名古屋市内に森がある?! 豊かな森の都市公園「小幡緑地」へ行こう!

おでかけ
名古屋 守山区
2021.11.04
名古屋市内に森がある?! 豊かな森の都市公園「小幡緑地」へ行こう!

名古屋市守山区と尾張旭市にまたがる広大な自然を活かした「小幡緑地」。自然あふれる森や池、お子さまに人気の遊具などが充実している都市公園です。

2021年4月には「森をつかまえる」をコンセプトにしたレストラン&バーベキューサイト「オバッタベッタ」も誕生!日常の喧騒を忘れて楽しめるスポットです。

今回は小幡緑地の魅力をたっぷりとご紹介していきます。

自然観察できる希少な公園

小幡緑地があるのは名古屋市守山区。本園・西園・東園・中央園の4園からなる一体型緑地。76.3haと広大な敷地には、たくさんの野鳥や昆虫が生息。森林浴が楽しめ、自然観察できる希少な公園です。たくさんの遊具、球技場、水遊び場などがありお子さんからお年寄りまで楽しめます。

まずは西園から行ってみましょう!

健康的に楽しめる「西園」


幅がとても広い大きなローラーすべり台

西園の特徴は、10種類の大型遊具がある「幼児広場」、ローラー滑り台のある「児童広場」など、幼児〜児童まであそべる遊具がそろっていること。児童広場横の管理棟では、「かんポックリ」や「竹馬」の貸し出しもされています。

エリアが分かれているので、年齢に合わせて安心して楽しめますよ。


12面もある人工芝のテニスコートや野球場、グランドゴルフができる広場など、大人が楽しめる施設もそろっています。

そのほかにも、遊歩道でウォーキングする人や、丁寧に整備された芝生でピックニックをする人など、それぞれが思い思いの時間を過ごされていました。

園内にはトレーニング室もあるので、西園全体を通じて、健康的に楽しめるようになっています。

続いては本園&中央園に行ってみましょう!
本園&中央園は、西園から車で5分ほどの場所にあります。

自然と触れ合える本園&中央園

オバッタベッタ

本園では、新たに誕生した施設「オバッタベッタ」、遊具や芝生広場に加え、自然と親しむことができるスポットになっています。


駐車場を入ってすぐの場所にあるのが、こだわりの食材を使用したビュッフェスタイルのレストラン「マメボシ」。オープン以来、行列ができる人気のレストランです。

【マメボシ】
ランチタイム :11:00~14:30(ラストオーダー14:00)
ディナータイム:17:00~20:00(ラストオーダー19:00)
<ランチタイム(時間制限80分)>
大人:2,000円(税込)
子供:1,200円(税込)6歳〜12歳

<ディナータイム>
大人:3,300円(税込)
子供:1,200円(税込)6歳〜12歳

マメボシの先には、手ぶらでBBQが楽しめる「ヤネルBBQ」や宿泊キャンプ場施設
「ヤネルCAMP」があります。名古屋にいながらも本格的なアウトドアが公園で楽しめちゃうんです!

【オバッタベッタ】
住所   :愛知県名古屋市守山区川東山小幡緑地(本園)内
電話番号 :マメボシ 052-990-1821 ヤネル 052-990-1823
駐車場  :有(無料)
http://www.obattabetta.jp/index.html

西園と同様に、本園にもお子さんが楽しめるコンビネーション遊具があります。広々とした芝生が広がっているので、バトミントンやキャッチボールをするのもおすすめです。

小さなお子さんもめいっぱい走り回れますよ。

芝生広場の奥には、小さな川もあります。夏には水遊びをしたり、地元の小学校がホタルの幼虫を放流しているので、毎年ヒメホタルの鑑賞が楽しめます。

ここが名古屋なの?と感じるほど、自然豊かです。

小幡緑地では、森林浴コースと題して、ウォーキングコースが設定されているので、中央園に向かって私たちも少し歩いてみることに。


少し歩くだけで、あっという間に森林内の散策路へと入ります。

歩いていると、「マメナシ」の木を発見!東海地方固有種で絶滅が危惧されており、桜の花が散る頃に満開になる落葉小高木です。

なんと、氷河期の生き残りの植物とも言われているんです。秋には梨によく似た直径1cmほどの茶褐色の実をつけます。


散策路を抜け先に現れたのは「竜巻池」。1周約500mほどの池で、小鳥のさえずりや、木々の揺れを感じられます。東屋や池に住む生き物の解説板もありました。

竜巻池から北岸を通った先にあるのが、竜巻池よりも規模が大きい1周1.2kmほどの「緑ヶ池」です。 池には、水鳥が訪れ季節ごとに違った野鳥たちを観察できます。

コスモスの花もきれいに咲き誇っていましたよ。

池の周りにはベンチもあるので、日常の喧騒を忘れて、ぼ〜っと過ごすのにもぴったりです。 名古屋市内ではめずらしく、バス釣もOKなので、釣りを楽しむ人もちらほら見られました。

水生園へ向かう途中には、「とんぼ池」もありました。こちらもボランティアの方々の手によって保全されており、おたまじゃくしがや蛍、クワガタやカブトムシも見られるそうです。

本園から20分ほど歩いて水生園へやってきました。

ここでは、ボランティア「水生園を育む会」と小幡緑地管理事務所職員により、希少価値の高い湿生生物が繁殖できる湿地が保存されています。

非公開区域のため、フェンスで覆われていますが、春になると1カ月だけ特別公開されるそうです。

小幡緑地は、名古屋市内にありながらも、まるで森の中にいるような感覚にさせてくれる都市公園です。春にはお花見をして、夏には、小川で遊び、秋には紅葉を楽しみ、冬には渡り鳥の観察をしたり……。

一年を通じて誰もが集える憩いの場です。駐車場もたくさんあり、おでかけにも便利なので、ぜひ訪れてみてくださいね。

駐車場の利用は(西園駐車場を除く)、10月〜3月までは、午前8時30分〜午後5時30分までです。なお、閉門後は開門できませんので、お気をつけください。

▼詳しくはこちらから
https://www.aichi-koen.com/obata/obata-access/

Photography by Kanae Hori

 

 

スポット詳細

【小幡緑地】
住所:〒463-0094 名古屋市守山区大字牛牧字中山1632-1
https://www.aichi-koen.com/obata/

 

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

おすすめスポット