています。

ガラス工芸品

ガラス工芸品

ガラス工芸品

ガラス工芸品

ガラス工芸品

「ガラスってこんなに美しいのか」と思わずため息がこぼれました。

NEXT
“おしぼり”のように、誰でも簡単に塗装できる!おしぼり塗料「ペーパーステイン」
“おしぼり”のように、誰でも簡単に塗装できる!おしぼり塗料「ペーパーステイン」

インテリア

PREVIOUS
加賀百万石を代表する高級食器・九谷焼を気軽に楽しめる「KUTANI SEAL(クタニシール)」
加賀百万石を代表する高級食器・九谷焼を気軽に楽しめる「KUTANI SEAL(クタニシール)」

【三河工芸ガラス美術館】
住所   :愛知県西尾市富山町東郷5
電話番号 :0563-59-3334
営業時間 :10:00 – 17:30(最終入館は17:00)
定休日  :月曜、第1火曜定休
駐車場  :無料(30台分)

http://mikawakougei.com/

 

※巨大万華鏡「スフィア」をはじめ、館内での撮影はスマホと小型カメラのみ。一眼レフカメラや三脚・自撮り棒は使用できないのでご注意ください。

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

エリア

Tags

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
ワンダーホーム

特集一覧へ

ワンダーホーム