MENU SEARCH

最先端のデジタルアートをオフィスに。アンダーデザインの「OFFICE × ART –digital-」

アート

名古屋市・伏見
2019.02.21

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

会社の理念や事業を反映させた
アンダーデザインのオフィス

アンダーデザイン株式会社の名古屋オフィス

アンダーデザインでは、ワークスペースの設計・施工も手がけています。後半からは、アンダーデザインの名古屋オフィスをご紹介していきます。

エントランスには、昭和初期に使用されていた黒電話が設置されています。電話通信工事会社という会社のルーツを大切にしたいという想いが込められています。今も通信可能なこのダイヤル式の電話機は、オフィスの受付電話として使用されています。

7本のライトはアンダーデザインのロゴマーク。創業70年の歴史を意味しています。

配管

アンダーデザイン株式会社の名古屋オフィス

配管

そして、ロゴマークの7本のラインをモチーフに、本来は隠れるはずの配管を敢えて見せたデザイン。中にはオフィスで実際に使用されているケーブルが配線され、デザインだけでなく実用性も兼ね備えています。

スケルトン倉庫

スケルトン倉庫

オフィス中央にある倉庫は、なんとスケルトン。配管同様敢えて見せるデザインにすることで、電話工事やITシステム構成という事業内容をスタイリッシュに表現しているのだとか。

TIMES2019

TIMES2019

TIMES2019

「OFFICE × ART –digital-」の第2弾として設置されたアート「TIMES2019」。こちらを手がけたのは、現代アーティスト笹岡敬氏。パッと見では、何を表現しているかわかりませんが、動いている作品を眺めているとあることに気がつきます。

「C」同様、こちらも特別対談が紹介されているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

under design Special Talk #03

アンダーデザイン社 代表取締役社長 川口 竜広さん「今後もOFFICE × ART のプロジェクトを広めて行きたいです。まずは年内に、東京オフィスにも、アートを導入するのが目標です。」と今後の展望を語ってくださった川口社長。

これまでもオフィスに絵画やモニュメントなどのアートを展示することは一般的でした。ですが、「オフィスのためのアート」というものは、なかなかありません。アートの力でオフィスを活性化させたいというテーマを見事に表した作品です。

今回ご紹介したアート作品「C」は実際に建物外からも鑑賞できます。ぜひお近くの方は足を運んでみてくださいね。

NEXT
昭和24年創業。時代を超えて愛される昭和レトロな老舗喫茶店「洋菓子・喫茶ボンボン」
昭和24年創業。時代を超えて愛される昭和レトロな老舗喫茶店「洋菓子・喫茶ボンボン」

カフェ

名古屋市・東区
PREVIOUS
試してみたいメニューがたっぷり。リピートしたくなる北欧カフェ。「Rajakivi(ラキヤヴィ)」
試してみたいメニューがたっぷり。リピートしたくなる北欧カフェ。「Rajakivi(ラキヤヴィ)」

カフェ

名古屋市・金山
1 2 3 4

【アンダーデザイン】
https://underdesign.co.jp/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
ナサホーム

特集一覧へ

エネファント