アネストワンのリノベーションを体感できるアンテナショップ「巣まいと暮らしの店 トリノス」|名古屋・名東区

2018.9.10
巣まいと暮らしの店 トリノス

東海エリアでいち早くリノベーション専業会社をスタートしたアネストワン。同社のリノベーションを体感できるアンテナショップが、名古屋市名東区にある「巣まいと暮らしの店 トリノス」です。今回は、アネストワンのリノベーションについて、お店に込められた想いなど、お店の背景までたっぷりとご紹介します。

 

 

リノベーション専業会社
「アネストワン」の誕生

 

アネストワン 代表取締役 青山信春さん
アネストワン 代表取締役 青山信春さん


アネストワンの誕生は今から21年前、1999年(平成9年)のことです。どのようにしてアネストワンが誕生したのか、代表取締役の青山さんにこれまでの経歴についてお話を伺いました。


青山さん:「最初は普通のリフォーム会社からスタートしました。当時はリノベーションという言葉すらない時代でした。リノベーションという文化が少しずつ日本で普及し始めたのは、1990年代後半です。東京や大阪が中心で、東海エリアにはまだまだ浸透していませんでした。

 

ある日、東京のリノベーション会社「ブルースタジオ」が出版した書籍を読んだんです。本を読んで「これだ!」と確信しましたね。絶対に東海エリアにもリノベーションの波がくると。そうして、自分たちがやりたい事とも一致していましたので、リノベーション専業の会社へと、一気に舵を切りました。」

 

アネストワンの施工事例アネストワンの施工事例


東海エリアで先駆者としてリノベーションに取り組みはじめたアネストワン。苦労も多かったのだといいます。


青山さん:「リノベーションをやっている会社が周りにいないので、全国各地の会社さんに視察に行きました。情報を集めながら何度も試行錯誤して少しずつ形をつくっていきました。そして、東海という地域性にも悩まされましたね。東京や大阪などに比べ、土地も広く、価格も比較的高くないので、まだまだ戸建思考であり、新築思考の方が多いんです。最初のうちは、「中古=古くて汚い」というイメージの払拭にも非常に苦労しました……。」

 

アネストワンの施工事例


青山さん:「そこでまずは、マンションオーナーの方々に声をかけ、マンションやアパートなどの賃貸物件の収益アップのリノベーションに取り組みました。そして次に手掛けたのが、不動産会社とのコラボとして、リノベーションマンション再販物件の企画・設計・施工です。施工事例がないと良さも伝わらないですからね。次第に事例も増えてきた頃、デザイナー・写真家・作家などクリエイターの人たちの間で、「リノベーション=かっこいい!」という流れが生まれはじめました。」

 

アネストワンの施工事例

 

少しずつリノベーションという文化が、東海エリアでも普及しはじめた頃、アネストワンにある転機が訪れます。


青山さん:「リフォーム産業新聞社主催の「リフォームフェア」に出展したことが大きなきっかけとなりました。東京や大阪でリノベーションが盛り上がっていたので、東海エリアでも盛り上げたいという業界の動きがあり、リノベーションのブースをつくることになりました。リノベーションの楽しさが少しでも伝わればと、古材や雑貨などで、ブースの世界観を精一杯作り込みました。一般の方からもご依頼をいただくようになったのは、そこからですね。」

 

 

居心地がよく、あたたかみのあるリノベーション

 

アネストワンの施工事例


アネストワンのリノベーションの特徴を教えていただきました。


青山さん:「リノベーションという言葉を聞くと、デザイン性が高い・かっこいい・モダンといったクールなイメージが多いのではないでしょうか。ですが、私たちは東海という地域性も考え、もう少し女性目線で、温かみがあり、居心地の良い空間を提案したいなと考えました。アネストワンの「ネスト(nest)」は、「居心地が良い」という意味です。」

 

 

アンテナショップ「巣まいと暮らしの店 トリノス」の誕生

 

巣まいと暮らしの店 トリノス


続いて、お店の誕生の背景について伺いました。


青山さん:「お店をつくった一つの理由は地域密着です。私たちのお客さまはほとんどの方がネットを見てという方々です。どうしてもネット集客ですと、遠方の方など、点になってしまいます。

 

アネストワンは、アフターメンテナンスなどの関係から、基本的には車で30分圏内のエリアでのみ施工をさせていただいています。名東区を中心に、昭和区・瑞穂区・天白区・長久手市・日進市などですね。そうした地域の方に、私たちのことをもっと知っていただくためにはどうしたら良いかなと考えたときに、アンテナショップをつくるのがベストだと考えました。まずは気軽に、地域の方に訪れていただける場所をつくりたかったんです。」

 

トリノスの冊子


青山さん:「もう一つは、リノベーションをしていただいたお施主さんたちにも遊びにきていただけるお店をつくりたかったからです。よくお施主さんたちから、「どんな照明を合わせたら良いですか?」「どんな植物を置いたら良いですか?」「メンテナンス方法を知りたいです」といった、お声をいただくことがありました。そんなことを直接お伝えできる、ご提案できるお店をつくりたいと思いました。それがお店の誕生のきっかけですね。」

 

【アネストワン】
住所   :愛知県名古屋市名東区八前2-713
電話番号 :052-777-2441
営業時間 :9:00~18:00
定休日  : 日曜日・祝日

http://www.anestone.com/index.html

 

 

アネストワンのアンテナショップ
「巣まいと暮らしの店 トリノス」

 

巣まいと暮らしの店 トリノスダイニングからキッチンを眺めるようにディスプレイされた店内

 

巣まいと暮らしの店 トリノス
古材の床や、壁に貼られた木のパネル、収納棚など、リノベーションの参考になるポイントもたくさんです。


では、ここからは実際に、アネストワンのアンテナショップ「巣まいと暮らしの店 トリノス(以下:トリノス)」についてご紹介していきます。

 

トリノスは、オーダーメイドからヴィンテージまで、家具・雑貨を中心に素材感のある上質なものをセレクトしたお店です。ライフスタイルに合わせたインテリアコーディネートや、オリジナル家具・キッチンなども提案しています。

 

お店を案内してくれた、広報の宇野明希子さん。産休中の店長さんに代わって、店長代理を務めています。


いくつかのポイントに分けてご紹介していきます。

 

 

注目の新素材MOLTEXを使用した「オリジナルキッチン」

 

MOLTEXを使用した「オリジナルキッチン」

 

店内でひときわ目を引くのが、「オリジナルキッチン」。MOLTEX(モールテックス)という、独特のテクスチャーが面白いベルギー生まれの左官材を使用したキッチンです。見た目はモルタルに似ていますが、触り心地が滑らかで、丈夫でひび割れが入りにくいのが特徴なんだとか。今注目の新しい素材です。

 

実物を見られることで、グッとイメージが広がりますよ。その他にもトリノスでは、ステンレス・木・タイル・コンクリートなど、さまざまな素材のオリジナルを提案しています。

 

モールテックス
モールテックスは防水性が高いので、水がかかっても安心です。

 

トリノスのオリジナルの取手
取っ手もトリノスのオリジナル。一つひとつ表情が違う黒皮のアイアンは、使い込むほどに味わいが増します。

 

 

こだわりが随所につまった「オリジナルの家具や雑貨」

 

トリノスオリジナルのテレビボード
「トリノスオリジナルのテレビボード」- ¥192,000 (税別)

 

トリノスでは、家具や雑貨もオリジナルで制作しています。こちらは、ナラ材を使ったオリジナルのテレビボード。テーパーがかけられた丸棒の脚、職人の技が光る手掛け部分、レールのない引戸、可動棚など、シンプルなデザインの中にも、一級建築士事務所ならではのこだわりがつまっています。

 

トリノスのオリジナル時計
「トリノスのオリジナル時計」文字盤に真鍮パーツを配置して、焼印を入れたオリジナルです。

 

「工房やす」さんとのコラボレーションしたカッティングボード
「工房やす」さんとのコラボレーションしたカッティングボード。食品衛生上安全なプレポリマーで下処理してからクルミオイルで仕上げているので、カビやシミに強いのが特徴です。使い込むほど味が出て、手入れをすれば長く使っていただけます。

 

 

種類が豊富な、住まいに欠かせない「パーツや部材」

 

パーツや部材

 

トリノスは、家づくりやDIYに欠かせないパーツや部材がとても豊富。ツールバー・フック・コンセントカバー・取手など、シンプルでありながらも、デザイン性の高いアイテムがセレクトされています。アイアンだけでなく、真鍮のものも多いのが特徴です。

 

 


上3本のポールはトリノスオリジナルです。表面に黒皮(クロカワ)と呼ばれる黒色の膜を持ったアイアンを使用し、一般的な塗装のものに比べ、味が出やすいく、アンティークな雰囲気に仕上がります。太さ、長さにもこだわっています。

 

フックや取手
フックなど取っ手など、小さな部材を少しこだわるだけで、お部屋はグッと素敵な空間になりますよ。

 

小物ケースとドアノブの台座
小物ケースとドアノブの台座。ひとつひとつ手作業でつくられています。

 

ドアノブドアノブの種類も豊富。ヴィンテージのフックや、ヴィンテージ風の取手も揃えています。

 

 

お部屋のポイントになるペンダントライト

 

ペンダントライト

 

お施主さまも、お打ち合わせ時には一度は必ず訪れることも多いそう。新築、リノベーションの住まいに合わせて提案できるよう、照明もさまざまなものが取り揃えてあります。特に天井からチェーンやコードで吊り下げる「ペンダントライト」の種類が豊富でした。

 

ガラス・真鍮・ホーロー・裸電球など様々な種類のライト素材もガラス・真鍮・ホーロー・裸電球などさまざま

 

京都の作家「千 sen」の真鍮の照明。
スタッフさんが惚れ込んで入荷にこぎつけたという、京都の作家「千 sen」の真鍮の照明。

 

 

地域の方に気軽に訪れてもらえる場所

 

巣まいと暮らしの店 トリノス

 

トリノスは、「巣まい」=「住まい」から、「暮らし」=「インテリア」まで、トータルで提案してくれるお店です。お散歩ついでにふらっと雑貨を見にいくのも良し。キッチンの参考に行くのもの良し。リノベーションの相談をしに行くのも良し。

 

「地域の方に気軽に訪れてもらえる場所にしたい」という青山さんの言葉のとおり、誰でも気軽にふらっと訪れたくなる、居心地の良さを感じるお店でした。まずはぜひ、アネストワンの空気感を感じてみてくださいね。

 

【巣まいと暮らしの店 トリノス】
住所   :〒465-0091 名古屋市名東区よもぎ台3-117 第2キャピタルハイツ1F
電話番号 :052-778-7244
営業時間 :10:00~18:00
定休日  :日曜、祝日
駐車場  :有
web :http://torenosu.com/
Instagram:https://www.instagram.com/to_reno_su/