MENU SEARCH

【冬こそ行きたい!】一泊二日で楽しむ、下呂温泉の冬旅おすすめプラン。雪景色を見ながら足湯に花火に食べ歩き。

PR

おでかけ

岐阜県・下呂市
2019.12.09

【冬こそ行きたい!】一泊二日で楽しむ、下呂温泉の冬旅おすすめプラン。雪景色を見ながら足湯に花火に食べ歩き。

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

肌寒い季節は、あったか〜い温泉が恋しくなりますよね。

そこで今回は、「一泊二日で楽しむ、下呂温泉の冬旅おすすめプラン」をご紹介します。1,000年余の歴史を持ち、日本三名泉のひとつと称される「下呂温泉」。名古屋からのアクセスも抜群で、美人の湯としても有名な温泉地です。お肌がツルツルになる温泉をはじめ、食べ歩きグルメ・歴史ある温泉宿・花火・観光スポットなど、盛りだくさんでお届けします。

日本三名泉のひとつ「下呂温泉」とは

下呂温泉

下呂温泉は、兵庫県の有馬温泉、群馬県の草津温泉と並び「日本三名泉」のひとつと称される名泉です。平安時代に源泉が発見されたと伝えられ、1,000年以上の歴史をもつ、伝統のある温泉です。病後回復・疲労回復・ストレス解消・健康増進などに効能があるとされています。

また、下呂温泉の泉質である「アルカリ性単純温泉」は、肌の角質をとる効果が高く、古い角質層の新陳代謝を促進、くすみの解消など、美肌効果の高い温泉「美人の湯」としても注目されています。無色透明でつるつるとした感触と、ほんのりとした湯の香が特徴です。まさに女子旅にぴったりな温泉なんです。

下呂温泉へのアクセスは?

JR高山本線 下呂駅

JR高山本線 下呂駅

JR高山本線 下呂駅

冬の下呂温泉へのアクセスは、電車がおすすめ。JR高山本線の特急「ワイドビューひだ」を利用すれば、名古屋→下呂まで乗り換えなしで約1時間40分。週末の一泊二日にぴったりな距離感ですよね。

・特急の場合
 【JR名古屋駅】→【JR下呂駅】 約1時間40分

・普通列車の場合
 【名鉄名古屋駅】→【名鉄新鵜沼駅】→【JR鵜沼駅】→【JR下呂駅】 約2時間15分
 【JR名古屋駅】→【JR岐阜駅】→【JR下呂駅】 約2時間10分

・車の場合
 名古屋から中津川IC経由で約2時間30分

また、名古屋からは「下呂温泉直行バス(往復¥3,700)」が毎日運行しています。冬道の運転はちょっと……という方は、ぜひ電車やバスを活用してみてくださいね。

下呂駅に到着!

JR高山本線 下呂駅

JR高山本線 下呂駅

名古屋を出発し、電車に揺られること1時間40分ほど。下呂駅に到着しました。どこからか温泉の香りが……。

手湯

さっそく「手湯」を発見!温泉旅の気分が一気に高まります。

下呂市総合観光案内所

駅前には「下呂市総合観光案内所」があるので、観光MAPをゲットしておきましょう。

レンタサイクル

観光案内所では、レンタサイクル(1,000円/日)の貸し出しも。温泉街は徒歩でも回れる広さですが、少し遠方にも足を伸ばしたい場合はおすすめですよ。

足湯に食べ歩き。温泉街をぶらり

下呂温泉

散策している様子

さっそく下呂の街を散策してみましょう。

下呂温泉は、飛騨川の流れに沿って開けた温泉街。徒歩で回れる範囲内に、食べ歩きを楽しめるお店や、観光スポットが充実しています。また、手湯や足湯のスポットが点在しており、散策しながら気軽に下呂温泉を楽しめるのもポイント!

まずは、数ある食べ歩きグルメの中から、おすすめのお店をピックアップしてご紹介していきます。

温泉地ならではスイーツ「温玉ソフト」を堪能|下呂温泉足湯の里 ゆあみ屋

下呂温泉足湯の里 ゆあみ屋

下呂温泉足湯の里 ゆあみ屋

下呂温泉足湯の里 ゆあみ屋

まず訪れたのは、「下呂温泉足湯の里 ゆあみ屋」。ここでは、温泉地ならではのスイーツが味わえます。店頭には、24時間利用可能な足湯も。

温玉ソフト ¥420

温玉ソフト ¥420

下呂温泉でつくられた温泉卵と冷たいソフトクリームが融合した、新感覚のスイーツ「温玉ソフト(¥420)」。温泉卵をスイーツのように楽しんでほしいという店長さんの想いから誕生しました。

よ〜くかき混ぜて、足湯に浸かりながらいただきます。ミルクセーキのような、懐かしくやさしい味わい。これはクセになります!冬に冷たいソフトを食べても、足湯効果でぽっかぽか。

【下呂温泉足湯の里 ゆあみ屋】
住所   :岐阜県下呂市湯之島801番地2
電話番号 :0576-25-6040
営業時間 :夏期(4月~11月)9:00~21:00|冬期(12月~3月)9:00~18:00
定休日  :不定休

http://yuamiya.co.jp/index.html

下呂牛乳を100%使用したスイーツ|「GEROGEROみるくスタンド」

GEROGEROみるくスタンド

GEROGEROみるくスタンド

続いては、今年オープンしたばかりの新スポット「GEROGEROみるくスタンド」へ。

地元の下呂牛乳を100%使用したドリンクとスイーツが味わえるお店。店内では、オリジナルのお土産も豊富に販売されているので、お買い物スポットとしても。

コーヒー牛乳とスムージ

左)コーヒー牛乳 ¥460 / 右)スムージーミルク(いちご)¥530

特に人気という「コーヒー牛乳」と「スムージーミルク」をいただいてみました。どちらも、自社工場で手づくりしたビスキュイ付き!ふわっとサクサク食感で、ドリンクとの相性も抜群です。

【GEROGEROみるくスタンド】
住所   :岐阜県下呂市湯之島850
電話番号 :0576-23-1930
営業時間 :9:00~17:00(夏季・休日前は延長営業の時あり)
定休日  :水曜日

http://yuamiya.co.jp/milkstand/index.html

老舗肉屋がつくる、飛騨牛ごろっと肉入りカレーパン|「湯島庵」

湯島庵

湯島庵

湯島庵

下呂温泉を訪れたら、味わいたいものの一つが「飛騨牛」。

飛騨牛を気軽に味わえるお店があると聞きつけ訪れたのが、肉専門店「湯島庵」。創業60年の老舗肉屋「天狗」の2号店です。

珠玉の三種盛り ¥900

珠玉の三種盛り ¥900

湯島庵の名物は、飛騨牛霜降りにぎり・飛騨牛赤身にぎり・飛騨納豆喰豚 豚バラにぎりと、3種類の肉寿司が味わえる「珠玉の三種盛り(¥900)」。特に、下呂特産のブランド豚「飛騨納豆喰豚(なっとくとん)」は、やわらかく甘みがじわ〜と広がります。

飛騨牛ごろっと肉入りカレーパン ¥350

飛騨牛ごろっと肉入りカレーパン ¥350

飛騨牛ごろっと肉入りカレーパン ¥350

そして、ぜひ一度は食べていただきたいのが「飛騨牛ごろっと肉入りカレーパン(¥350)」。名前の通り、肉汁たっぷりの大きな飛騨牛がごろっと入っています。パン生地もモチモチ。寒い季節には特におすすめですよ!

【湯島庵】
住所   :岐阜県下呂市湯之島845
電話番号 :0576-25-6226
営業時間 :10:00~17:00
定休日  :水曜日・不定休有

http://yushimaan.com/

レトロかわいい空間でいただく、なめらかプリン|「下呂プリン」

下呂プリン

下呂プリン

下呂プリン

食べ歩きスポットはまだまだありますよ!

続いて訪れたのは、2019年3月にオープンした、下呂温泉初のプリン専門店「下呂プリン」。”思ひ出の味を届けたい”と、店舗併設の工房で一つひとつ手づくりされています。

ポイントは、プリンの味と香りをつくる一番大切な原料であるバニラビーンズ。下呂プリンでは、マダガスカル産の「天然バニラビーンズ」を使用。口に入れた瞬間、豊かなバニラの香りが口いっぱいに広がります。

下呂プリン

地元下呂牛乳を使用した「下呂プリン」をはじめ、メロンソーダ・抹茶・珈琲ゼリーなど、個性豊かなプリンがそろいます。季節限定のプリンもあるので要チェックです!訪れたときは、シャインマスカットがたっぷり入ったプリンが提供されていました。

下呂プリン

店内には下呂温泉の湯船をイメージしたイートインスペースもあります。昔ならではのマッサージチェアやテレビなど、昭和レトロ感たっぷりの空間。懐かしい味わいのプリンは、疲れた身体をそっとほぐしてくれますよ。

【下呂プリン】
住所   :岐阜県下呂市湯之島545-1
電話番号 :0576-74-1771
営業時間 :10:00~17:00
定休日  :水曜日・不定休有

http://www.gero-purin.com/

NEXT
【スウェーデンの暮らし】ヘルシンキ空港内でのお買い物ならここ!ムーミンの魅力がつまったファンには堪らないムーミンショップ
【スウェーデンの暮らし】ヘルシンキ空港内でのお買い物ならここ!ムーミンの魅力がつまったファンには堪らないムーミンショップ

海外

フィンランド
PREVIOUS
八事にあるギャラリー「noivoi」さんで、作家の吉田葵さんにお会いしてきました。
八事にあるギャラリー「noivoi」さんで、作家の吉田葵さんにお会いしてきました。

アート

名古屋市・天白区

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
ワンダーホーム

特集一覧へ

下呂温泉 大人の温泉旅行