MENU SEARCH

おにぎりのイメージを覆す!丸の内ヒルズのおしゃれなおにぎりやさん「Tsubaki おにぎりスタンド」

グルメ

名古屋市・丸の内
2019.11.26

おにぎりのイメージを覆す!丸の内ヒルズのおしゃれなおにぎりやさん「Tsubaki おにぎりスタンド」

SHARES

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

オープン以来、丸の内に通勤するOLさんたちの間でじわじわと口コミで広がり、話題を集めているおにぎりやさんがあるのを知っていますか?

その名も「Tsubaki おにぎりスタンド」。おにぎりのテイクアウトとは思えないほど洗練されたパッケージと、こだわりの素材を使用したおにぎりは、オープン以来大評判!

今回は今話題の人気店へ行ってきました。

長者町繊維問屋街からもほど近い場所。

長者町繊維問屋街からもほど近い場所。

長者町繊維問屋街からもほど近い場所。

「Tsubaki おにぎりスタンド」があるのは、地下鉄桜通線「丸の内」駅を上がってすぐそば。メナードフェイシャルサロンが入居する「丸の内ヒルズ」の1Fにあります。

ケーキ屋さんのようなショーウィンドウ

白い外観が目印です。

白い外観が目印です。

一見、ここがおにぎりやさんなの?と見間違うほど、外観からもすてきな匂いがプンプンします。

おにぎり

中へ入ると白を基調にした清潔感溢れる店内が広がります。無駄なものを削ぎ落とした洗練された空間です。

まるでケーキ屋さんのショーウィンドウケースかのように、おにぎりが規律よく陳列されています。常時10種類ほどのおにぎりが並んでいます。

この日は10種類並んでいました

・マルドン(塩おにぎり)180円
・南高梅        180円
・おかかクリームチーズ 220円
・鮭          220円
・ツナマヨ       180円
・明太クリームチーズ  220円
・とり五目       220円
・ごま昆布       180円
・おかか        180円
・明太子        200円

素材への徹底したこだわり

おにぎり

おにぎり

丸の内近辺のOLさんたちに、おいしいおにぎりを提供したい!との想いから2019年9月にオープン。従来のおにぎりやさんのイメージを覆す洗練されたパッケージデザインにすることで、毎日の気分がちょっとでもときめくようにとの工夫がされています。

もちろん素材にも徹底したこだわりがあります。お米は岡山県産コシヒカリの一等米を使用、海苔は有明海で獲れた風味豊かな高級海苔を使用するなど、素材にも妥協は許しません。具材は全国から選び抜かれたものを、お米から溢れるくらいにたっぷりと詰められています。

英国王室御用達「マルドンシーソルト」を使用した「塩おにぎり」

「マルドン」180円)

「マルドン」180円)

もちろん具材にもとことんこだわっているんです。例えば、こちらのおにぎり。シンプルな塩おにぎりですが、使っているお塩がすごいんです!

英国王室御用達「マルドンシーソルト」を使用したぜいたくな塩おにぎり。”塩の芸術品”とも呼ばれており、まろやかな風味とサクサクした味わいが特徴です。

「マルドン」180円)

口の中にほうばると、マイルドな塩っけと白米がマッチしてあっといまに平らげてしまいました。お塩だけで、これだけ味わいが変わるとは新しい発見です。

NEXT
シンプルで上質な一点物のヘアスタイリングを叶えるプライベートサロン「figue hair」
シンプルで上質な一点物のヘアスタイリングを叶えるプライベートサロン「figue hair」

ビューティー・健康

名古屋市・千種区
PREVIOUS
普段使いの道具に、ちょっとした遊び心と使う楽しみを。清須市のセラミックデザイナー「ttyokzk ceramic design」
普段使いの道具に、ちょっとした遊び心と使う楽しみを。清須市のセラミックデザイナー「ttyokzk ceramic design」

インテリア

愛知県・清須市

【Tsubaki おにぎりスタンド】
営業時間: 7:30〜15:00 (売り切れ次第15時より前に終了)
     土曜日7:30〜13:00
定休日 :日曜 祝日
https://www.instagram.com/tsubaki_on2019/

Life Designs (ライフデザインズ)は、”東海エリア(愛知・岐阜・三重)の暮らしをもっと楽しく”をテーマに、情報発信するライフスタイルメディアです。

おでかけやランチの参考など、読者のみなさんの日常に寄り添えるメディアでありたいと思っています。運営しているのは、食・おでかけ・趣味に日々全力な編集部員たち。自分たちが東海エリアで生活する中で、出会ったモノや場所、琴線に触れたことをメディアを通してお届けしていきます。

カテゴリー

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
産後の骨盤矯正

特集一覧へ

エネファント