MENU SEARCH

【お散歩しながらアート鑑賞】愛知パブリックアート探訪・名城公園

アート

名古屋市・北区
2020.08.14

【お散歩しながらアート鑑賞】愛知パブリックアート探訪・名城公園

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

美術館やギャラリーに行かなくても、街中でアートを楽しむ方法があるんです!

それは「パブリックアート」。パブリックアートとは、広場や公園など公共的な空間(パブリックスペース)に設置される芸術作品のこと。公共的な空間なので、もちろん無料で楽しめます。

そこでライフデザインズでは、「愛知パブリックアート探訪」と題し、街中にあるパブリックアートをご紹介していきたいと思います。三密を避けながらアートが楽しめるので、withコロナの今にもぴったりですよ。

パブリックアートマッ

NPO法人「炎舞」にて紹介されている「パブリックアートマップ」を参考にさせていただきました。名古屋市を中心に18エリア紹介されています。今回は、名城公園エリアを巡ってみたいと思います。名城公園エリアは、彫刻が多いとのこと。

では、さっそく行ってみましょう〜!

まずは名城公園へ

名城公園

名城公園

今回は、3つのエリアに作品が分かれています。まずは「名城公園」へ行ってみましょう!

名城公園とは、名古屋城を中心に二之丸・三之丸・北園までにあるいくつかの公園の総称で、一般的にはお城の北の北園をさします。

芝生広場を中心に、江戸時代の名残のあるおふけ池・藤の回廊・名城公園フラワープラザなどがあり、四季を通じて散策やピクニックが楽しめます。また、ランニング・ウォーキングコースがあり、ランナーには恵まれた環境が整っています。

① 増田正和『碑のトルソー』

増田正和『碑のトルソー』

入り口すぐ右側にあるのは、兵庫県出身の彫刻家・増田正和さんの作品『碑のトルソー』。第9回現代日本彫刻展で大賞を受賞された作品です。

② 石黒鏘二『浮遊』

石黒鏘二『浮遊』

すぐそばにあるのは、名古屋を代表する現代彫刻家・石黒鏘二さんの作品『浮遊』。緑の中に作品が展示され、まるで屋外美術館のようです。

名城公園フラワープラザ

名城公園フラワープラザ

続いては、「名城公園フラワープラザ」へ。ここでは、四季折々の花や緑が楽しめます。訪れた日は、ちょうど紫陽花が見頃をむかえていました。

③ セルジオ・カッペリーニ『ダンスのステップ』

セルジオ・カッペリーニ『ダンスのステップ』

セルジオ・カッペリーニ『ダンスのステップ』

そんな名城公園フラワープラザの一角にあるのは、イタリア出身のセルジオ・カペリーニさんの作品『ダンスのステップ』。彼の作品のテーマは一貫して、平和・信仰・愛のメッセージを人物像に込めています。

百合の詩

公園中央にある芝生広場の方へ。途中にあるモニュメントも『百合の詩』という作品ですが、パブリックアートマップには記載されていませんでした。

④ 北村西望『青春』

北村西望『青春』

芝生広場の横にどーんと構えるのは、長崎県出身の彫刻家・北村西望さんの作品『青春』。

北村さんは、あの有名な長崎平和公園の「平和祈念像」の制作者であり、日本彫刻史に燦然たる功績を残した巨匠。平和・自由・宗教をモチーフに、数多くの作品を残されました。

芝生広場を抜け、公園の奥へ進んでみましょう。

⑥ 石田武至『晴天』

石田武至『晴天』

小さな広場の中に、作品が数点展示されていました。こちらは、愛知県出身の彫刻家・石田武至さんの作品『晴天』。

シャープで洗練された彫刻表現は「石田彫刻」と呼ばれ、ハワイ・東京・愛知県内など国内外各地に数多くの作品が設置されています。2004年までは、名古屋芸術大学の教授もつとめられていたのだとか。

⑦ 柳原義達『道標・鳩』

柳原義達『道標・鳩』

鴉や鳩を題材する「道標」と名づけられたシリーズは、柳原義達さんの代表作です。

⑧(株)澤田造景研究所『天使』

澤田造景研究所『天使』

企業としてつくられた作品でしょうか?調べてみましたが、詳細がわからず……。

この広場には、石川裕さんの作品「ささやき」もありますが、作品の前でピクニックをされている方がいたため撮影できず。でもこうしたハプニングも、パブリックアートならでは。

子どもの広場

広場の奥には、「子どもの広場」がありました!ブランコ・シーソー・滑り台など、お子さんが楽しめる遊具がたくさん。ひと休みにもぴったりですね。

⑨ 野々村一男『青年』

野々村一男『青年』

どどーんと構えるのは、野々村一男さんの作品『青年』。

戦後から復興した名古屋市の象徴として、1957年市営地下鉄が開業した翌年、名古屋駅前東口正面ロータリーに建造されました。地下鉄桜通線の工事の為1984年に撤去され、1986年に名城公園に移築。名古屋市のシンボルとして長い間、市民に親しまれてきた像なんですね。

⑩ 石田武至『舞』

石田武至『舞』

名城公園

石田武至さんの作品『舞』の目の前には、大きな池が広がっています。ハナショウブが見事ですね!

⑪ 佐藤忠良『娘』

佐藤忠良『娘』

さて、名城公園エリアの最後の作品です。

宮城県出身、日本を代表する彫刻家・佐藤忠良さんの作品『娘』。佐藤忠良さんが活躍した20世紀の後半は、日本にとってはバブル期。多くのブロンズ彫刻が野外空間に進出した時期でした。そのため、全国各地で佐藤忠良さんの作品を見ることができますよ。

名城公園を後にし、能楽堂の方面へ行ってみましょう。

⑫ 山本眞輔『深緑』

山本眞輔『深緑』

バス停の横に作品を発見しました!見逃さないように注意です。

⑬ 加藤鎮夫『加藤清正』

加藤鎮夫『加藤清正』

能楽堂の前にドシっと構えているのは、加藤清正像。加藤清正は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての戦国武将。傑出した武力を持ち、武功を重ねて一介の兵士から大名にまで成り上がりました。そんな勇ましさが表現された銅像ですね。

NEXT
【読書好きスタッフが選ぶ、8月に読みたい1冊】今月のテーマは、夏の切なさが詰まった本
【読書好きスタッフが選ぶ、8月に読みたい1冊】今月のテーマは、夏の切なさが詰まった本

ライフスタイル

PREVIOUS
【ギリシャ ロードス島】ロードス島で一番美しいビーチを望む、白い街リンドス
【ギリシャ ロードス島】ロードス島で一番美しいビーチを望む、白い街リンドス

海外

ギリシャ

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

エリア

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
明治村

特集一覧へ

Nuqu