見て、泊まって、体験する住宅展示場「SHARES ラグーナ蒲郡」

2018.9.21
海を楽しむアメリカンハウス「COVACO」

2017年4月にオープンした「SHARES ラグーナ蒲郡」。実際にモデルハウスに泊まってライフスタイルを体験できる、新しいかたちの住宅展示場です。敷地内にはそれぞれ異なるコンセプトの14棟の住宅と、4棟の小屋のモデルハウスがあります。家を建てたい人は自由に見学して、気に入ったものが見つかれば体験宿泊もできます。それだけではなく、レジャーや女子会などの目的で、ホテルとして利用することも可能。


施設の誕生背景から、実際のモデルハウスレポートまで、「SHARES ラグーナ蒲郡」の魅力をたっぷりとご紹介します。

 

 

きっかけは、住宅展示場の有効活用

 


「SHARES ラグーナ蒲郡」を運営するのは、住宅のコンサルティングを行う株式会社住宅アカデメイア。どのようにして「SHARES ラグーナ蒲郡」は誕生したのでしょうか。住宅アカデメイアの山田さんにお話を伺いしました。


山田さん:「一般的な住宅展示場のモデルハウスは、出展各社が総力をあげて建てたもので、実際に建設しているものよりも大きい場合がほとんどです。建築費・維持費・出店費・スタッフの人件費など莫大なコストがかかっています。また、ほとんどが5〜7年のスパンで建て替えるんです。

 

かつ、お客様のご来場は週末がほとんどです。平日や夜間などは使用されないというとてももったいない状態。そこで、もっと住宅展示場をうまく活用できないかとはじまったのが、「SHARES ラグーナ蒲郡」です。」

 

 

「SHARES ラグーナ蒲郡」の3つの特徴

 

shares


「SHARES ラグーナ蒲郡」は、一般的な住宅展示場とは異なる大きな3つの特徴があります。


①無理のないリアルサイズのモデルハウス
②営業スタッフではなく、「ハウジングツーリスト」が第三者目線でサポート
③夜は宿泊施設として利用できる


順番にご紹介していきます。

 

 

①無理のないリアルサイズのモデルハウス

 

 

「SHARES ラグーナ蒲郡」の敷地内には、それぞれ異なるコンセプト・デザイン・プランをもつ14棟の1軒家と、4棟の小屋があります。1軒家はすべて30坪前後という、リアルサイズ。実際の住まいを思い描きながら比較ができます。


山田さん:「一般的な住宅展示場でよく見かける「二世帯住宅」「三階建」など大きな建物ではなく、全棟リアルサイズの建物になっています。2〜4名の家族を想定して考え、間取りも2LDK、3LDKがほとんどです。全棟が同じくらいの広さ・価格帯・性能になっているので、建物重視ではなく、ライフスタイルや自分の好みで選ぶやすいというのもポイントですね。」


住宅を見学するときには、「広さ」「間取り」「性能」などスペック面に目がいきがちですよね。ですが、「SHARES ラグーナ蒲郡」では、デザイン・雰囲気・インテリアなど、自分のライフスタイルにあっているかという視点で直感的に見学ができるんです。

 

 

②営業スタッフではなく、「ハウジングツーリスト」が第三者目線でサポート

 

ハウジングツーリスト


一般的な住宅展示場との大きな違いは、各住宅会社の営業スタッフがいないという点です。「SHARES ラグーナ蒲郡」には、『ハウジングツーリスト』という専任スタッフが常勤し、彼らが全棟に関する窓口となって第3者の公平な視点で家づくりをサポートしてくれます。


山田さん:「モデルハウスには、各住宅会社の営業スタッフはいません。基本的には自由にご見学していただけます。ご相談されたいという場合は『ハウジングツーリスト』という専任スタッフがご案内させていただいています。ローンや保険の提案会社でもありますので、資金面でもサポートが可能です。」


自由に見学ができるので、そのとき感じたことを気兼ねなく家族と話しながら、自分のペースで検討できるのはうれしいですよね。ローンや保険までサポートしてくれるのも頼もしい。

 

 

③夜は宿泊施設として利用できる



そして夜間には1棟貸切のコテージとして宿泊できます。


山田さん:「女子会やレジャーとして宿泊される方が多いですよ。隣の「ラグーナテンボス」で花火を打ち上げているので、年末年始と夏場は特に人気ですね。1棟貸しなので、プライベートな空間でゆっくりとくつろげるとご好評いただいています。

 

家づくりを検討されている方にもご利用いただいていますよ。実際に住んでみたいお家、建ててみたいお家に泊まることができると喜ばれています。宿泊をきっかけに、家づくりを考えはじめられたという方もいらっしゃいましたね。」

 

キッチン家電キッチン家電や、食器類も揃っているので、食材を持ち込んで料理を楽しむことができます。掃除機や洗濯機まで利用可能。実際にそこに住んでいるかのように住み心地を体験できるんです。


住宅は生活してみなければわからないことがたくさんあります。時間の経過で変化する採光、風の通り方、収納の使い勝手など、イメージではなく間取りや動線を実際に体感できるのは、家づくりをする方にとって、きっと貴重な体験になると思います。

 

試着や試乗があるように、家も試してみませんか?

 

 

実際に14棟のモデルハウスを見学してみました!

 

SHARES BASE
SHARES BASE

 

SHARES BASE
中は広々とした打ち合わせ&休憩スペースになっています。ドリンクの無料サービスもあるので、見学途中の休憩スペースとしても。

 

各住宅会社の資料や、資材のサンプルも見ることができますよ。


今回は実際に14棟のモデルハウスを見学してみました。

 

まずはこちらの「シェアーズベース」見学受付をします。予約は不要ですが、ハウジングツーリストの方との打ち合わせを希望する場合は、事前のご予約がおすすめ。

 

【SHARESラグーナ蒲郡の見学日】
営業日:月・火・金・土・日・祝祭日
休業日:水・木
時間 :11:00~17:00

▼ご予約はこちらから
https://www.shares-gamagori.com/contact/

 

ハウスガイドハウスガイドには、「カフェハウスコース」「アメリカンコース」など、おすすめのモデルコースも紹介されています。迷った方は、こちらを参考に!


アンケートを記入したら、見学パスを借り、こちらの「ハウスガイド」を持って見学スタート!

 

敷地内は、「ガーデンエリア」「オーシャンエリア」「アウトドアエリア」「キャンピングエリア」の4つのエリアに分かれています。各モデルハウスの内観までしっかりとご紹介していきます。

 

 

緑豊かな「ガーデンエリア」

 

1. 平屋ベースのスキップフロア「CAMP」

 

平屋ベースのスキップフロア「CAMP」

 

まずは、こちらのモデルハウスを見学してみましょう。平屋とスキップフロアを融合したモデルハウス「CAMP」。少し天井が低くなったリビングは隠れ家のようでとても落ち着きます。

 

最初にモデルハウスに入って驚いたのが、空間のリアルさ。実際に宿泊ができるということもあり、家具からキッチン用品までしっかりと揃えられています。一般的なモデルハウスよりも、よりリアルな空間を体感できます。

 

平屋ベースのスキップフロア「CAMP」
インテリアもしっかりとつくりこまれているので、生活イメージがしやすいです。

 

平屋ベースのスキップフロア「CAMP」
吹き抜けに面したガラス張りの「フリースペース」。

 

平屋ベースのスキップフロア「CAMP」読書をしたり、音楽を聞いたり、どんな風に活用しようか夢が膨らみます。


https://www.shares-gamagori.com/pavilion/camp/

 

 

2. “今”の日本家屋「地球民家 IMA」

 

“今”の日本家屋「地球民家 IMA」

 

続いては、落ち着いた日本の伝統美を受け継ぎながら、現代の快適さを融合させた「地球民家 IMA」。入った瞬間、木の心地よい香りが広がります。先ほどとは印象の異なるナチュラルな雰囲気。

 

確かに広さや間取りではなく、雰囲気やイメージで「この雰囲気好きだな。」「こんな感じの暮らしが良いな。」と直感的に比較できます。

 

“今”の日本家屋「地球民家 IMA」
天窓からの光が差し込み、とても明るいLDK。

 

“今”の日本家屋「地球民家 IMA」
リビングを一望できるロフトは、思い通りに活用できるフリースペース。ルーバーになっているので、リビングとの一体感があります。

 

“今”の日本家屋「地球民家 IMA」
小上がりになった畳スペース。寝室として、客間として、落ち着きのある空間です。


https://www.shares-gamagori.com/pavilion/ima/

 

 

3. 自給自足する家「VOLKS-nR」

 

3. 自給自足する家「VOLKS-nR」

 

こちらは自然エネルギーを取り入れた「自給自足する」家。太陽熱を活用して暖房・給湯を行うOMソーラーシステムと、木質バイオマスを活用するペレットストーブ「ほのか燦(さん)」を導入したモデルハウスです。こうした設備は実際に過ごしてみることで、より良さを実感するはずです。

 

3. 自給自足する家「VOLKS-nR」
写真右側にあるのが、木質バイオマス燃料を使ったペレットストーブ「ほのか燦」。

 

3. 自給自足する家「VOLKS-nR」
夏の日射遮蔽(しゃへい)・風通しの計画はもちろん、冬も快適に過ごせるように、屋根で効率よく熱を集めて太陽の熱を床下に送るOMソーラーシステムの床暖房が設置されています。

 

 

3. 自給自足する家「VOLKS-nR」2階にはタタミコーナとフローリングの、ひとつながりの空間があります。このように畳スペースをたっぷりと設けるのも良いですね。


https://www.shares-gamagori.com/pavilion/volks-nr/

 

 

4. 開放感のあるテラスハウス「CAVERN」

 

開放感のあるテラスハウス「CAVERN」

 

青い外観が印象的な「CAVERN」のモデルハウス。一番の特徴は、2面の大きな窓に囲まれた土間スペースです。グリーンを並べたりペットと遊んだり、あるいはアトリエやショップをオープンしたり……夢が広がりますね。屋外から気兼ねなく出入りできる土間スペースの可能性は無限大です。

 

泊まれる住宅展示場「CAVERN(キャバーン)」土間スペース。生活空間とは段差で程よく分かれているので、お店やカフェ、または友達と楽しく過ごすサロンなどにもぴったりです。

 


カウンターキッチンはフィンランドブルーでコーディネート。タイル使いがかわいいです!

 

寝室の収納スペースはルーバーでオープンに。プライベートな空間はこのように建具をつけないという選択肢もありますよ。このように家づくりのヒントもたくさんです。


https://www.shares-gamagori.com/pavilion/cavern/

 

 

海が一望できる「オーシャンエリア」

 

オーシャンエリア

 

続いては、オーシャンエリアです。目の前には、蒲郡の海が広がります。隣にある複合施設「ラグーナテンボス」の花火大会も一望できるのだとか。部屋から海と花火が見えるなんて、なんてぜいたくなのでしょう。

 

 

5. 海を楽しむアメリカンハウス「COVACO」

 

海を楽しむアメリカンハウス「COVACO」

 

ひときわ目を引く平屋のアメリカンハウス。広いデッキと土間リビングが特徴です。こうした一般的な住宅展示場にはなかなかない、デザインの住宅を見学できるのも「SHARES ラグーナ蒲郡」の魅力のひとつです。

 

海を楽しむアメリカンハウス「COVACO」ゆったりとした土間リビング。お客さんが来たときのくつろぎの場としても。

 

海を楽しむアメリカンハウス「COVACO」大きなアイランドキッチンでまるでお店のようなダイニングキッチン。壁の色使いがアメリカンな雰囲気をより一層演出してくれます。

 

海を楽しむアメリカンハウス「COVACO」まるでリゾートのような海を眺められるベッドルーム。こんなお部屋で目覚めたら、リフレッシュできること間違いなしですよね。


https://www.shares-gamagori.com/pavilion/covaco/

 

 

6. 土間のある和モダンハウス「地球民家 MIRAI」

 

地球民家 MIRAI

 

2番目にご紹介した「地球民家 IMA」と同じ「地球民家」シリーズのモデルハウスです。シンプルな平屋に、広々とした土間玄関がプラスされたスタイル。土間のつくり方、使い方もたくさんあるんですね。

 

地球民家 MIRAI土間スタイルの玄関は、ソファを置いてくつろいだり、インテリアを飾ったりなど、自由度の高い空間。

 

地球民家 MIRAI
家の中央にLDKを配置することで、土間と一体感のあるつくりに。

 

地球民家 MIRAI和室スペースの障子が空間のアクセントになっています。ちょっとしたおもてなし空間に。


https://www.shares-gamagori.com/pavilion/mirai/

 

 

7. パッシブエアコンが体感できる「OM-WORKS」

 

パッシブエアコンが体感できる「OM-WORKS」

 

こちらのモデルハウスには、「パッシブエアコン」が設置されています。パッシブエアコンとは1台のダクトエアコンで建物全体を冷暖房するシステムのこと。また、蓄熱する「CNシート」を天井・壁・床を効果的に使用しているので、縁側の居心地は抜群です。


こうした説明が書かれた資料やパネルはどこにも見当たりません。「なんだかこの空間心地よいな。なぜだろう?」「この家の仕様が気になるな」そんなときは専属スタッフの『ハウジングツーリスト』に相談してみてくださいね。

 

パッシブエアコンが体感できる「OM-WORKS」
LDKは二方向に設けられた縁側へとつながります。

 

パッシブエアコンが体感できる「OM-WORKS」
室内の一角には、LDKとフラットにつながる土間スペース。

 

パッシブエアコンが体感できる「OM-WORKS」ステンレス天板がスタイリッシュなキッチン。

 

 

8. ビーチサイドハウス「WEEVA」

 

ビーチサイドハウス「WEEVA」

 

「何もしない休日」がコンセプトのビーチサイドハウス。高い天井と見通しがよく開放的なリビングは、外観の印象よりも何倍も広く驚きでした。間取りやパースではなかなかわからない、こうした空間の広がりを実際に体感できるのがモデルハウスの良さでもあります。

 

ビーチサイドハウス「WEEVA」リビングの一角には玄関を兼ねた広い土間。白い薪ストーブは、インテリアとしてもすてきです。

 

ビーチサイドハウス「WEEVA」カフェのようなキッチンカウンター。白いオーニングがカフェらしさをより演出してくれています。

 

ビーチサイドハウス「WEEVA」洗面スペースの壁紙もとってもキュート。白と水色でまとめられているので、スッキリとした印象になっています。色を合わせるって大切ですね。

 

 

9. ワンチャンと暮らすログハウス「HANDS LOG」

 

ワンチャンと暮らすログハウス「HANDS LOG」

 

こちらはなんとワンちゃんも宿泊できるモデルハウス。

 

オープン当初は全棟ペット同伴での宿泊はできなかったそうですが、愛犬家のスタッフによる熱意や愛犬家の方たちの声から、トライアルという形で1棟のみペット同伴OKだそう。ペットと一緒に宿泊できる、旅行ができると評判を呼んでいます。(中型犬2匹まで)

 

ワンチャンと暮らすログハウス「HANDS LOG」階段含め、すべての床スペースには防滑・防水の"ペットコーティング"がされています。フローリングとは思えない滑りにくさはぜひ実際に試してみてくださいね。

 

ワンチャンと暮らすログハウス「HANDS LOG」
壁面には光触媒技術による新しい概念のコーティング剤"ケスキン"が施され、カビやウイルスを分解除去でき、消臭効果も期待できるのだとか。

 

ワンチャンと暮らすログハウス「HANDS LOG」
外には、ワンちゃんが遊べる「ドッグラン」も設置されています。


https://www.shares-gamagori.com/pavilion/handslog/

 

 

10. 中庭を囲むフラットハウス「casa cago」

 

中庭を囲むフラットハウス「casa cago」

 

建物に囲まれたウッドデッキと中庭は、周囲の視線を遮ったプライベートスペースです。家の片側は広々としたLDKには、中庭からたっぷりと光が差し込みます。視線が抜けて、広く感じられるという効果も。屋根のついた中庭は、オールシーズン&全天候型のまさにアウトリビングです。

 

中庭を囲むフラットハウス「casa cago」中庭はなんとジャグジーが。実際のおうちでは、お子さん用のプールを置いたり、BBQスペースにしたり、それぞれのライフスタイルに合わせて活用していただけます。

 

中庭を囲むフラットハウス「casa cago」
無垢材を活かしたあたたかみのある内装。

 

中庭を囲むフラットハウス「casa cago」
屋内の横窓はサッシを木枠で囲い、むき出しにならないデザインに。シンプルながらも、細部までこだわられています。

 

 

リゾート感溢れる「アウトドアエリア」

 

アウトドアエリア

 

いよいよモデルハウス見学も終盤戦です。

 

広い海を見渡せるのはもちろん、対岸にはラグーナテンボスを望める絶景スポット。あかりが灯りはじめる夕暮れの景色が絶景なのだとか。

 

 

11. ステップフロアハウス「one - HAPPY」

 

11. ステップフロアハウス「one - HAPPY」

 

スキップフロアが気になるという方におすすめなのが、こちらの「one - HAPPY」です。部屋を壁で仕切らずゆるやかな段差でつなげた空間は、コンパクトとは思えないほど、開放的。

 

家族が別の場所にいても気配を感じる、心地よい距離感はスキップフロアならでは。自由に見学ができるので、家族それぞれいろいろな場所に座って、試してみてくださいね。

 

11. ステップフロアハウス「one - HAPPY」約30帖とは思えないほど開放的なダイニング。

 

11. ステップフロアハウス「one - HAPPY」
お子さんが小さいうちは、このようにリビング面した場所を子供部屋にするのも良いですね。床の高さを生かした床下収納もたっぷり。

 

11. ステップフロアハウス「one - HAPPY」
リビングは、開放的なダイニングキッチンとは対照的。少し奥まった場所にあるので、落ち着いた空間になっています。


https://www.shares-gamagori.com/pavilion/one-happy/

 

 

13. ずっといたくなる、街カフェの家「nook」

 

ずっといたくなる、街カフェの家「nook」

 

女性デザイナーが設計したという「nook」は、かわいらしいカフェテイスト。「nook」とは、独立した部屋ではないけれど、ずっとそこにいたくなるようなこぢんまりとした居心地のよい空間のこと。家のあちこちにnookをプラスすることで、馴染みのカフェのようなずっといたくなる空間に仕上がります。

 

ずっといたくなる、街カフェの家「nook」キッチンカウンターと、黒板の壁でカフェ風に。

 

ずっといたくなる、街カフェの家「nook」
階段の下に「nook」を発見しました。家族の気配を感じながら、読書をしたり、考え事をしたり、自分だけの時間を過ごせます。

 

ずっといたくなる、街カフェの家「nook」
両サイドが吹き抜けになった開放的なフリースペース。セカンドリビングやファミリーの共有スペースとして。


https://www.shares-gamagori.com/pavilion/nook/

 

 

14. 家から0分のキャンプ場は屋上に「OFFTIME」

 

家から0分のキャンプ場は屋上に「OFFTIME」

 

最後はとても個性的なモデルハウスです。

 

屋上がキャンプやBBQを楽しめるアウトドアスペースになっています。広々とした土間スペース、リビングとつながるウッドデッキ。こんなお家ならアウトドアがもっと身近になりそうです。

 

家から0分のキャンプ場は屋上に「OFFTIME」板張り天井、間接照明、大開口の建具が、上質さをプラス。

 

家から0分のキャンプ場は屋上に「OFFTIME」
ダイニングのチェアは、なんとアウトドア用。こうして室内で使ってもカッコ良いですね。

 

家から0分のキャンプ場は屋上に「OFFTIME」土間玄関には、サーフボードやアウトドアグッツなどを置いて。

 

 

以上でモデルハウス見学は終了です。来場者のみなさんが、とても楽しそうに見学されているのが印象的でした。無理な営業をされることなく、気になった住宅とじっくりと向き合えるのは、家づくり検討者にとって、とてもうれしいですよね。


所要時間は早足で1.5時間ほど。じっくり見学されたいという方は、2〜3時間くらい余裕を持っておくと、時間を気にせず楽しめると思いますよ。疲れたときは「SHARES BASE」で無料のドリンクを飲んで、休憩をしながら見学してくださいね。

 

SHARES ラグーナ蒲郡

 

最後に山田さんに今後の展望をお伺いしました。


山田さん:「この場所をきっかけに、県外から蒲郡に移住してくださる方が増えたら良いなと思っています。蒲郡市とタイアップして、年に2回ほど移住ツアーを開催しています。

 

蒲郡の一番の魅力は、海と山、自然が近くにあることですね。蒲郡みかんの産地として知られている通り、暖かい気候なので、子育てもしやすいと思いますよ。移住だけでなく、もっとたくさんの方に蒲郡の魅力を知っていただけるきっかけになったらなと思っています。」

 


「SHARES ラグーナ蒲郡」はこれまでの住宅展示場の概念を覆す、とてもすてきな場所でした。イメージのしやすいリアルサイズのモデルハウス。しつこい営業のない自由な見学。気になった施設に宿泊して、じっくりと体感できる。これほどまでに、楽しく住宅を見学できる場所があったのかと驚きでした。住まいを検討している方には、ぜひ一度は足を運んでいただきたいです。

 

蒲郡は、海の幸あり、温泉あり、ラグーナテンボスなどのレジャー施設あり、と家族のおでかけにぴったりの場所です。まずはおでかけついでに足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

【SHARESラグーナ蒲郡】
住所   :愛知県蒲郡市海陽町2丁目7−3
電話番号 :0533-59-7400
営業時間 :9:00〜17:00
定休日  :水・木

https://www.shares-gamagori.com/


▼宿泊についてはこちらから
https://www.shares-gamagori.com/hotel/