MENU SEARCH

家族で行こう!遊んで学べる明太子専門テーマパーク「めんたいパークとこなめ」

おでかけ

愛知県・常滑市
2019.02.28

家族で行こう!遊んで学べる明太子専門テーマパーク「めんたいパークとこなめ」

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

明太子の老舗かねふくが運営する明太子専門テーマパーク「めんたいパーク」。全国に5カ所あり、東海エリアでは愛知県の知多半島にある、常滑市にあります。中部地方では唯一のパークです。

無料で見学できる明太子工場・できたて明太子の直売店・フードコート・めんたいミュージアムなど、大人から子どもまで遊んで学べるスポットなんです!

めんたいパークとこなめ
「かねふく」のマスコットキャラクター「タラピヨ」が目印!外壁には、常滑名物の常滑焼が使われています。
めんたいパークとこなめ
マスコットキャラクターのタラピヨ(左)とタラコン博士(左)と一緒にはい、チーズ!

場所は、知多横断道路セントレアライン「りんくうIC」から車で約2分。電車の場合は、名鉄常滑線「常滑」駅から徒歩約10分です。200台の無料駐車場があり、年中無休なのもうれしいポイントです!

明太子について遊んで学べるミュージアム
「めんたいミュージアム」

めんたいミュージアム

まずは、明太子について遊んで学べるミュージアム「明太子ミュージアム」に行ってみましょう!(この日は、無料開放中でした)

全長約60メートルのミュージアムでは、明太子の原料であるスケトウダラが採れる北の海の様子や、スケソウダラの生態、明太子のつくり方・歴史などについて学ぶことができます。

めんたいミュージアム

めんたいミュージアム
ここにもタラコン博士が!フォトスポットとしておすすめです。

最初のコーナーでは、明太子の原料であるスケトウダラが採れる北の海の様子が紹介されています。

めんたいミュージアム小さなお子さんが遊べるキッズコーナーも

めんたいミュージアム

こちらでは、スケトウダラの生態が学べます。

明太子に利用するのは、スケソウダラからとれる卵だけ。イクラの親はサケとすぐにわかりますが、「明太子の親は?」と聞かれると、意外に思いつかないですよね。スケソウダラは、水深200m〜300mの深く冷たい海に群れをつくって住んでいます。

めんたいミュージアム

スケソウダラの威嚇の声を聞けるコーナーまで。どんな声なのかは、ミュージアムで実際に聞いてみてくださいね!

めんたいミュージアム

明太子に関する豆知識が紹介されているコーナー。

日本で明太子はどれくらい消費されていると思いますか?正解は、約30,000トン!小学校の25mプールに換算すると、124杯分。こんなにも大量の明太子が食べられているのかと驚きです。

めんたいミュージアム

めんたいミュージアム

お子さんが楽しめるタッチゲームも。ゲームはパズルや間違い探しなど数種類あり、こちらは「めんたい神経衰弱」。カードをめくると、かねふくの明太子商品の写真が。「あ、これもおいしそう」と、ゲームをしながらついついほしくなってしまいます。笑

めんたいミュージアム

最後は、船をイメージしたシアタールーム。スケソウダラについて学べる動画(約10分)が放映されています。物語に合わせてタラコン博士の表情が変化するのが楽しかったです。

めんたいミュージアム

めんたいミュージアム

北の海でとれたスケソウダラの卵は船内で取り出され、鮮度を保つため急速冷凍され、工場に届きます。明太子に加工する前のスケソウダラの卵は、「現卵」と呼ばれます。こちらのコーナーでは、解凍した現卵を塩水で漬け込んで「塩たらこ」をつくる様子が見られます。

NEXT
宿泊以外でも訪れたい!新宿のライフスタイルホテル「THE KNOT TOKYO Shinjuku(ザ ノット 東京新宿)」
宿泊以外でも訪れたい!新宿のライフスタイルホテル「THE KNOT TOKYO Shinjuku(ザ ノット 東京新宿)」

泊まる

東京都
PREVIOUS
昭和の香りが残る栄エリアへ、レトロ探訪の旅
昭和の香りが残る栄エリアへ、レトロ探訪の旅

おでかけ

愛知県・中区

【めんたいパークとこなめ】
住所   :愛知県常滑市りんくう町1-25-4
電話番号 :0569-35-9900
営業時間 :平日 9:30〜17:30|土日祝日 9:00〜18:00
定休日  :年中無休
駐車場  :普通自動車 200台

https://mentai-park.com/park/tokoname/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
城山館

特集一覧へ

アルボ